寝苦しい夜に扇風機が動かない!エアコンの送風は意外におすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寝苦しい夏の夜は冷房より扇風機の弱風?

 

長年の間、夏の睡眠は扇風機の弱風を自分にあてて凌いでいました。

 

エアコンがあると扇風機はいらないかなと考えが変わり、ジモティーで譲りました。

 

やっぱり寝ている時に冷房のかけっぱなしは体に良くないかなと思って、扇風機を手放したことを幾分後悔していた時にあることを思いつきました。

 

エアコンの送風を自分にあてれば、扇風機と一緒だ
思いついたとか書きましたが、厳密に言えばそうではなく、冷房をずっと使っているとフィンやファンの部分がカビが生えるので、冷房した後は送風にするのがおすすめというのを何かで見たのを思い出しました。
ということは、夜に部屋を冷房していた後に寝る時に送風に変えて自分に当てればいいではないか、
  • 寝る時、冷えすぎず暑すぎずでしのげる
  • エアコン内部のカビ発生の阻止
  • 冷房より電気代が断然安い
のメリットを感じたわけです。
試した結果、夜中に目が覚めることなく寝れました。そのことについてお伝えします。
暑い寒いの感じ方や適温は人によりけりなので万人に当てはまるわけではありません。

エアコンの送風はある程度距離があるので程よい風になる

下の写真でイメージできますが、エアコンはたいていは部屋の上の方についています。
床に布団を敷いて寝るのか、ベッドで寝るのかによってエアコンの送風口からの自分の体までの距離は変わってきます。
床で寝る場合、結構距離があります。外が無風の状態で風が入らなくても、エアコンが外気を送風してくれます。
夜中なら外は25〜29℃くらいでしょうか。その風だと冷えすぎることはありません。強風が自分にもろに当たることもありません。なので自然と程よい風が自分に当たるわけです。

エアコンの送風は眠りの質に効果がるか

私の場合ですが、冷房だと30℃とかに設定しても、冷えすぎを感じます。やはりエアコンの涼しさよりも外からの自然の風が一番気持ちいいです。

でも寝ている時に無風で湿度が高く寝苦しい時があります。

 

一晩送風をかけっぱなしにしました。いつの間にか眠っていて、夜中に目が覚めることもありませんでした。なので効果を感じています。

そんな折、7月20日のGoogleニュースで「寝苦しい夜、エアコンのおすすめ設定は何℃?」という記事を目にしました。参考になりましたのでお伝えします。

除湿運転で28℃がおすすめ設定

今日のGoogleニュースの内容です。下の写真に書かれています。

ここにも記載されているように、寝る前には冷房で寝室を冷やしておき、そのまま除湿運転にして28℃が推奨されています。
私のエアコンのリモコンにも下の写真のように除湿運転があるので28℃を試してみたいと思います。
というか、今時のエアコンなら普通はありますよね。ちなみに4年前に購入しました。

除湿運転は温度ムラが出やすいので扇風機でかき混ぜる

注意書きとしては除湿運転は温度ムラが生じます。
部屋の温度をできるだけ均一にするために空気を扇風機で拡散させ、自分には直接あてないようにするのがいいと書いていました。
同意しますが、もう扇風機はないので布団の敷く場所で調整したいと思います。
エアコンの送風と除湿運転28℃とどちらが快適に眠れるかの体験をお伝えしたいと思います。
追記:エアコンの除湿運転は結構冷房効果がありますね。寝ている時に除湿運転かけっぱなしは冷えすぎに注意が必要だと思いました。
送風や自然の風が程よく当たる場所に布団を敷いて寝るのがベストかなという印象です。
それでどうしても寝苦しければ、布団をしっかりかけて除湿運転30℃の設定にします。

終わりに

 

今年はコロナの感染防止に加えて、相変わらず暑い夏と闘う必要があります。

よく眠れないと疲れがどんどん蓄積されて良くありません。

どのように眠るのが一番良いかを絶えずうかがっていきたいと思います。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました