LINEで背景透過は無理→でもこうすれば見た目バッチリ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

LINEで背景を透過させたイラストや画像を投稿したいのにそれができなくてお困りではないでしょうか?

私自身色々な背景透過のアプリを使ってみましたが、どれも透過したはずの部分が、白か黒の背景色になってしまいます。

背景透過できない画像はなんとなく今一つなので、なんとか背景透過させたいです。

LINEは背景透過ができない仕様になっているので、どうやっても厳密には無理です。

それで視点を変えて以下のようにしてみるのはどうでしょうか?

自分で作成した画像の背景色をLINEのブルーと同じ色にすれば、LINEスタンプのように見える!

ぜひ参考にしていただきたいのでお伝えしたいと思います。

LINEスタンプのように見える写真は、下記の記事をご覧になっていただければ簡単にできます。

簡単!審査がいらない自作LINEスタンプの作成方法

別の方法として、作成したスタンプが審査に合格すれば、背景透過のスタンプが可能になりますが、この記事はそういう主旨ではないのでご了承ください。

自作画像の背景をLINEと同じ色にすると、LINEスタンプのように見える

画像を横長のサイズにして背景色をLINEのコメントと同じ色にしてみた一例です。

無料のイラストの素材から、

①パソコン作業している男性

②矢印

③コーヒー

をゲットして背景透過したものを合成し、そこに手書き文字を加えて縁取りしました。

どうでしょう?

 

完全に背景透過できたわけではありませんが、白く縁取られるより、綺麗に見えるのではないでしょうか?

背景色を薄めのLINEブルー色にするとさらにバッチリ!

しかしながら、前述のLINEの背景色では似た色ですが、まだ色の差が分かってしまいますね。

それで前のより薄めのLINE色をバックにして写真やイラストを入れてみました。

するとご覧の通り、ほとんど差が分からなくなりました!

よく見ると、微妙な色の違いに気づきますが、これだけ色の差がなくなれば、十分満足できルのではないかと。

 

ここからは余談になりますが、

画像のサイズについては注意が必要だと思いましたので補足します。

横長のサイズの写真は普通に表示されますが、縦長のサイズだと必要以上に大きく表示され、相手にも違和感を与えてしまいます。

具体例をお見せします。

画像は縦長ではなく横長のサイズがオススメ

画像のサイズは横長がオススメです。

下の画像をご覧いただくとわかるのですが、縦長にすると無駄に大きくなります。

上の画像は普通ですが、下の画像は大きすぎてちょっと目立ちすぎです。

それを踏まえて自作の画像をスタンプ風に見せる方法を、大まかにお伝えします。

LINEでスタンプ風に見える画像の作成手順

私は以下の手順でスタンプ風に見える画像を作成しています。

  1. 横長のサイズで背景色はLINEと同じ色にする(薄めのLINE色がオススメ)
  2. フリー素材のイラストをゲットして、それぞれ背景透過する
  3. 2、を1、に合成する
  4. 手書き文字を入れる
  5. iPhoneの写真アプリで自分の手書きを加えることもできる

こんな感じでOKです。

いかがでしたか?

次に自分がこの写真作成ために購入したアプリを紹介したいと思います。

自分が写真作成してみた中でおすすめのアプリ

オススメするアプリを紹介しますが、使い方の詳細やメリットなどは割愛します。

まず一つ目です。

写真の背景透過にはこのアプリを使用しています。

背景透明化という名称です。

二つ目です。写真の合成にはこのアプリを使用しています。

そして三つ目です。写真に手書きの文字を入力するためにはこれです。

この3つのアプリは使いやすいと思いました。

広告を消すためにそれぞれのアプリに250円ほど支払いました。

私見ですが煩わしくなくなりよかったと思っています。

終わりに

この記事ではLINEの審査をいちいち通さなくても、画像をLINEスタンプのように見せることができるということをお伝えしました。

さすがに審査に合格したLINEスタンプには精度はかないませんが、自分が送信した画像を相手は、自作のLINEスタンプだと勘違いしてくれるでしょう。

あくまでもスタンプではなく写真なのでデータが重いのが弱点ですが、自由自在に作れるのがメリットです。

この情報がLINEで自分が作成した画像の表示される白い縁を、なんとかして透過させたい方に、方法の一つとして参考になれば幸いです。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました