MacBook Air2014 最新OSはダメでもまだまだ十分現役!2022年7月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

私はMacBook Air2014を使用しています。

結構頻繁に最新のMacOS Montereyにアップデートするよう案内があります。

ところが、この機種は最新のOSに対応していないので、アップデートするためには、機種替えの必要があります。

中古で購入しても結構高額です。

もちろん今後も使い続けることを考えると新しいOSにアップデートしたいとも思っています。

一方で今のままでも不満なく使えています。

MacBookをバージョンアップするかどうか迷うところです。

色々考えた末、2年くらい今の機種を使ってから、MacBook Air 2020くらいの中古機種に買い替えようと思いました。

その背景をお伝えしようと思います。

 

最新のOSにアップデートする必然性

まずは最新のOSにアップデートする必然性があるかどうかです。

今使用しているのはMac OSのBIG Surです。

Mac OS Big Sur 11.5 ダウンロードとインストールに約1時間 実体験

因みに写真の赤丸で示しているように充電回数が増えないように工夫しています。(詳細は下記の記事参照)

MacBookで充電カウントしない簡単な給電方法

OS BIG Surの基本動作はサクサクです。

iPhoneとのデータやアプリの同期などの互換性に問題はありません。

わたしの場合PCではOfficeアプリは使いませんが、Pages、Numbersはしっかり動いてくれています。

Zoomなどのビデオ会議システムも通常問題ありません。

ですが、ビデオ会議システムを動かしている時は、もうちょっと新しいCPUの方がいいのかなと思う時があります。

週に1時間ずつ5回くらいZoomを使用するので、この点では新しい機種の方が快適でしょうね。

ここで挙げたPCの挙動に関してもう少し補足したいと思います。

 

基本動作はまだまだ結構サクサク!

昔Windows 7などを使用していた時は、更新プログラムが更新していくごとに動作がもっさりしていきました。

だからMacBookに変えた理由でもあります。

今のWindowsのそのあたりの仕様がどうなのかは分かりません。

MacBookはかれこれ5年くらい使用していますが、OSやアプリの更新が繰り返されても動作がもっさりするという現象は起きないですね。

なので使いやすいです。

Zoomなどのビデオ会議システムで相性が悪いのか、PCのスペックが古いのか原因は特定できませんが、時々フリーズすることがあります。

フリーズしたとしても再起動ですぐ元通りサクサク動くようになります。

ZoomフリーズのほとんどはPC再起動で即解決!

再起動もWindowsより早いです。

MacBook Air2014という8年前の機種であっても再起動に時間がかかるということはありません。

この差だけでもWindowsには戻れないですね。

 

iPhoneとの互換性に問題なし

MacBookにもiPhoneにもデフォルトで入っているメモのアプリがあります。

そう、上が黄色で4行のイラストのあのアプリです。

iCloudで同期されているので、どちらで書いてもいつも同じ状態です。

メモはシンプルで使いやすいので、なくてはならないアプリになりました。

電話番号や住所のメモ→iPhoneの音声入力が一番便利

iPhoneでダウンロードしたファイルや写真もAirDropで簡単にMacBookにコピーできます。もしAirDropで問題が生じれば下記の記事も参照できます。

AirDrop 「待機中」進まない!原因の多くはこれ!

Safariも同じ状態で同期されています。

メモやLINEなどのアプリも同期されていますね。

MacBookのLINE通話→音質良好でハンズフリー!(おすすめ)

Officeソフトの互換性も問題なし

iPhoneでもMacBookでもWordの代わりにPages、Excelの代わりにNumbersを使っています。詳細は下記の記事で書きました。

Numbersに慣れたら有料Exceは不要になる!

PagesもNumbersも最新のMac OSでなくてもちゃんと同期してくれました。

わたしはPCでExcelやWordを使わないので確かめたわけではありませんが、Big Surに入れたMac版のExcelやWordも同期してくれそうな感じですね。

最新のOSでないとはいえ、古いOSではないからです。

余談ですが、自分が PCでExcelとWordを使わないのは、iPadのWordとExcelで事足りているからです。

【iPadのExcel】使い方次第でPCのExcelは必要なし

こうしたことを考えるとMacBookは必ずしも最新である必要はないように思えます。

正直に言うと最新のOSにアップデートしたいのですが、予算の問題で…

とほほ…

 

終わりに

希望を言えば、中古でいいのでMacBook Air 2020年くらいのスペックが欲しいです。

ですが、中古でも10万円くらいします。

その必然性があるかないかで言えば、今使用しているMacBook Air2014でもまだまだ使えると思いました。

Windows7の時のように使っていくうちに動作がもっさりしません。

多少古い機種でも古くてもサクサクです。

iPhoneとMacBookで同期で問題なく使用できています。

ビデオ会議システムには多少フリーズが生じて難を感じますが、再起動すれば解決します。

なので買い替えまであと2年くらい様子を見ることにしました。

2年あれば10万円くらいは貯まるでしょう。

財産は有限なので、「欲しい」ではなく「必要」「ないと困る」になれば購入を検討すればいいと思います。

正直に言えば、少しばかり我慢が必要なお話でした。では。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました