エアコンのカバーを外せない時にファンを洗浄する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

エアコン洗浄の時に、エアコン外部のカバーが外れないすでに壊れかけていて外したくない、ということはありませんか?ファンなどの内部の洗浄を依頼された時に困ってしまいます。

裏技としてエアコンカバーを外さなくても、外して洗浄した時と遜色のない仕上がりになる洗浄方法をお伝えします。

もちろん、壁掛けエアコンは通常エアコンカバーを外して洗浄するので、洗浄の手抜きをしているという誤解を招かないよう持ち主の了承を得る必要があるのは前提です。

以前にも似たような方法を紹介しましたが、もう少し手を加えた方法です。

 

自分でエアコンの内部をきれいにする方法 

 

外部カバーを外さない洗浄前の養生のポイント

エアコンの外部カバーを外して洗浄する時と異なり、カバーを外さないでファンにかけると、水がカバーと本体の隙間から下に漏れて、カバーの下に水がたまってしまい、その水が後から本体とカバーの隙間の下の部分からぽたぽた落ちてくることが問題になります。

なので下の写真のように養生テープでその隙間をしっかり埋めます。

この時の注意点は以下の2つです。

  1. テープはエアコンが濡れる前に貼る
  2. テープののり代は波波にならないようにまっすぐに決める

理由は

  1. エアコンが洗剤や湿気で濡れた状態だとテープが貼り付かなくなる
  2. のり代が波波になるとそこから水が入り、テープが取れて意味がなくなる

からです。

これでエアコン外部カバーを外さないために生じるデメリットは解消されました。

壁に洗浄水を垂らさないためのテープの養生

エアコン洗浄をしているとファンにかけた汚水が後ろの壁に垂れることが何度かありました。

誰も見ていなければ、後から拭きあげることでなんとかなりますが、お客さんが見ているところだとそれでは困ります。

そこで念のためにマスカーテープを使ってもう一つ養生します。前述の写真で示しましたが、エアコン吹き出し口のすぐ下の部分に、

端から端までマスカーテープをしっかり貼ります。もちろんのり代はまっすぐにしっかりピンと決めます。
こうすることで、吹き出し口から流れてくる汚水がエアコンの下面を伝わって壁の方に流れるのを防ぐことができます。
テープのマスカーは10センチくらい下に垂れるくらいがやりやすいと思います。下手に長すぎても汚水がマスカーにへばりついてしまって汚らしくなります。
ちなみに前述の写真の下の大きな網のデザインのビニールはエアコン洗浄キットの汚水受けです。ぶっちゃけ汚水受けは汚水が漏れることがなければどんなのでもいいと思います。

洗浄前と洗浄後の状態

洗浄前はこのような状態でした。

吹き出し口はカビでいっぱいで、中のフィンは写真では見えにくいのですが、タバコのヤニとカビでいっぱいでした。

ファンを指で回転させながらエアコン洗浄用の洗剤をたっぷり吹き付けます。外側のカビがすごいとところは柔らかい毛のブラシで洗剤が全面に馴染ませます。

ホースのジェットで水をかけて洗浄した結果、下の写真のようになりました。

30分ほど試運転させて、養生テープなどを取り外して拭きあげました。

ファンから匂いもありません。

見た目はエアコンのカバーを外して洗浄したのと同様の仕上がりになりました。

本体とエアコンカバーの下の隙間からも水漏れはありません。

洗浄方法の補足

エアコンのフィルターとそれをカバーしている前面のカバーは簡単に外れますし、洗浄方法も簡単ですので、やりやすいようにお願いします。取り付ける時までには完全に乾いた状態にしておきます。

エアコンの外部カバーの上部

エアコン外部カバーの上部のほこりや黒くなった汚れは洗剤をふりかけて毛先の柔らかいブラシで全面に馴染ませて5分ほど放置し、ホースのキリで吹きかけるとほぼきれいになります。

乾拭きのタオルで拭きあげて、ほこりなどの塊はつまんで除去します。

フィン

エアコン洗浄の洗剤をかけて歯ブラシで軽くこすります。

汚れを取るためにムキになってきつくこすらないように注意します。フィンは簡単に曲がりやすいからです。もし汚れが十分に取れていないと思ったら再度洗剤をかけて同じ作業をします。

きれいになったかなと思ったくらいで大丈夫です。

カバーの電気系統の部分

スプレーで洗剤を噴霧して柔らかい毛のブラシで全体に馴染ませてきれいなタオルで噴き上げます。細かいところにほこりが詰まっているなら、歯ブラシかドライバーなど先の細いものにタオルをつけて除去します。

洗浄後はドレンから水が流れている確認する

このエアコンのドレンはここです。

この写真はエアコンの使用後に撮影したので水が投げれている状態ではありませんが、使用中は十分に流れていました。

水がここから流れていないならドレンの中でカビやほこりなどの汚れが詰まり、エアコン使用中にエアコンの本体とカバーの隙間か、どこかの隙間から水が漏れて大変なことになります。

もしエアコンキットの汚水受けが水漏れした時の代替手段

最低限エアコン外部を洗浄しない時の養生のポイントでお伝えした養生はしっかりします。

エアコンの下あたりの床一体をマスカー養生、もしくはビニールシートを敷いて左官屋さんが使用する舟を置いておきます。

ビニールシートにバスタオルを敷いておくとさらにバッチリです。

あとはファンに水をかける時に右手でホース、左手で小さいバケツで汚水を受けながら、できるだけ下に水が漏れないように水を吹きかけて作業します。

私もこのような方法で作業したことはありますが、仕上がりはなんとかなりました。

水を吹きかける加減とタイミング、以下に上手に左手で汚水を受けれるかが勝負です。

終わりに

本当は外部カバーをきちんと外して洗浄するのがベストです。

状況によってはそのようにできない時もあります。

無理にカバーの爪などを壊すよりは、仕上がりには遜色のないこの記事でご紹介した簡易洗浄でもいいのかなと判断できる時もあります。

エアコン洗浄の時短や困った時にヒントになれば幸いです。

 

【ハウスクリーニング】はやく仕上げる効率的な作業の手順とコツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました