スポンサーリンク

警察の訪問通知が投函されていた! 焦らないためのまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

警察署からパトロールカードが投函→正直驚き

誰かから何かで訴えられたのかな

と思ってしまったからです。

パトロールカードの内容をよく見ると、災害時の緊急連絡をとりたい、詐欺や悪質商法に遭わないようにしてほしいとする、地域住民に対する気遣いです。

訪問お疲れ様でした。

詐欺が横行しているこの時代、

これって本物でしょうか?

と思ってしまいます。

いずれにしても突然の警察の訪問通知を受け取っても焦らないために、事前に知っておいた方がいいことをまとめてみました。

警察官を名乗る詐欺と疑う?

Wikipediaでは「巡回連絡」で解説されていますが、本物かどうか疑う必要はありません。

しかし巡回連絡を悪用した犯罪も少なからず発生していますから警戒は必要です。

せっかくですから、警察官がどのような活動をしているのか、パトロールカードと同封されていたお知らせの内容をまとめてお伝えしたいと思います。

ざっくりこんな内容です。

  • 緊急の場合に連絡が取れるように巡回連絡を行う
  • 息子を名乗った詐欺の電話に注意
  • よくある4つの詐欺にだまされないためのポイント
  • 悪質商法の契約トラブルにご用心!

では一つ一つお伝えします。

緊急時の連絡

地域住民の事故や事件の防止を促進し、要望の聴取しながらコミュニケーション を充実させ、緊急時には安否の連絡をとりたいとのことです。

こう書かれていました。

巡回連絡を行っています。
私たち警察官は、受け持ち区域内の家庭や事業所などを訪問する活動を行っています。
その際、地域住民の皆さんからの相談受理、警察活動に対する意見・要望の聴取、事件や事故の防止について必要な連絡を行っています。
また、緊急の場合に連絡が取れるように、連絡先をお聞きする場合もありますので、ご協力をお願いします。

本物の警察官なら、連絡先くらいの情報提供はできます。

息子を名乗った詐欺の電話に注意

息子を名乗った人からこんなセリフが詐欺の手口です。

  • 風邪をひいて声がおかしい
  • 携帯電話の番号が変わった
  • 会社のお金を横領した
  • 不倫相手を妊娠させた

相手の言う事に応じる前に、

息子に確認します

と言って切りましょう。息子さんの番号を控えておき、電話して確認しましょう。

それで解決します。

息子さんの以前の番号に電話するだけじゃない+3か条があります。

  • 在宅中も留守番電話にしましょう。
  • 在宅中も留守番電話にして、電話に出るのは相手の声を聞いてからにして、知らない人からの電話には出ないようにしましょう。
  • 一度、電話を切りましょう。

って言うか、固定電話はやめたらどうでしょう?携帯電話の使用を訓練するとか。

息子さんを名乗る電話でも、お金を要求する話をしてきたら、一度、電話を切って、すぐに家族や友人、警察に相談しましょう。

家族の合言葉で撃退しましょう。家族の合言葉や、家族しか分からない質問を決めておきましょう。

あなた、息子じゃないね?うちは合言葉決めているのよ

だいたいどういう人が引っかかってしまうのか、見えてきましたね。

よくある4つ詐欺にだまされないためのポイント

同封されていたお知らせは以下のような物でした。内容を紹介します。

架空請求詐欺

未払い料金を今日中に払わないと裁判になります。このような文面の手紙やメールでおどし、有料サイトなどの料金をだまし取るという手法です。

「現金を送れ」「コンビニで電子マネーを買って送れ」は明らかに詐欺です。

心あたりのない手紙やメールは無視しましょう。

キャッシュカード詐欺盗

キャッシュカードが不正に利用されているので使えないようにします。

銀行や金融庁の職員、警察官を装って訪問し、このように言ってカードをかすめとるという手口です。

銀行員や警察官、市役所の職員がキャッシュカードを預かったり、暗証番号を聞く事は絶対にありません。

考えてみると、超不自然な訪問ですね。

銀行に直接確認すると不安は消えます。

還付金詐欺

過払金をお返ししますので今すぐ手続きしてください

電話でこのように誘い文句を述べて、いつのまにかATMを操作させて犯人の口座に現金を振り込ませる手法です。

冷静になれば、おかしいなと感じるものだと思いますが、、

医療費や税金・保険金などの還付金手続きはATMではできないことを思い出し、お金を払いように言われたら、家族や友人に相談することが賢明です。

世界的に有名な以下の格言があります。
相談によって計画は成功する

独断で失敗した時に、事前に一言相談しておけば良かった、と感じるものですが後の祭りです。

オレオレ詐欺

お母さん、会社のお金を使い込んだ!返さないと逮捕される

最も有名な定番詐欺で、息子や娘になりすまして、親心につけ込んで現金をだましとる手法です。

お金の話が出たら、こっちから電話かけるから、と言って電話を切ってください。

自分から本人に確認すれば、

だまされなくてよかったなあ

となるでしょう。

悪質商法の契約トラブルにご用心!

ここでもよくある4つのケースをお伝えします。

トイレ修理で予想以上に高い料金を請求された

トイレがつまり、急いでいたので費用の確認もせず、業者に修理してもらったが、追加作業が発生して最終的に高額な費用を請求された

賃貸に住んでいるなら、家主に相談するのが筋ですが、自分で業者を選んで直してくださいと言われたら、以下のアドバイスに従うことです。

  • 慌てて業者を決めない
  • 料金やサービスに納得できない場合、その場で契約しない
  • 必要のない追加工事に至った場合、返金につながる場合がある

市の相談窓口に事情を連絡することができます。

わたし自身、お風呂の配管にスポンジを詰まらせてしまって、大家さんに相談せず、自分で業者に依頼して進めてしまいました。
工賃は妥当なものでしたが、大家さんに

まずうちに相談してください、

と言われちゃいました。まあそれが常識ですよね、、

耐震診断を無料でしますと訪問してきた

 

このままでは、地震で建物が倒れてしまいます、と言われた。不安になって工事するか迷ってる

こんな時は以下のアドバイスに従いましょう。

  • 色々な理由をつけて契約を急がせる事業者には注意する
  • 複数の事業者から見積もりをとる
  • 工事の必要がないと思えば、きっぱりと断る

年数が経っている持ち家の方は、不安になるかもしれませんね。本当に耐震強化が必要かどうか、、

このことも家族や詳しい人に相談する事は失敗しないためにも必要なことでしょう。

知らないうちに継続的な購入になっていた

インターネットで「お試し価格」「初回特別価格」などと書いてあったので 1回だけ注文したつもりが、毎月商品が送ってくる

インターネットで買い物しているとよくあることですね。毎月の必要がなければ、出来るだけ早く解約することです。

多くの場合、自分の見落としもあるので返金は難しいかもしれません。今後は注文する前に以下の点を注意しましょう。

  • 定期購入が契約条件になっていないか、契約条件に注意する
  • 契約内容の最終確認画面をスクリーンショットで写真に残す
  • 返品の条件を確認
  • メルマガなど必要なければ、チェックを外す

わたしは上記3つを見落とした事はありませんが、メルマガ配信のところに元々チェックが入っているため、それを外さないと広告メールがたくさんきて、鬱陶しいことになることがありました。

身に覚えのない商品を送りつけてこられた

頼んでもない消毒液が2本宅急便で一方的に送られてきたけどどうすればいいか、このようなことがあるかもしれません。以下のように書いていました。

  • 代引きの場合は受け取らず、配達業者に持ち帰ってもらう
  • 料金の請求がない時は、贈り物かもしれない。いったん受け取って、家族か知人など送り主を確認する
  • 送り主が不明な場合は、14日間保管すれば処分できる

料金の請求がない時で送り主が不明な時は2週間経てば処分できるのですね。
これは初耳です。勉強になりました。

終わりに

以上、警察官の家庭訪問は実際にあるみたいで、連絡先が知りたいというのであれば、お伝えして差し支えないでしょう。

それ以上の情報を求めてくるなら注意が必要ですが、、

わたしはそのような場合、LaLaコールで050番号をお伝えするようにし、プライベート番号とは分ける方が賢明だと思っています。

何か生じれば番号を変えても面倒になりにくいからです。

警察官の方、以下のお仕事お疲れ様です。

  • 緊急の場合に連絡が取れるように巡回連絡を行う
  • 息子を名乗った詐欺の電話に注意
  • よくある4つの詐欺にだまされないためのポイント
  • 悪質商法の契約トラブルにご用心!

どのケースでも言えることですが、慌てて独断で事を進めるのは賢明なことではなく、

相談によって計画は成功する

という格言をいつも銘記しておきたいと思います。

そうすれば、

しまった!

と後悔することを未然に防げるでしょう。

今回は自分が留守中に投函されていた警察官からのお知らせのことについてお伝えしました。

何かのお役に立てば幸いです。では。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました