スポンサーリンク

Zoomに共有アカウント入室時の6桁認証数字が不明で困る?対応策

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

2022年5月31日に共有アカウントでZoom会議のホストで入室しようとしたら、いきなり6桁の確認コードを入力するよう求められました。

今まですんなり入れたのに、いきなり確認コードが求められると焦りますし困ります。

画面の説明が英語ですし、この確認コードはワンタイムパスワードと同じで10分以内と書いてあるからです。

幸い、わたしは英語がある程度分かるので、どういうことかは推測できましたが、英語がさっぱりという方は本当に焦ると思います。

確認コードの入力が求められるとなぜ困るのか

共有アカウントに確認コードの6桁の数字が届いているようですが、自分が共有アカウント(大抵はgmailを使用していることが多いと思いますが)のgmailにログインできずに、その数字が分からないからです。

共有アカウントのgmailにすぐログインできる人なら全然問題ありません。

今回は共有アカウントの管理者にすぐに電話連絡して6桁の数字を教えてもらって解決しました。

今後のことを考えると、確認コードを求められる度に管理者にいちいち連絡するのは面倒です。

どうしたらいいものでしょうか?

共有アカウントの管理者と相談して次のような対策をしました。

参考になれば幸いです。

gmailの転送機能を使って、自分のgmailにも確認コードが届くようにする

gmailには届いたメールを自動で転送する機能があります。

この機能を活用して、共有アカウントのgmailに届いた確認コードの情報を、自分のgmailアドレスに自動で転送させれば、いちいち管理者に確認しなくてもよくなります。

gmailには特定のメールのみ転送させる機能があります。

ご存じだと思いますが、念のため補足します。

gmailの特定のメールのみ転送させるには

「gmail」「転送設定」でググるとgmailのサイトの下記の説明が出てきたので引用します。

Gmail のメールを他のアカウントに自動転送する

Gmail のメールを他のメールアドレスに転送する場合、新着メールをすべて転送するか、特定の種類のメールのみを転送するかを選択できます。

自動転送の設定

メールを他のアドレスに自動転送できます。新着メールをすべて転送するか、特定のメールのみを転送するかを選択できます。

注: 転送の設定はパソコンでのみ行うことができます。Gmail アプリでは設定できません。職場や学校のアカウントで問題が発生した場合は、管理者にお問い合わせください。

特定の種類のメールのみを転送する
特定の種類のメールのみを別のアカウントに転送するには、そのメールに対応するフィルタを作成します。

フィルタを設定する際に、転送先のメールアドレスを選択します。

転送先のメールアドレスが表示されない場合は、上記の手順で転送を有効にします。

 

要するに特定のメールだけ転送したい場合、

そのメールに対応するフィルタを作成して、転送するメールアドレスを選択する

これだけのことです。

しかしこの対応策にもデメリットがあります。

gmailの転送のデメリット

因みにわたしたちの場合、共有アカウントでホストをする人は10人います。

自分がホストをする時に確認コードが届くのはありがたいことです。

しかしながら、他の人がホストをする時にも、確認コードの数字の入力が求められる度にそのメールが自分にも届くことになります。

そうなると、煩わしいし紛らわしいですね。

なんとかならないものでしょうか…

救いは共有アカウントでサインインするたびにいつでも確認コードの入力が求められるわけではないことです。

どのような時に求められるのでしょうか?

なぜZoomは確認コードの入力を求めるのか

通常とは異なる場所やデバイスからのログインなど、不審なログインを検出した場合や,いままでにサインインしたことのあるデバイス、国からでも一定期間を過ぎると出るようです。

詳細は「Zoom」「確認コード」で検索してご確認ください。

検索上位の記事で解説されていました。

確認コードが求められる理由と背景が分かれば、それほど気にする問題ではないことに気付きます。

この問題は一過性だと考える

この問題はおそらく一過性のものでしょう。

共有アカウントでホストをするどのデバイスも、Zoomがだんだん認識するようになるからです。

誰かがたまにあまり使用しない端末でホストになろうとした時に、確認コードのメールが自分にも届くかもしれませんが、今後はたまにくる程度になるでしょう。

そのようなメールがくれば、すぐに削除してスッキリしたいと思います。

万一、ホストが困って相談の連絡があれば、再度サインインしてもらい、自分のgmailに届いた6桁の数字を教えてあげればOKです。

やれやれそんなお話でした。

終わりに

共有アカウントでZoomを使用する場合、セキュリティー強化のため、確認コードがそのアカウントのメールに届きます。

届いた情報が分かれば解決する話です。

今回はgmailの特定メールの転送機能を使って、ホストになる人全員に確認コードが転送されるように設定することで対応しました。

デメリットは自分が使用しない時でも、そのようなメールがくる煩わしさです。

そこはさっさと削除してメールをスッキリしたいと思います。

もっといい対応策がないのか模索中でもあります。

いずれにしろ同様のことでお困りの方に参考になれば幸いです。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました