Pagesの封筒印刷はA4よりB5用封筒がおすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

封筒の宛名印刷をするにあたり、Pagesのテンプレートを使ってみました。

A4よりB5の用の封筒の方がうまく印刷できたのでシンプルにそのことをお伝えします。

B5用封筒だと宛名が定位置におさまった

PagesはWordと印刷の仕様が異なります。

Pagesは印刷の時に下の写真のような画面になります。

赤枠の部分が封筒印刷の欄です。

最初は百均ショップで、A4のカラー封筒を購入しました。

ところがA4ではどうしても宛名の位置がうまくいきませんでした。

再度、近くのホームセンターでB5の茶封筒を購入して印刷しました。

B5ではきちんと宛名が定位置におさまりました。

購入が二度手間になりましたが、もう少し補足します。

まずはA4のカラー封筒を選択して購入する

通常は封筒を購入するにあたり、ネットでいいと思うものを選ぶのが一番いいと思います。

たくさんの種類の中から選べるからです。

しかし、すぐに取りかかりたかったのでお店で買うことにしました。

最寄駅のそばの「Can Do」という百均ショップに行きました。

封筒の大きさや種類はいくつかありました。

茶封筒よりはカラー封筒の方がいいかなと思ってA4のカラー封筒を購入しました。

下の写真の赤丸のものです。

話とは関係ない蛇足ですが、写真のに写っているのは、その時についでに購入した買い物で使う100円バッグと仕事で使う彫刻刀です。

それでは早速パソコンを設定して印刷します。

Pagesで封筒の宛名設定は使いやすい?

先程のPagesのテンプレートのビジネス封筒のフォーマットを使いました。

ちなみに相手先はまだ対面したことのない企業に対してです。

このフォーマットの入力の使い勝手の印象としては、印字の位置などがかなり固定されているので文字の大きさや位置を自由に入力できる感じではありませんでした。

封筒の宛名と住所、差出人の指名と住所の情報だけなので、自由自在に入力する必要はないのかもしれません。

ですが正直なところこのテンプレートは使用しにくいと思いました。

それはさておき、入力が終わりましたので印刷してみます。

B5用の封筒に相手先の宛名がぴったり宛名がおさまる

下の写真の真ん中のカラー封筒に印刷してみました。

A4用の封筒だとどうしても宛名が右に寄りすぎる

矢印で示したように宛名の先頭の文字がどうしても右の方に寄っていました。

左の空白が広すぎで、見た目のバランスが悪い感じがしました。

テンプレートの印刷設定の決まり上、これより先頭の文字を左に詰めるのは無理でした。

仕方がないので、大きさをB5用の封筒で印刷してみようと思って別の店にあわてて買いに行きにました。

今度はB5用の封筒に印刷してみる

近くのホームセンターでB5の茶封筒を購入しました。

個人的には、ちょっと古い感じがするので、カラー封筒が欲しかったのですがなかった、、

下の写真の左側の封筒です。

この封筒に印刷すると、前述の写真の上側のように相手先の情報と差出人の私の情報がぴったり治りました。

下の写真は手紙の中身を封印する前に撮影したものです。

手紙の文面の紙がヒラヒラした写真になってしまいました。すみません。

結論:Pgesの封筒のテンプレートはA4よりB5の方がおすすめ

一度位置ぎめしてしまえば、次からは情報を入力しなおすだけです。

なのでここまでの手間をかけずに同じ印刷ができます。

最初に十分に調べて取りかかったわけではないので、どの大きさの封筒でも良いと思ってました。

テンプレートの封筒を使うのであればB5用の封筒がうまくいったのでおすすめです。

しかしながらテンプレートの封筒を使わずに、Pagesの新規設定からページレイアウトを設定してから印刷する方法の方が、もっとやりやすいかもしれません。

私としては、こんな基本的な機能に気づかなかったなんて、ちょっとがっかりしました。

Pagesで封筒の宛名印刷は新規設定からレイアウトを設定して作成するのオススメ

ここからお伝えするのは、私がテンプレートの封筒に気を取られてすっかり忘れていた、自分でレイアウトを設定して宛名印刷する方法です。

こちらの方法をおすすめします。

最初に自分で封筒の大きさに合わせて設定する方法

まず新規作成からページ設定をタップします。

ファイル→ペイジ設定と進みます。ここからがレイアウト設定です。

ここで用紙サイズを設定します。タップするとA4やB5などのメジャーな大きさが出てきます。

私が印刷したい封筒の大きさは出てこなかったので、自分で大きさを設定します。

「名称未設定」という項目で120ミリ✖️235ミリにしました。

封筒を購入したケースにそう書いてあるからです。

デフォルトでは縦向きになっているので横向きに変えます。

それをタップするとこのような画面になります。

ここからはお分かりだと思いますので、ここで説明はとめておきます。

封筒の大きさらしくなってきましたね。

赤枠の中に自由に文字を入力でき、設定の時に封筒の大きさもA4でもB5でも自在に設定できます。

テンプレートの封筒vs自分で封筒をレイアウト

テンプレートの封筒印刷

テンプレート封筒の印刷は一度文字の配置を決めてしまうと、次回からはテスト印刷は不要でしょう。

ですが封筒の大きさは固定されていて文字数も限られます。

自分で封筒をレイアウトして印刷

自分で封筒をレイアウトすると、何度か試しの印刷の必要があるでしょう。

それでも文字の配置や大きさ自在に変えられるので、自分がしたいようにレイアウトできます。

なので、個人的にはテンプレートの封筒を使うよりも、自分で封筒をレイアウトする方がやりやすいと思いました。

終わりに

封筒に宛名印刷をする、たったこれだけのことですが、基本的なところで苦労してしまいました。

繰り返しになりますが、Pagesのテンプレートの封筒を使って設定するのであれば、B5をおすすめします。

ですが、それよりも個人的には最初から自分で封筒をレイアウトして宛名印刷をする方がおすすめです。

もちろん何枚かのテスト印刷は必要になります。

そのため何枚かの失敗はありますが、まあ仕方ないでしょう。

Pagesを使用している方で、封筒の宛名印刷に関して慣れていない方に参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました