スポンサーリンク

ストレージが少ないiPhone→MacにUSB接続でOSの更新が可能

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

2021年10月の話です。

iPhoneの設定アプリに更新通知がきました。

ところが、下記のようなアラートがありました。

この更新には3.5Gの空き容量が必要なため容量不足です。

空き容量1Gもありませんでした。

iPhoneのストレージが足りなくてもMacBookにつなげばOK

結論から言えば、iPhoneのストレージが1G以下の状態でもPC(MacBook)を繋げば、あっさりOS更新に成功しました。

iPhoneのストレージが足りなくて、OS更新が途絶えている方にそのことをお伝えしたいと思います。

使用機種はiPhone6s plusのストレージ16GBの機種です。

OSの更新に使用したネット環境とMacBook

最初にネット環境とMacBookの機種をお伝えします。

ネット環境はWiMAX2 午前6時台

MacBook Airは2014年版でOSはBig Sur

Mac OS Big Sur 11.5 ダウンロードとインストールに約1時間 実体験

MacBookにiPhoneをUSB接続すると「このiPhoneを信頼しますか」とか聞かれて、何度かiPhoneの暗証番号を入力しました。

すると、MacBookの画面に自分のiPhoneの情報が出たので、アップデートのボタンを押して始めました。

OSのダウンロードが無事終了しました。

約40分です。

 

追記:2021年12月2日に再び同じ方法でOSのアップデートをしました。

今回はiPhoneをMacBookに繋いだ時にパソコンの画面に何も表示されなかったので、下の写真のようにFinder→〇〇のiPhoneのところをタップするとダウンロードが開始されます。

追記終わり

PCの画面が暗くて恐縮ですが、PC内でダウンロード完了したOSのインストールが始まりました。

何も進んでいないように見えますが、進んでいます。

少し動き出したのが分かります。インストール中です。

だいぶ進みました。このままエラーが出ませんように。

いい感じです。iPhoneのケーブルを繋いだままそのままお待ちください、とアラートが出ました。間違ってもケーブルを引き抜くことはNGです。成功確定までこのままの状態で!

やったー!MacBookもiPhoneもよく頑張ってくれました。

ここまでくればOS更新成功確定です。ケーブルを抜いても大丈夫です。

iOS15に無事アップデート成功しました。ダウンロード40分、インストール30分、なんだかんだの手間ひま合わせて、1時間30分はかからなかったです。

結論:iPhoneの更新にMacBookとネット環境さえあれば、容量不足は心配なし

何はともあれ、容量不足のiPhoneでもMacBookとネット環境さえあれば、OSの更新のことは心配いらないことが分かりました。

そろそろもう少しストレージの大きいiPhoneの交換時かなあと、思っていた時にOSの更新通知がきました。

今回は買い換えようと本気で思いましたが、MacBookがよく働いてくれたので、もう少し頑張ってiPhoneを使い込んでみようと考えがかわりました。

iPhone6s plusはまだ最新のOSが使えます。

なので頑張ればストレージが小さくてもまだ現役です。

MacBookにUSBで接続すればOSの更新はできるからです。

何はともあれ、同じような状況の方に少しでも参考になれば幸いです。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました