簡単!審査がいらない自作LINEスタンプの作成方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

LINEスタンプを無料で自作したいのですが、審査のパスが壁になります。

ところがです!

厳密に言えばスタンプではないのですが、LINEスタンプのように見える写真を簡単に自作することができます!

そうなるとLINEスタンプの審査なんか不要です。

この記事ではiPadで作成する場面で方法をお伝えします。

以下の手順です。

  1. 写真の背景をLINEと同じブルーにする
  2. 背景画像にイラストを追加
  3. コメントの吹き出しを追加
  4. 手紙のコメントを追加

ではそれぞれ補足します。

写真の背景をLINEと同じブルーにする

わたしはiPhoneの写真にLINEと同じブルーの画像を入れています。

これが背景画像になります。

この背景画像にイラストを挿入した後、コメントを入れたければ吹出口を追加し、そこに手書きの字を入れ込むと出来上がりです。

簡単ですね。

参考までに、LINEでは仕様上背景透過の画像の投稿は無理ですが、LINEのスタンプに見える写真の投稿の方法を書いてみました。

LINEで背景透過は無理→でもこうすれば見た目バッチリ!

背景画像にイラストを挿入

次に背景画像に好きなイラストを合成します。

この時に写真を合成するアプリが必要になります。

因みにわたしはこのアプリを購入しました。

ダウンロードは無料ですが、広告が邪魔なので広告を消すためにいくらか支払いました。

先程のブルーの背景画像に好きなイラストを挿入します。

今回は元気な男の子の赤ちゃんのイラストを入れてみます。

この赤ちゃんは無料素材です。

先程の写真合成アプリを使ってこんな感じの合成写真を作ります。

アプリの使い方は割愛させていただきますね。

 

ここにコメントの吹出を追加します。

イラストにコメント吹出を追加する

吹き出しにも無料素材はたくさんあります。

それを使うと背景透過の一手間が面倒なのでKeynoteで吹き出しを挿入することにしました。

Keynoteで吹き出しを追加してスクショを撮りました。

するとこんな感じになります。

LINEのコメント吹出の塗りつぶしの色は白をおすすめします。

他の色でも試してみましたが、白の背景が一番自然で見やすいからです。

次に手書きの文字を入れます。

手紙文字を挿入する

手紙の文字を挿入するのにおすすめのアプリはこれです。

このアプリもダウンロードは無料でしたが、広告を消すためいくらか支払いました。

では文字を追加します。

この子は慶太と名づけました。

文字は横書きでも縦書きでも挿入できます。

色は白の背景に黒の文字が一番見やすいので黒にしました。

文字に縁取りと影をつけることができます。

この辺の詳細はアプリの説明をご覧ください。

とりあえずこれで出来上がりにします。

実際にこの写真を投稿するとどんな感じになるのでしょうか。

LINEスタンプ風の写真を投稿してみる

では投稿します。

試しに大阪府に投稿したため、不自然な話の流れになりました。

しかしながら、この写真は背景色がLINEと同じ色なので見た目はほとんど違和感はないでしょう。

実際は写真ですが、自作LINEスタンプに見えるという訳です。

この方法なら面倒な審査は不要です!

終わりに

こんなに面倒なら、高いものではないしLINEスタンプ買ったらいいのでは?

と思われたかもしれません。

それもありだと思います。

でも既成のスタンプではなく、自分で自由に表現することにオリジナル性の価値があると思います。

時間と手をかければもっといいのができますが、この記事の方法が一番簡単で時間もかからないと感じました。

参考になれば幸いです。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました