スポンサーリンク

毎日面倒な髭剃りを快適にする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

シェービングは多くの男性にとって毎日のことです。そもそも面倒ではありますし、カミソリ負けが起こると痛くて嫌ですよね。怪我すると周囲に分かってしまいます。

嬉しいことに年齢を重ねるにつれ、何故かこの頃シェービングのストレスはなくなりました。

それで今までの髭剃りの煩わしさと今は割りに快適になった髭剃りのポイントについてお伝えします。簡単に言えば、私の場合、髭剃りが面倒だった要因は以下の2つでした。

  • 液体のシェービングローションは服にたれてしまう
  • シェーバーの刃が古い

それぞれについて補足します。

液体のシェービングローションは服にたれやすい

若い頃はひげがうまくそれなかったので、液体のシェービングローションをつけていました。

メリットとして剃り跡の匂いがないのと確かに剃りやすいと思いました。

デメリットとして結構早く中身がなくなることと、手に取ってつける時にどうしても液体がこぼれて服についてしまうことがあることです。なので買わなくなりました。

刃が古くなっているシェーバーをいつまでも使っているのが剃りにくい原因

シェーバーでなんかこの頃剃りにくくなったなあ、と感じたら

多分、刃が悪くなってきているからです。

壊れていないからからといって使い続けていると剃りにくいというストレスが解決しませんし、怪我をするリスクがあります。

最近の機種は高価なシェーバーでない限り、替刃もなかなか売っていないので躊躇わずに機種を変えることをオススメします。

替刃を内外買っても機種代くらいかかるので、機種を変えた方がお得だと思います。

通常3000円程のシェーバーで快適に剃れる

私は1万円もするようなシェーバーを買ったことがありません。安いものでも十分快適に剃れます。

少しばかり我流で手入れしているのですが、3日に1回くらい写真のようにマジックリンで刃を洗います。

こうすると刃が綺麗になって匂いも残りません。二年くらい使っていますが、今でも快適に剃れます。剃りにくいと感じたら躊躇わずに機種替えするつもりです。

手製の剃刀との併用してシェーバーの不足を補う

今、私がシェービングのために使用しているものは、下の電気シェーバーとカミソリの二つです。

最初から右のカミソリで全部の髭を剃るのは、剃刀負けするリスクが高いし面倒です。だからと言ってシェーバーだけでは100%綺麗に剃るのは難しいです。

というか上手に剃ればできそうですが、道具にはそれぞれ一長一短があるので電気シェーバーと手動カミソリの長所を生かせば快適に剃れると思いました。

それで結論として、

まずシェーバーでおおよそ剃ってから剃り残したところだけを、ちょこっと手動のカミソリで剃るのが一番ベターな剃り方だと思っています。
こうすることで1万円もするようなシェーバーを買う必要がないので節約になりますし、手動のカミソリも何本かセットになっていますので、両方合わせてもそれほど費用はかかりません。

終わりに

毎日の髭剃りがストレスになる原因は

  • シェービングローションが意外と面倒
  • シェーバーの刃が古くて剃りにくくなっている

ことに気づきました。

このストレスの要因に対処して快適にシェービングするためには、シェービングローションを使わずに快適な髭剃りをする方法を考えて、電気シェーバーと手動カミソリを上手に使うことだと感じました。

その際、3000円程の物で充分快適に剃れます。手動のカミソリもスーパーで売っている安い物で充分です。これが一番コスパの良いベターなシェービングだと思います。

毎日のシェービングにストレスを感じている方に少しでもお役に立てば嬉しいです。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました