床ワックス塗り 髪の毛やモップ跡が残らない知られていないコツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

フローリングのワックスを塗った後、乾いた時に

「髪の毛を塗り込んでこんしまった」

「モップを塗り止めた跡が見える」

こうなったら嫌ですよね。

仕事でお客の家だったらクレームの原因になります。

それを防ぐためのちょっとした発見がありましたのでこの記事でお伝えします。

まず自己紹介から…

筆者の簡単な紹介

私は仕事でハウスクリーニングをしています。

主な仕事現場は賃貸マンションの2DK程度の空室です。

なんだかんだで30年経ちました。

ここでひとつだけ、個人的に気づいたハウスクリーニングのノウハウについて書いた記事を紹介します。

【ハウスクリーニング】少しでもはやくきれいに仕事するコツ2選

とはいえ、この記事は正式な仕事のノウハウを解説するものではありません。

作業をしていて、「こうすれば仕事の効率や質が上がる」と個人的に気づいたことを発信しているに過ぎないことにご留意いただければ嬉しく思います。

では本題です。

最初に床にワックスを塗る時になぜ髪の毛やモップ跡がついてしまうのか原因を考えてみました。

ワックスの塗り跡や髪の毛が床についてしまう原因

床にワックスを塗る前に掃除機やダスターなどで、髪の毛や埃を十分に除去しているのは前提の話です。

自分では十分に髪の毛を除去したつもりでも、床の角や隙間に髪の毛が挟まっていたりしています。

それがワックスを塗っている時に、モップに絡んでしまって塗り止めたところに、モップ跡と共に残ってしまった、

こんな感じで床に髪の毛やモップ跡がついてしまう場合がほとんどです。

ではどうすればいいのでしょうか?

ワックスを塗った後に髪の毛を残さないために途中でモップを止めない

まずワックスを塗る時に、結構たっぷりめに垂らす方が薄めよりもモップを何度も往復させずに綺麗に塗れます。

そしてモップはできるだけ床の木の目の方向に動かしますが、一度モップを動かしたら途中で止めないのがコツですね。

モップを止めたところに髪の毛やモップ跡が残ります。

最後の塗り決める時にモップをシュッと地面から素早く引き離すと塗り跡などが残りにくくなります。

それでもいいのですが、もっと確実に綺麗に塗るために養生テープを使います。

養生テープを使って枠外に塗り止めるスペースをつくる

面倒ですが、ワックスを塗る時には養生テープを貼って最後にモップを塗り止めるスペースをつくっています。

こんな感じです。

まだワックスを塗る前の状態です。

見えている部屋にワックスを塗ります。

養生テープを写真のように貼って、このスペースで塗り止めるのです。

そうすれば、たとえモップに髪の毛が絡んだとしても、部屋内でモップを塗り止めず、養生テープのスペースで塗り止めれば、そこに塗り持ってきた髪の毛をキャッチできます。

塗り終わった後、養生テープをはがせば塗り跡や髪の毛が残らずきれいに濡れていました。

部屋内はワックスを塗った状態、手前はまだ塗っていない状態です。

近くで見ても塗りムラや髪の毛はないですよね。

廊下もワックスを塗るので、玄関の靴脱ぎ場に養生テープを貼りました。

養生テープを貼った場所にモップを塗り止めます。

写真はワックスを塗った直後でまだ乾いていません。

見える範囲で床に髪の毛がついていないか確認しました。

何もついていませんでした。

万一髪の毛が残っていたらワックスが乾いていないうちに、そうっと爪で引っかいて抜き取ればOKです。

とにかくモップは途中で塗り止めないように考えて塗り進めるのが、髪の毛を残さないコツですね。

この記事でお伝えしたかったのは、ワックスを塗る時には、養生テープでモップを塗り止めるスペースをつくるということでした。

以前にも床にワックスを塗るコツを別の角度で書きましたので、参考になれば嬉しいです。

フローリングワックスを上手に塗り逃げするコツ(仕事経験)

終わりに

長年、清掃業に携わっていますが、床のワックス塗りは簡単なようで難しく感じています。

上手下手の差が出やすい作業です。

フローリングワックスがけで、どうしても床に髪の毛を残してしまうようでしたら、養生テープを貼って、モップを塗り止めるスペースを作るのは一つの手です。

そうすれば廊下にもモップ跡は残らないでしょう。

モップを塗り止めないからです。

ハウスクリーニングの他の分野でも仕事の効率や質を高めるために、個人的に気づいたことを記事にしてみました。

興味がおありでしたらご覧ください。

意外に手こずる雑巾にからみつく毛→その対処法【ハウスクリーニング】

ではこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました