小型のLED懐中電灯→自転車のライト代わりに十分使える!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

私の自転車の前輪のライトはタイヤとの摩擦で電気を起こして発電している安価なタイプです。

いつからか摩擦を起こしている部品から異音が出るようになり、ついにライトがつかなくなりました。

電球の玉切れではないので、ライトの本体ごと交換となるとまた費用がかかります。

ハンドルにライトをつけることも視野に入れました。

しかし取られたり、自転車本体をこかされて壊されたりするのも嫌なので、家にあった小型のLEDの懐中電灯を、カゴに入れてライト代わりになるか試してみました。

※注意点:緊急用には十分だと思いますが、ずっとこの記事で書いたようなままにすることは法律の観点からおすすめしません。わたしはハンドルに取り付けるタイプの安価なライトを購入しました。

 

LEDの懐中電灯は買うと結構な値段

家にあったのはこんな小さなLEDライトです。

どこにでも売っているようなタイプですが、買うと2500円くらいします。

2500円が高いと思うか思わないかは人によるでしょう。

以前に買ったものですが、今はあまり使っていなかったので、有効活用することにしてみました。

こんな小さなライトで大丈夫なのか…

前かごにライトを入れてみた

暗くなってから、前かごに光らせたライトを入れてみるとこんな感じです。

自転車に乗っている自分が前を見た時によく見える感じではありませんでした。

ですが電灯のない暗がりを走ることはないので、周りの家や店や電灯でそれなりに見えるので走行に支障はない印象です。

相手とすれ違う時に、これだけ光っていれば自分の存在を十分知らせることができる明るさです。

警察からも無点灯として注意されることもないでしょう。

なので、ライトがつかなくなった時に前かごに懐中電灯を入れておくのはありだと思います。

本当はライト本体を交換するべきなのですが、自分がためらっている理由を添えたいと思います。

ライト本体の交換をためらった理由

自転車の前輪のライトは簡単に不具合が出ます。

例えば、ライトの線が外にむき出しになっているため、すぐに切れてしまうんです。

自転車屋さんに持っていくと、その線が切れたら交換しかないですね…と言われてしまいます。

なのですぐに線が切れないように工夫しました。詳細は下の記事をご覧ください。

これで自転車前輪ライトの配線が切れなくなった!

これで、今まで切れたことがないのですが、今度は電気を起こすための摩擦の部品から異音が出るようになりました。

しかし、なんだかんだですぐ不具合が出るんですね…

自転車屋さんにもっていくと、またライト本体の交換しかないと言われそうなので、今回は持っていきませんでした。

比較的明るい道を走れば、懐中電灯で十分

私は自転車によく乗るのですが、だいたい通る道は同じです。

【体験】バイクと比較した自転車のメリット4選 

全く明かりがない道は、ライトをつけてもそれなりに危険です。

逆に夜でも比較的明るいところを走れば、ライトが正規のものでなくても自分の存在を知らせることができるので、全く暗がりの道よりは危険が少ないと思います。

それで、自転車にいいライトをつけるのもいいことではありますが、それよりも夜でも比較的明るい安全な道を走る方が安全効果は高いと感じています。

ということで、今回は前輪ライトの交換をしなくてもいい方法がないかどうか考えてみた、というお話をしました。

終わりに

自転車のライトがつかなくなった!

という場合に懐中電灯は代わりになると思いました。

できるだけ明るい道を走ることが前提の話ですが…

ただしライトを前かごに入れるだけの方法は、自転車に乗るたびに持参しないといけないのが面倒ですし、法律の観点からしても緊急対策ですね。

結局、自転車屋でライト本体を交換する代わりに、ハンドルに取り付けるタイプの安価なライトを楽天市場で購入しました。

ある程度時間が経ったので、簡単にレビュー記事を書きました。

よかったらご覧下さい。

楽天市場購入の自転車用小型LEDライト(1000円)の使用感

短いですが、この辺で終わりにしたいと思います。

では。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました