白いワイシャツについた革ひもの色移り→こうやって取れた(体験)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

友人から「シャツだいぶ汚れているよ」と言われました。

その時は自分では見えなかったです。

家に帰って服を脱いでみると、夏に汗だくの白いワイシャツの肩口にカバンの革ひもの色がベチャ!

左の襟にもついていました。

うわっ!これ洗濯で落ちるかなと心配になるほどの色移りでした。

結果的に素人洗濯でスッキリ汚れが落ちて白さが戻ったので備忘録として記事にしました。

洗濯前の汚れの程度の写真を撮り損ねたので、洗濯後の写真だけ載せておきます。

こういう時どうしたらいいのか、まずGoogle検索

「ワイシャツ」「カバンの革ひもの汚れ」で検索すると以下のような情報が得られました。

「50℃程度のお湯に漂白剤を加えて20分ほどつけてからそのまま洗濯する」

水よりもお湯を使う、20分ほど漂白剤でつけるがヒントになりました。

漂白すると脱色が気になるけど、シャツは白だからまあいいか、と思ってしまいました。

この言葉をヒントに自分なりにアレンジしてみました。

ググった情報をヒントに自分なりにアレンジしてみた

まずシャツをお湯につける場所に関してはお風呂を選びました。

洗面器など狭いものより広い場所の方がお湯につけ込みやすいからです。

次に漂白剤をお湯に混ぜるという点に関しては、漂白剤がなかったのでカビキラーを5回くらい噴霧しました。

お湯を沸かすのが面倒だったので水につけました。

理由はもし水で取れなかったら再度お湯につけてみることができますし、夏の水はそれなりに温度があるからです。

さて20分後、そのまま風呂場からシャツを抜き取って洗濯機で普通に洗濯してみました。

その後、洗濯機で洗濯して見事に真っ白に!

洗濯機にシャツを入れる段階ではだいぶ汚れの色が目立たなくなっていました。

とはいえ、少し色が残っていましたが…

それを洗濯機にかけて本当に落ちるのかどうか不安でした。

洗濯機で脱水も含めて30分のコースで洗濯してみました。

やったー!

上の写真のように真っ白になりました。

色移りってすぐにやれば落ちるもんなんですね〜。

襟についた茶色も白くなりました。

この写真は革ひもと襟がすれる部分を示したものです。

ここに細長く茶色がついてしまいました。

でも上記のつけ置きと洗濯で見事に真っ白になりました。

もうだめかと思ってあきらめずに、やってみるもんですね!

終わりに

汗だくの白いワイシャツについた革ひもの色移りの汚れは、結構ひどいように見えても真っ白に戻ります。

というか素人洗濯で戻りました。

今回はその体験を記事にしたわけです。

よかったのはシャツの色が白だったこと、汚れがついてから2時間以内に漂白剤につけ込んだことだと分析しました。

困ったことが起これば、まずググってみて、ピッタリの解決策が見つかればベストです。

たとえピッタリの解決策が見つからなくても、ヒントになるものは取り入れて自分で少し考えればなんとかなるものなんだな、と学ばされました。

そんな嬉しかった出来事をつづってみました。

参考になれば幸いです。では。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました