「ワクチン証明書」国よりも先に自治体が導入へと動いている理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自治体が進めているワクチン証明書(ワクチンパスポート)とは

まだ進めている段階なので県名はあげませんが、その自治体が進めているワクチンパスポートとは以下のような流れです。

  1. LINEの県のアカウントに接種券番号、住所や生年月日を入れると、ワクチン接種を何回受けたか表示される
  2. 2回接種した県民がパスを提示すれば、県内の宿泊施設や飲食店で割引を受けられる

町中に「接種済み」バッジが出回っている地域もあります。新型コロナのワクチン接種を示す証明書を国が検討する中で、自治体の一部が独自の導入をめざしている背景と課題を朝日新聞2021年9月22日の朝刊「ワクチン証明書 独自導入の動き」から情報を得てまとめてみました。

この動向は経済活動を促進し、コロナ禍で傷んだ地域経済の振興を図るもので、緊急事態宣言が終われば、10月に始まるので注目されているからです。

日本でもコロナの行動制限が11月に緩和される?期待できそう?

まず現時点で存在している国が発行しているワクチン証明書について触れておきたいと思います。

現時点での国のワクチン証明書(2021年9月)

現時点でのワクチン証明書の発行の状況

国は海外渡航者向けに限り、接種した人に簡易な接種済証が渡されている
国内利用は想定されていない

今後、検討されている証明書

国は来月以降、飲酒などの行動制限を緩める場合、海外渡航者とは別の証明書の活用を検討していますが、詳細は決まっていない状況です。それで自治体が独自でワクチンパスポートを機能させる計画が先行しています。

独自ワクチンパスポートを準備している自治体の説明

例えば沖縄県石垣市も緊急事態宣言の終了を見据えて、証明書を準備中です。市の担当者は未接種者への差別を防ぐ重要性に触れつつこうコメントしています。

経済がほとんど回っていない状態が続いています。いよいよ感染対策と経済活動のバランスを考える時期が来ています。

自治体などの行政以外にも独自の接種済を示す動きが広がっています。例えば、観光宿泊施設、外食店、家電店、印刷会社などです。

自治体以外の各種会社のワクチンパスポート発行の取り組み

会社などのワクチンパスポート発行の取り組みの事例として、下記を挙げることができます。

  • 兵庫県新温泉町の観光振興協議会接種済みバッチをつくる
  • 外食大手のワタミと家電量販のノジマは社員の名札に摂取済みとわかるマークをつける
  • 長野県飯田市の杉本印刷は接種済みバッジを販売する

接客業社がこのようなバッジを作った背景は従業員が客に安心感を与えるためです。

ワクチン接種した社員は今後優遇されていく?接種済の名札着用が増えている

印刷業務でも杉本印刷には医療関係者や介護施設などから予約が相次いでいます。高齢の顧客からの病院にバッジをつけていきたいとの要望に応えています。

杉本印刷の社長はこうコメントしています。

接種していない人に悪用される心配もありますが、安心を得たいと言う声を無視できません。

購入した60代の男性はこうコメントしています。

自分が周囲に気をつかっていると示すことができます。

このような動向をエコノミストはどのように感じているのでしょうか?

ワクチンパスポートに関するエコノミストの見解

第一生命経済研究所のエコノミストはポジティブな面をこうコメントしています。

経済を回すための動きで歓迎できますし、不安を払拭しようとする表れでもあります。

一方で若干の懸念を以下のように述べています。

Go Toキャンペーンのように税金が使われているのに、証明書がないと利用できないといった差をつけることがあれば問題です。国が証明書の活用にあたりルールや見解を示すはずです。先行する自治体や事業業者は未接種者を排除しない配慮が必要です。

任意のワクチン接種をしたかどうかで区別する事を不安視しています。
因みに接種済パスで飲食店の割引が受けられるとする群馬県は未接種者にPCR検査の陰性証明書に代替措置を検討中です。

結論

わたしは2回目のワクチン接種を9月1日に終えました。

50歳以下の方は2回目のワクチン接種後、発熱の副反応は予期しておこう【体験記】

大阪府在住ですが、府でも群馬県のようにLINEの県のアカウントに接種券番号、住所や生年月日を入れると、ワクチン接種を何回受けたか表示され、それを提示すると特典があるのであれば、パスポート発行したいですね。

だからと言って年明けくらいになっても、ワクチン接種が済んだからと言って、フィジカルディスタンスなしでOKとか人混みに混ざっても大丈夫とは思えないので、派手に外出するのはまだ控えたいと思います。当分難しいでしょうね。

集団免疫でコロナ収束は期待できない?政府のウイルス対策分科会の発表から今後の予想

個人的希望としては、大阪府でも大規模人数では難しくても、数人までなら会食OKとか、そのような日が少しでも早く訪れるとかなりストレスが軽減されます。
今後どうなるのでしょうか、新たな情報が確認できればまたお伝えしたいと思います。では。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました