エアコンファンの汚れは綿棒か歯間ブラシできれいにとれる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

エアコンの吹き出し口のファンは、すぐに汚れてしまいます。

汚れがひどくなりすぎると業者に依頼するしかありません。

できれば業者を依頼をせずにエアコンを綺麗に維持したいところです。

逆にいえば、汚れがひどくなりすぎなければ、自分で清掃できます。

割り箸に綿棒をつけたものを用意すれば、エアコンのファンもある程度きれいになることに気付きました。

今回の記事ではその方法をお伝えします。

※関連して、エアコン内部は自分で洗浄するのはメーカーが推奨していませんが、清掃の仕事の経験上、自分でもホースを使ってある程度のところまで洗浄できることに気付きましたので、下記の記事でその方法も書きました。

エアコンのカバーを外せない時にファンを洗浄する方法

割り箸の先に綿棒をしっかりくくりつけて埃を除去する

まずは道具を用意しなければなりません。

100均ショップで、専用のブラシが売っています。

でもそれだとルーバーを取り外さないとやりにくいです。

なのでルーバーを外さなくても掃除できる道具を作りたいところです。

そこで考えたのが、割り箸に綿棒をしっかりくくりつけたものです。


割り箸の真ん中にくくりつけます。

端につけるとシャカシャカしているうちにすぐずれました。

割り箸から突き出る綿棒の長さは5ミリぐらいが使いやすいと思います。

2分で出来ました。

綿棒がなければ歯間ブラシでも代用できるかも知れません。

さてどのように掃除するのでしょうか?

毎朝5:30〜6:00の涼しい時間帯に10分だけ頑張る

エアコンのファンを掃除するためにはエアコンを止めなければなりません。

夏の室内でエアコンなしで過ごせる時間帯は日が上る前のわずかな時でしょう。
個人的には朝5:30〜6:00をおすすめします。

寝苦しい夜に扇風機が動かない!エアコンの送風は意外におすすめ

ファンをのぞいて汚れが見えてこないうちに、先程作成した道具でシャカシャカと綿棒で擦ります。

すると一瞬こすっただけでこの状態です。なんと汚いこと!

ファンの汚れが外から見えてきたら、もうこの方法ではどうにもなりません。

そうなってしまう前に、(目で汚れが見えていないうちに)毎日、10分だけ時間をとって掃除します。

エアコンを使用する期間(7〜9月と冬場)だけの話なので、それほど面倒なことではないと思います。個人的には冬場はほとんどエアコンを使わないので夏場だけです。

わたしはエアコンのファンの清掃を習慣にしたいので、毎日10分程シャカシャカやっていますが、ちょっとサボって2〜3日に一度でも全然構わないです。

割り箸につけるのは綿棒がいいでしょうか?

歯間ブラシの方がよくとれるでしょうか?

割り箸につけるのは綿棒?歯間ブラシ?

汚れをよく吸っているのは明らかに綿棒です。

ただ綿棒はすぐにぼろぼろと傷んできます。

いちいち付け替えるのは面倒なので、両方併用しています。

歯間ブラシで擦るとこの程度の汚れをとってくれました。

繰り返しますが、この掃除の方法は汚れが溜まってからだと通用しません。

あくまでも汚れがひどくなる前の手入れです。

終わりに

このように汚れがひどくなる前であれば、割り箸に綿棒か歯間ブラシをつけてシャカシャカこするだけで十分です。

最初に言い忘れていましたが、エアコンの台数が1台だけの話です。

家の中に4台も5台もあるなら、非常に面倒なことになるのでおすすめできません。

しかしながら、エアコンを業者を呼ばずになんとかきれいに保ちたい方に参考になれば幸いです。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました