マイドーム大阪でワクチン集団接種の毎週火曜の12時のネット予約 残念ほぼ無理

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪府民はワクチン接種の無料クーポンが届けば毎週火曜の12時にネット予約できる

自分の在住の市では60歳未満の人はワクチン接種の予約はほぼ無理と思っていた方がいいです。(7月14日時点)詳細は下記の記事をご覧ください。

コロナワクチン接種の無料クーポンが届いても予約は多分無理 50代男性

そんな折、知人から以下のことを聞きました。

ワクチン接種のクーポンが届けば、マイドーム大阪の集団接種に毎週火曜日の12時から予約できるよ

それを聞いたのでトライしてみようと思いました。

ワクチン接種に関しては混んでいるところに無理に飛び込んでいく必要はないかな

と思っていましたが、

副反応はあるかもしれないけど、受けれるなら受けておいた方がいいよ

との勧めもあって受けれるなら受けようと、自分の考えが変わってきました。

コロナワクチン接種 副反応の不安はあっても受けることにした理由

でも残念ながら、このネット予約の方法も期待できませんので、その実情をお伝えします。

追伸:以下のようなアドバイスをいただきました。

マイドーム大阪は PCで “✕ (空き無し)” だらけの予約カレンダーを1秒単位で更新したら結構キャンセルが出てきます。
瞬殺で埋まるので、素早く進めれば1時間ほどで確保出来ると思います。

残念ながら、この方法では無理でした。

LINEで地元の予約スケジュールを眺めていたら、1件の空きがあり、そこをすかさず予約確定しました。空きがあってももたもたしていると、すぐに埋まってしまいます。

可能であれば地元の予約カレンダーを30分に1回くらい眺めることをお勧めします。下記の方法で実際に予約確保ができました

コロナワクチン予約のコツはキャンセル空きを瞬殺で狙うこと 実際に予約確保できました

結論:火曜日の11時半からアクセスしたけど、混雑で繋がりさえしない

さあ火曜日の11時半になり、サイトにアクセスしました。このような画面で待っていなければなりません。

12時から始まる予約受付のために混雑しているのでしょう。

お試しでずっとこの画面のまま待っていました。

さて12時になりました。

5分経ちました。変わらずです。

15分経ちました。画面が変わりました。

思わず、えっ、うそーと思ってしまいました。

わずか15分でアクセスすらできず、予約満了となって何もできませんでした。

1時間近くのタイムロスです。(笑)

どうしてもワクチンを受けたければ、また次週の火曜日の12時にトライするか、キャンセル待ちを絶えず伺うかのどちらかでしょう。

どちらにしても困難だと思いますが、大阪府民でワクチン接種のクーポンが届いて、ご自分の自治体でどうしても予約が取れず、この集団接種の予約に関心のある方のためにやり方をお伝えします。

サイトのアクセス方法

「大阪府」「LINE」で検索すると下記のサイトが出てきます。

大阪府コロナワクチン接種センター マイドーム大阪のサイトです。

そしてLINEで大阪府を友達に追加すると下記のような画面になりますので、

右下の「府民の皆様 大阪コロナワクチン接種センターの予約」という項目があるのでここをタップすれば進めます。

予約の方法

大阪コロナワクチン接種センターの予約をタップすると下記の画面が出ます。

赤く囲った予約をタップします。すると以下の情報を入力するように指示されます。

 

自分のワクチン接種券に記載されている以下の情報を入力すると、入力した情報の確認画面が出ます。

  • 市町村コードの6桁の数字
  • 接種券番号の10桁の数字
  • 生年月日

 

予約を進めるとマイドーム大阪の写真と予約カレンダーが出てきます。

予約カレンダーを除くと残念でした。どこも予約の空きはありません。

キャンセルが出れば△の印に変わりますが、常時いちいちサイトの覗き込むような暇はありません。別の予約手段を考えた方が早いでしょう。

なぜこれほど混み合うのでしょうか?

大阪府全域の中からマックスで毎週14000人のキャパ

下の写真が示しているようにマイドーム大阪では1日2000人、1週間で14000人の予約キャパがあります。

1日2000人といえば、結構なキャパに思えるかもしれませんが、大阪府下全域からアクセスがあるので、狭き門なのでしょう。

なのでワクチン接種の予約を取ることにヤキモキせずに様子を見守るのが賢明だと思いました。

追伸:7月26日から自衛隊が運営する大規模接種の大阪会場で1日5000人が始まる

7月25日にGoogleニュースで「国の大規模接種センター」大阪会場の1回目予約「本格再開へ」26日午後6時よりというニュースを目にしました。

5000人のキャパがあるものの、全国から予約ができます。実際は近畿圏内からだと思いますが、それでも殺到するため、予約は困難でしょう。

実際に地元の自治体で予約を取る方が早いというSNSの声も散見されます。

冒頭でも言いましたが、私も地元でキャンセル枠を狙う方が早いと思います。

 

終わりに

毎週火曜日の12時からマイドーム大阪でワクチン接種の予約の受付ができます。

ですが、当分困難だと思っておいた方がいいでしょう。

15分で予約満了になってしまう現状だからです。

あまりいい知らせではありませんが、ネット予約できるという情報を得ても、60歳未満の方は実際には狭き門という現状を把握しておいた方がいいと思いますのでお伝えしました。

このような中でも上手に予約ができている人はいるようですが、1年前のマスクの品薄の話と比較すると時間が経てばなんとかなる話だとも思います。

ついに医療用マスクを国内生産 応用できる教訓2選

スピードさえ求めなければですが、、

今回はここまでです。事態の進展に関してまたお伝えしたいと思います。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました