国内のワクチン接種はウイルス感染より感染防止の抗体を効率よく作れる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

ワクチンって本当に感染予防に効果があるの?

漠然とこのような疑問を抱く方も結構おられるでしょう。
わたしもその一人です。

ファイザーやモデルナ製のワクチンの臨床試験では、実際に感染した人と同等か、上回る中和抗体ができた

新型コロナの感染者と、感染せずにファイザーのワクチンを2回接種した人の抗体を比べたところ、ワクチン接種者の方が中和抗体が多くできた

このような専門家のコメントが朝日新聞7月4日の「ワクチン 効率よく免疫獲得」というタイトルの記事に出ていました。

 

一般的にワクチン効果は認められているという認識でいいでしょう。

でもなぜそう言えるのか、理解したいと思います。

そこで新聞記事の内容をできるだけシンプルにまとめてみました。

ワクチンをうつとなぜ効率よく免疫獲得できるのか

現在日本で使用されているファイザー社製およびモデルナ社製のmRNAワクチンは、スパイクタンパク質のみを人の細胞内で人工的に作る遺伝子を利用したワクチンです。

スパイクタンパク質とは、よく目にするコロナウイルスの画像には表面にたくさんのトゲトゲです。これが、人の細胞表面にある受容体と結合して感染を起こします。

ワクチンによって人の細胞内で作られた人工スパイクタンパク質に人体免疫系が強く反応することで、新型コロナウイルスの感染に対する抵抗力(抗体)が獲得できるという仕組みです。

もう少し補足します。

体を守る免疫のイメージ

免疫細胞が抗体をつくるイメージは以下のようになります。

 

①樹状細胞が以下の情報を収集します。

  • ウイルス感染によって分解されたウイルスの情報
  • ワクチン接種によって分解されたスパイクの情報

②収集した情報をB細胞、T細胞に知らせます。

B細胞とは

リンパ球の約20-40%を占め、体内に侵入した病原体を排除するために必要な「抗体」を作り出します。

T細胞とは

リンパ球の一種で、血中リンパ球の60~80%を占めます。骨髄由来の未熟なリンパ球が胸腺で分化・成熟し血流や末梢組織に移行するため、胸:ThymusのTをとってT細胞と名づけられました。

③B細胞がスパイクを認識する抗体とウイルスを認識する抗体を作ります。

このようなイメージです。

なぜワクチン接種によって効率よく免疫獲得できるのでしょうか?

なぜワクチン接種によって効率よく免疫獲得できるのか

シンプルに言えば、ウイルス感染によって樹上細胞が収集するウイルスの情報には様々な種類があり、感染防御には役立たない情報もあります。

mRNAワクチンは、ウイルスに感染する時と違ってスパイクタンパク質の情報だけを免疫細胞に伝えます。

それで冒頭でお伝えした以下の結果が出てきたのです。

ファイザーやモデルナ製のワクチンの臨床試験では、実際に感染した人と同等か、上回る中和抗体ができた

新型コロナの感染者と、感染せずにファイザーのワクチンを2回接種した人の抗体を比べたところ、ワクチン接種者の方が中和抗体が多くできた

米フレッドハッチンソン癌研究センターの研究結果

米フレッドハッチンソン癌研究センターは、感染者と、モデルナのワクチンを2回接種した人の血液を詳しく比べました。

比べた結果以下のことが分かりました。

  • ワクチン接種でできた抗体は、スパイクタンパク質の中でも、特に細胞に侵入する時に使われる「RBD」と呼ばれる部分にくっつくものが多かった
  • 感染でできた抗体はRBD以外にくっつくものが多かった
結論:RBDにくっつく抗体がたくさんあれば、変異ウイルスに対しても感染を抑えられる可能性が高まります。

でも100%安心というわけではありません。
現時点での米国の以下の感染者数がそのことを示しています。

ワクチン接種後のブレークスルー感染

米国で4月末までにワクチン接種を終えた1億100万人のうち、1万262人の感染が報告されました。

接種後の感染をブレークスルー感染と呼んでいます。

なのでワクチンを受けたからといって油断せず、流行が続くうちはマスクや手洗いなどの予防対策を続ける必要があります。

まあ、当然ですね、、

終わりに

ワクチン接種による副反応は不安ですが、免疫獲得の効果が出ていますので、近々接種したいと思っています。

コロナワクチン接種 副反応の不安はあっても受けることにした理由

ワクチン接種でできた抗体は、スパイクタンパク質の中でも、特に細胞に侵入する時に使われる「RBD」と呼ばれる部分にくっつくものが多く、RBDにくっつく抗体がたくさんあれば、変異ウイルスに対しても感染を抑えられる可能性が高まります。

変異ウイルスは強敵ですが、ワクチン接種によって感染防御に寄与するということです。

コロナ変異株 今分かっている4つの型と3つの懸念 2021年5月18日

できるだけワクチン接種の効果をシンプルにまとめてみました。少しでもお役に立てば幸いです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました