【PayPay】間違ったチャージで送金料100円ロスした失敗談

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

QRコード決済はメインで楽天Payを使用しています。

自転車屋さんにタイヤ交換を依頼した際、QRコード決済はPayPayしかありませんでした。

そこで久しぶりにPayPayで決済したのですが、お店の読みとりがうまくいかず、自分が交換費用4700円を間違ってチャージしてしまいました。

その金額をチャージと紐づけた口座に返金するために送金料100円損したので備忘録として書きました。

失敗談として記録しておくことは同じ事を繰り返さない助けになると思ったからです。

↓因みに自転車屋で後輪タイヤの摩耗で交換費用などに関する記録も残しておきました。

自転車後輪タイヤの摩耗→交換の目安は1年半

必要金額をチャージしたのにお店のバーコード読みとりがエラーになる

そのお店では、こちらがPayPayのバーコードを出してそれを店のタブレットが読み取って決済が完了するシステムでした。

わたしがスマホのバーコードを向けるとエラーが出ました。

(決済のバーコードやQRコード、下の番号をモザイクをかけて図を載せてお話する方がわかりやすいのですが念のため控えます)

PayPay残高で支払うになっていたのですが、75円しか残高がありませんでした。

そこで4700円チャージしました。

しかしながら、それでもエラーが出ます。

自分も店員も4700円チャージされているのを確認しました。

それでも3回やってもエラーが出たので、

決済方法を変えていただけませんか?

とお願いされました。

お願い!PayPayだけでなくもうちょっと他のQRコード決済にも対応して

わたしはメインの決済を楽天Payにしているので、こう思ってしまいました。

そう言われてもなあ。お願い!PayPayだけでなく楽天Payにも対応して〜

しかしそんなことを言ってもどうにもなりません。

その店がスマホ決済はPayPayしかないことは分かっていたので…

因みに楽天Payをメインにしている理由は以下の3つです。

  • 楽天ポイントが他のポイントより貯まりやすい
  • 楽天カードと紐づいているのでチャージの手間が不要
  • オートチャージはなんとなく好きでない

現金が手元になかったのでもう一度、PayPayと紐づいている口座を確かめてみました。

PayPayと楽天カードを紐づけていた事を忘れていた

すっかり忘れていましたが、PayPayを使えるようにした時、楽天銀行が紐づかず、SBIネット銀行と紐づけていました。

今は楽天銀行も紐づくのかもしれませんが、あまり使わないので調べてません…

でもこの方法だとチャージ式になってしまいます。

チャージ式は面倒で少額の無駄が出る感があり、個人的には好きではありません。

なんとかポストペイにできないものかと調べているうちに、PayPayは楽天カードと紐づけられることが分かりました。

それで楽天カードと紐づけていたのですが、1年以上前のことですっかり忘れていました。

それで「PayPay残高から支払い」ではなく楽天カードから支払うに切り替えてみました。

そうすると嘘みたいにあっさり決済が完了しました!

これで決済のエラーは解決してお店を無事に出ることができましたが、ほとんど使いもしないPayPayに4700円の残高が残ってしまいました。

前置きが長くなりましたが、これがこの記事の本題です。

PayPayの残高は使わないので送金料100円使うはめに

せっかくチャージした4700円がちゃんと使えたら、それで解決する話でした。

店の読みとりがうまくいかなかったために、PayPayの別の支払いで解決したものの、使いもしない残高4700円が発生してしまいました。

そこで「PayPay」「間違ってチャージ」でググりました。

するとPayPayのサイトからこのような回答が得られました。

このように書いてありました

  1. 「ウォレット」をタップ
  2. PayPay残高表示部の「内訳出金」をタップ
  3. 「出金」をタップ
  4. 希望の口座を選択
  5. 出金したい金額を入力し、出金するをタップ
  6. 完了すると振込み予定日が記載

記載通りにすると30秒でチャージ元のSBIネット銀行口座への振り込み予定日が記載されました。

しかしながら100円の送金料がかかるとしっかり書かれています。

せこい話ですが、こんなことになりました。

それで今度からやむを得ずPayPayを使う場合、このことを忘れないようにしたいと思います。

次回からやむを得ずPayPayを使う場合の個人的手順

現時点では楽天Payをメインで使うことは変わりません。

しかし楽天Payが使えない店ではやむを得ず、PayPayを使うことになります。

今後は下記の個人的手順を記憶しておきます。

というか、もし忘れたらスマホでこのブログを閲覧します。

  1. 自分はPayPayを使うときでもチャージなしで使えるはずと肝に銘じる
  2. PayPayのバーコードを「残高から支払う」を絶対に変更する
  3. 楽天カードを選択

これでエラーが出ずに決済できるはずです。今回の支払いがこれでいけたので。

ですがスマホのWi-Fiの速度が遅いとか、端末が調子良くないのが理由でエラーが出るなら、店に少し時間をいただき、スマホを再起動してもう一度同じ決済でトライしてみます。

万一、また同じ事でエラーやトラブルが発生したら、またその事を備忘録として記事にしたいと思います。

そんなお話でした。

終わりに(タブレットでコードを読むのはエラーが出やすい?)

QRコード決済が当たり前の時代になりました。

ですが、店によってはPayPayしか対応していなかったり、タブレットでバーコードを読み取るところもあります。

タブレットで読み込むのは、専用の機器よりエラーが出やすいと思いました。

結果的には支払いには成功しましたが、無駄なチャージをしてしまい、送金料100円消えました。

それは今後の勉強代と考えます。

今後は焦らず、もうちょっと落ち着いて対処したいと思いますし、同じ事ならそうできるでしょう。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

最後に関連記事をご紹介して終わりにします。

「楽天pay」期間限定ポイントだけ使うためレジの待ち時間に都度設定してみた

では。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました