大阪 ひったくり急減! ワースト1返上の要因と取り組み

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

大阪府内のある住宅地での話です。かつて私の知人の女性はひったくりにあって、現金の入った鞄をバイクでそのまま後ろから見事に持っていかれました。

警察に届けましたが、結局犯人は捕まらず、カバンも出てきませんでした。なので、それ以降女性の知人全てはひったくりにあわないように注意しています。

言うまでもなく田舎でもない限りどこでも気をつけていますよね。そんな折、何気なく新聞にこんな記事がありました。

『ひったくりワースト1』というイメージの大阪で激減しました。

その記事から背景と要因をシェアします。あなたの地域でひったくりを撲滅させるために役立つ情報となるでしょう。

大阪でひったくり急減

大阪名物ひったくりたこ焼きとともに長年、大阪の代名詞とも言われた犯罪が急減しています。昨年の大阪府内のひったくりの認知件数は9年ぶりに全国ワーストを脱し、2000年のピーク時より10,000件以上減りました。

金銭目的の犯罪がひったくりから特殊詐欺へとシフトしたとの指摘もあって課題も残ります。

警察庁によると、2019年1〜12月のひったくりの認知件数は東京259件、大阪254件で、5件差で東京都が大阪府を上回りました。昨年11月までは大阪府が東京都を5件上回っていましたが、12月で逆転しました。

千葉県がワーストとなった2010年を除いて大阪府は統計が残る1976年以降、ワーストであり続けました。

大阪府のひったくり認知件数のピークは2000年の1万973件で全国のピークは2002年の52,919件です。認知件数は全国的にも大きく減少し、昨年は全国で1553件とピーク時の2.9%まで減りました。

鳥取、島根や富山、秋田といったひったくり0の県もあります。

大阪府警は重点的に取り締まる犯罪項目からひったくりを除外

府警は2002年から重点的に取り締まる犯罪項目としてひったくり路上強盗を指定してきましたが、今年に入って除外しました。府警幹部は

自治体や住民ボランティアの協力を得た「オール大阪」で取り組んできた成果です。今後も操作力を向上させていきたい

と語っています。ただ課題は残ります。

ひったくりは減るが特殊詐欺は増えるという課題

立正大の教授は

ひったくりは昭和の犯罪です。金銭目的の犯罪は特殊詐欺へ移った

と指摘し、リスクの捉え方に着目してこう言います。

ひったくりは手軽だが、盗めても小額で捕まりやすいです。相手を怪我させればより罪を重くなります。一方で特殊詐欺は捕まりにくいのに、高額が得やすい犯罪です。

実際ひったくりの減少に反比例する形で、特殊詐欺は深刻化しています。大阪府の認知件数は2011年の329件から増加傾向にあり、昨年は1807件です。教授は

組織的で分業化した詐欺集団は、受け子ら実働部隊に手口や組織に関する情報を詳しく教えません。彼らを検挙しても集団の全容解明は難しいです

と話し「トカゲの尻尾切り」にとどまる傾向を指摘しています。昨年の検挙率は40パーセントでした。

ひったくりが激減した背景

大阪市浪速区のJR難波駅近くの事務所や住宅が並ぶ一角には、薄暗い道を信号の光がわずかに照らします。建物の壁には「防犯カメラ作動中」の張り紙があります。見上げるとレンズが向いていました。

1年前の金曜日の未明、自転車の50代の女性の後ろから銀色のスポーツカーが近づき、自転車の前カゴから現金50,000円入りのカバンを盗んで逃げました。府警捜査3課のひったくり専従班が蓄積したデータから容疑者を絞り込みます。約2ヶ月後、防犯カメラ映像から車を特定し、建設作業員の男を窃盗容疑で逮捕しました。

2018年11月〜昨年3月の間、同様の事件を10数件繰り返していたと言われています。

防犯カメラの設置台数が飛躍的に増えたことが功を奏した

ひったくりが大幅に減った背景にはここ数年で防犯カメラの設置台数が飛躍的に増えたことがあります。

大阪府の集計によると各自治体や自治会等への補助で設置された防犯カメラは2012年度の1万3000台から2018年度は32,000台まで増えました。

このほかコンビニや飲食店、企業や住宅など民間の防犯カメラも捜査に使われ、最近は普及が進む車載のドライブレコーダーの記録も活用されています。

街頭に張り巡らされた防犯カメラの映像から逮捕されるリスクも高まり、犯行を思いとどまらせる効果も期待されます。府警幹部は

防犯カメラは事件の解決にも未然防止にも役立つ

と話しています。

各地での取り組み

先月大阪市福島区の阪神野田駅前であった府警の防犯イベントには、人だかりができていました。目当ては自転車の前カゴにつけるひったくり防止カバーです。府警が2006年から配ったカバーは少なくとも30万枚に上ります。

2010年にひったくりの認知件数が全国ワーストだった千葉県では翌11年から

「ひったくり!防止 ちばカエル作戦」

を展開します。カエルのマスコットを使い、予防策を訴えます。地元のテレビやラジオのCMでも呼びかけました。

兵庫県尼崎市は2012年の認知件数が258件で県内ワーストでした。翌13年から次の事件発生を予測する「プロファイリング」を取り入れ、過去の発生場所、時間帯や手口を分析し、住宅街などに防犯カメラをつけて激減に結びつけました。

特殊詐欺2019年は過去最多で被害総額は3割減

府警は2019年に府内で確認された特殊詐欺の被害件数は1807件で、過去最悪だった2018年を上回ったと発表しました。

ただ被害総額は約25億1千万円と2018年の約37億円5千万円から3割以上減っており、「被害の小口化」がうかがえます。

捜査2課によると2019年は2018年に引き継ぎ被害者のキャッシュカードを狙う手口が目立ちました。金融機関の職員等を装って信用させて直接カードをだまし取る「手交型」や被害者の隙を見て偽物カードと交換する「すり替え型」です。

こうしたカード被害は1012件と全体の5割を超え、被害総額は約10億1千万円です。金融機関の水際対策や「だまされたふり作戦」の強化によって、詐欺グループが「現金手交型」を避けるようになったとみられています。

特殊詐欺の手口の移行

府警は被害者宅でカードや現金を受け取る「受け子」や現金を引き出す「出し子」の摘発を強化して対抗しています。

そうした影響もあってか、下半期は、被害者本人にATMを操作させて現金をだまし取る被害が急増しました。下半期だけで220件の被害があり、被害総額は約2億2千万円です。これは80件で約7千万円だった2018年1年間の被害を上回りました。

一方、特殊詐欺全体の被害総額は約25億1千万円で、過去最悪だった2016年の半分以下にとどまりました。

府警は被害が高額になりやすい現金手交型から、キャッシュカード手交型などの手口に移行したことが理由とみています。

終わりに

ひったくりは犯罪の種類としては過去のものとなり、もっと効率的で巧妙な特殊詐欺という形で犯罪が増えているのが気になります。

取り組みでひったくりで減らすことができたように巧妙な犯罪も取り組みと心がけで減らすことはできるのではないかと思います。

勿論、完全に犯罪を撲滅することを期待するのは現実的ではないかもしれませんが、ひったくりが頻発している地域でお住まいの方なら、この種の情報は関心の高いものでしょう。

お互いひったくりや詐欺に合わないようにしましょう。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました