親族で安否確認のためLINEで最低1日1回コメントすることにした理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孤独死の発見が遅れるケースが増えている

朝日新聞7月19日の夕刊で「外出自粛 行き着いた孤独死」「気づかれず1ヶ月」の記事を見てふと思いました。

 

新型コロナ感染拡大で周囲の人々との交流が絶たれたことにより、孤独死の発見が増えています。

大阪府監察医事務所によると、昨年大阪市内で確認されたのは1314人です。

同事務所の臨床検査技師はこうコメントしました。

コロナ禍で近所付き合いや趣味の集まりなどができない現状では、家族や知り合い同士でいつも以上に連絡を取り合うなど、孤立を防ぐことが重要です。

自分では孤立しているつもりはないという感覚かもしれません。

一人住まいだったとしても決して単独で生活しているわけではないので、周りからの心配もある程度考慮して次のような対策を講じました。

1ヶ月前からLINEで親族グループをつくり1日1回コメントする

わたしは50代で1人住まいです。

1ヶ月前から親族グループをつくり毎日LINEでコメントしています。そうすると1日以上様子が分からなかったということはなくなります。

毎日だといちいち何もいうことがないように思えますが、

仕事に行ってきます

ただいま

とコメントしたり、適当なスタンプを押したり、どこかで撮った写真をシェアするなど方法はいくらでもありますので、ネタ切れは生じません。こんな感じです。

写真の中にはスタンプが出ていませんが、無料で使えるスタンプがたくさんあります。

1ヶ月立ちましたが、コメントするの忘れてた、という日が数日あっただけで、別に面倒なことでもないですね。

というかLINEに不慣れな70代の方などは、毎日だと結構面倒に感じるようです。

しかし最初はそう思っていても、不思議と慣れてくるものです。

わたしが属するサークルでは20人くらい1人住まいの方がいます。最近この方達とグループLINEを立ち上げました。

1人住まいの方20人くらいでLINEグループを立ち上げる

グループに1人1人のLINEアカウントを追加して、どのように運営するかを説明して始めました。

毎週火曜日の午前中に運営者が、お元気でしょうか?と送信します。そうするとたちどころに5人くらいからコメントが出てきます。

コメントがない人がいます。

何も言うことがなくても、スタンプを押すとか、写真を載せるとか、それも無理なら「あ」でもいいからなんかしてみてください

と繰り返してみた結果、1ヶ月くらいで、皆さんコメントができるようになりました。

20人でコメントをしあうので、プライベートなことは投稿できませんが、コメントがない人がいれば、誰かが気づいて電話をかけることができます。

メンバーの数人の方が会話をリードし盛り上げている印象もあります。こんな感じです。

LINEは友達同士いくらでも通話ができるので、活用したいのですが、通話は電話の方がいいみたいです。

通話料を安くするお得な方法はLINEのフル活用に到達

LINEで電話ができるが、全員が使えるようになるには少し時間が必要

あれ、あの人どうしたのかな?

と気づいてLINEで電話しても、全員が使えるわけではなさそうです。

たとえ繋がったとしても、こちらには相手の声は十分聴こえているのに、自分の声が相手には遠いということが何度かありました。そんな時でも普通に電話をかけたらつながりました。

おそらく相手のタブレット端末の音量が小さいのが原因だと思いますが、相手が聞こえません、と困っている時に細かい説明をしても通じないので、、

こちらの希望としては全員がLINE電話で通話できたら、通話のかけ放題プランを解約し支出節約できるのですが、この分野ではまだ無理です。

このようなグループに所属していると相手に対する気遣いのために通話のかけ放題プランはまだ必要かもしれません。

格安SIMで毎週15分以上通話するのが確実なら、完全かけ放題をおすすめ

月に1回程度のLINEのやりとりでは安否確認としては不十分

冒頭の新聞記事にはこう書いていました。

5月、奈良県のマンションで、犬の鳴き声がうるさいと近隣住民から苦情が入り、警察官が立ち入ったところ、64歳の遺体が発見されました。

死後3週間経っていて、顔の確認には時間がかかりました。

遺体発見から2週間後、清掃には32歳の次女が立ち会い、月に一度はLINEで連絡をとっていました。こうコメントし悔やみました。

孤独死はテレビ中の出来事で、まさか自分が当事者になるとは思わなかった。もう少し頻繁に連絡をとっていれば早く見つけてあげられたのに

私はこう思いました。

 

月に一度では一人暮らしの人には連絡が足らないですね、、

思いもよらないことが、いつ誰にでも起きるからです。

終わりに

孤独死が増えている現状に加えて、今は外出自粛が呼びかけられ、毎日強調されていますので、自分では大丈夫だと思っていても意外にストレスはたまっているものです。

孤立しないために、直接会って会食でもできればいいのですが、感染対策の観点からはおすすめできません。

【注意】コロナウイルスが口内細胞に直接感染!直に会話、会食はリスク増大

なのでLINEでグループをつくり交流を楽しむのは、最悪孤独死に至るのを未然に防ぐ、安価でできる良い手段です。

知人のLINEアカウントを別の人に簡単に教えることができた

わたしは友人同士でもグループLINEを作りました。合計4つのグループLINEがあります。

振り回されたり、面倒になるのではないかと、懸念を感じるかもしれませんが、慣れると結構気分転換になるものです。

何かのヒントになれば幸いです。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました