スポンサーリンク

【ハウスクリーニング】作業時短と手こずる汚れのノウハウのまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

わたしはハウスクリーニング歴30年になりました。

いまだに作業時短に役立つコツや、かなり手こずっていた汚れが楽に取れるようになったなどの新しい発見があります。

書いていくうちに記事数が増えてきたので、まとめ集を作成しようと思ったのがこの記事のきっかけです。

清掃ノウハウの本質は20年前と変わらず

家のデザインや備品の材質は年々変わります。

なので昔の清掃のやり方では、いつまでも通用しないでしょう。

時代と共に材質が複雑化していて、素材が傷がつきやすくなっています。

濃紺の色調の部屋はほこりが目立ちます。

それに伴って、洗剤や道具も進化しています。

新しい道具や洗剤についての知識に精通し使いこなせるようになることも、作業時短や効率アップには欠かせないでしょう。

とはいえ、清掃という作業そのものは、今も昔も基本的なノウハウは変わりません。

それで、まず作業時短のための基本的なコツについてお伝えします。

作業をはやく終わらせるための基本的なコツと考え方

はやく終わらせる、と言っても、雑な作業ではお金を出している相手は納得してくれません。

さすがプロですね。

と言われるような仕上がりをお客さんに提供しなければなりません。

ビジネスなので当然です。

そのためには、できる限り二度手間や時間のロスをなくし、最小限の労力できれいできる方法を考えていく必要があります。

そのヒントになるのは下記の2点です。

  • 効率的な手順
  • 汚れがひどくない箇所には時間をかけない

効率的な作業手順

以下の3つが効率的な作業の手順のポイントです。

  • 作業順序は上から下
  • 固形の汚れ(髪の毛、ほこり、付着しているもの)は濡らす前に全て除去する
  • 洗剤をつけ置きできるものは全て最初につけ置きする

一つずつ補足します。

作業順序は上から下

上の方のほこりや、脚立に載って作業するところは最初に仕上げてしまいましょう。

後で上の方のほこりや汚れに気づくと、また下の方まで汚してしまいますし、何度も脚立にのり降りしないといけなくなって時間のロスです。

脚立に載らないと届かないところは1回の動作で完結すると体力温存につながります。

作業の手順についての詳細は下記の記事を参照してください。

【ハウスクリーニング】はやくきれいに仕上げる効率的な作業の手順とコツ

固形の汚れは濡れる前に全て除去

ほこりや髪の毛、それに類する掃除機で吸える汚れは全て最初に除去するのが、結局は後々楽になります。

きれいだと思って掃除機をかけずにいきなり作業すると、雑巾に髪の毛がいっぱい絡んでしまって、後々面倒になります。

髪の毛のついた雑巾でものを拭くとそこに髪の毛をつけてしまいます。

いつでもきれいな雑巾で拭きあげるのが効率の基本です。

詳細は以下の記事をご覧ください。

雑巾にからみつく毛に手こずらないためのノウハウ【ハウスクリーニング】

水を使う前にドライの状態で除去できる汚れは全て除去しましたか?

それから次の作業をすると後々スムーズに進みます。

洗剤でつけ置きできるものは最初につけ置きしておく

キッチンの油のギトギトやこげ、お風呂場のカビ、ベランダの床などの汚れは最初に洗剤をつけておくなら後で洗う時に楽になります。

ただし注意点は時間を置きすぎないようにタイミングが重要です。

つけ置きすぎると洗剤で材質が変質することがあります。

どんな材質はお湯や洗剤につけ込むのがNGなのかをよく知っている必要がありまね。こればかりは何度か失敗しないとわからないこともありますが、、

お湯を使うと効果的です。

電熱ヒーターをバケツに突っ込んで使うなら、そのバケツは熱湯でも大丈夫か確かめて、電気のつけっぱなしに十分注意が必要です。

電源をつけていたことを忘れると火事になります。
ベランダの床もキッチン用洗剤と汚れの種類によっては酸性洗剤を10分ほどつけてから洗浄するとはやくきれいになります。
その後、備品などの汚れがひどくないところはできるだけ時間をかけないように作業しましょう。
メラミンスポンジを最大限活用するならそうできます。
では手こずる汚れをどのように手こずらないように作業できるかを簡単にお伝えします。

手こずる汚れに手こずらないために

ハウスクリーニングはどこで手こずるでしょうか?

真っ先に上がるのがキッチンの焦げや油のベトベトでしょう。

ガスコンロの五徳の焦付き

ガスコンロの五徳など、熱湯につけおいても大丈夫な材質のものは、まずできるだけ熱湯で汚れを浮かすのが正解です。

20分ほど、油用の洗剤か、ワックス剥離剤(裏技)の適量を熱湯に混ぜて、洗いたい物をつけておけば、洗う時にかなり楽になります。

風呂場の鏡のウロコ

風呂場の鏡のウロコも強敵です。

今のところ以下の方法ができるだけ時短する方法だと思います。

風呂の鏡のウロコは酸性洗剤と流水でカッター刃作業がオススメ

もちろん機械を使って専門的に作業する場合は話は別です。

たいていはそんなに費用をいただけないですよね。

シールを剥がすとき

シールを剥がすのも意外と面倒です。

いくつか試してみた結果、シール剥がし剤としては下記のものがおすすめです。

【シトラスクリーナー】素材が傷つけずシールを剥がすおすすめスプレー

カビ

カビは上手にカビキラーなどの漂白剤を噴霧してください。

状況によっては塗る方がいい場合もあります。

風呂場や窓枠の頑固なカビはカビキラーの使い方が決め手

ウオシュレット

トイレのウオシュレットもなかなか洗いにくいです。

カリカリとついた汚れがどうしても取れなければ、彫刻刀などでこすれます。

ウォシュレットの開口部はカビキラーと彫刻刀できれいにできる

あとは全ての場合に通用するかわかりませんが、裏技的な洗浄方法についてもお伝えします。

あくまで我流なので、ツッコミ所は色々あることは覚悟で書いていきたいと思います。

オリジナル裏技的洗浄

カバーの外しにくい壁掛けエアコン

エアコンそのものが劣化していて分解洗浄すると壊れるのではないかという時に、カバーを外さなくても内部までそこそこきれいにする方法があります。

養生の貼り方が決め手です。

エアコンのカバーを外せない時にファンを洗浄する方法

フローリングのワックス剥離

フローリングの木材に剥離剤を使うと表面や木材そのものが変形したり、ボンドが剥がれて浮いてくるリスクがあります。

そのリスクを軽減したフローリング剥離の方法です。

【フローリングのワックス剥離】この方法で床材は浮いてこなくなった

今回は以上です。

終わりに

この記事ハウスクリーニングのノウハウに関して、自分の仕事経験から気づいたことをお伝えしました。

清掃の正規のマニュアルに基づく方法ではなく、経験からの我流です。

我流であっても、色々考えていく方が、今まで常識として思い込んでいたことが実は必要なかったり、意外なところでもっといい方法を発見できることがよくあります。

作業の基本に慣れたら、自分で色々考えてトライしてみる方が上達は早いと思います。

きっと時短に繋がる色々な発見や、今まで苦労していたことが苦労ではなくなることもあるでしょう。

この記事の情報が少しでも参考になれば幸いです。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました