MacBookのLINE通話→音質良好でハンズフリー!(おすすめ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

知り合いの多くがLINEを使うようになりました。

それでパソコンでLINEを使って通話できるならハンズフリーですね。

MacBookのLINEのアプリはそれが可能です。

LINEのアプリはApple製品で複数の端末で使える

LINEは一つのアカウントでiPhone、iPad、MacBook1台ずつで使用できます。

MacBookのLINEアプリで通話をためしてみました。

私が使用している端末はiPhone6s plusとMacBook Air2014です。

MacBookのLINEは、iPhoneよりも心地よいエコーの効いた音質でした。

それにMacBookでLINEアプリを起動させておくなら、iPhoneのLINEの着信があった時にMacBookからでも受信できるようになります。

MacBookのLINEで着信を受信する

MacBookでパソコン操作をしていた時にiPhoneのLINEに着信がありました。(念のためもちろんWi-Fi環境下での話です)

iPhoneから着信音が鳴ったと同時にMacBookからも着信音が鳴りました。

iPhoneとほぼ同じようなLINEの画面になり、下の方に緑と赤の丸いマークが出てきました。

緑で応答、赤で拒否することができます。

友人だったので応答しました。

えっと思って

相手に自分がパソコンのLINEを使っていることを伝えて、自分の声がどのように聞こえているのか聞いたところ問題なく聞こえているとのことでした。

ハンズフリーで話せるのはいいですね。

MacBookのLINEで別の相手にかけてみた

LINEで相手にこちらからかけたい時は以下のような画面から始めます。

というか正確に言うとすでに相手にかけている状態です。

前述の友人とは別の友人になります。

通話音質は先程と同じで両者とも問題ありませんでした。

今後自分が家にいる時は、相手にためらわずにMacBookからかけることができるようになりました。

自分がこれまでMacBookのLINEアプリが使いにくいと思っていた理由をここでお伝えします。

初めてMacBookからLINEを使用した時は何故か相手に自分の声が届かなかった

相手のLINEの環境

この記事を執筆している今から2ヶ月くらい前の話です。

上述の2人の人とは別の友人です。

ただこの見出しの友人は上述の2人と異なる点があります。

上述の友人は2人ともスマホのLINEでしたが、この見出しの友人は家のWi-FiでiPadのLINEを使用していました。

こちらからMacBookのLINEでかけてみました。

相手は受信しました。

こちらには相手の声はクリアに聞こえているのですが、相手にはわたしの声が聞こえにくいとのことでした。

初めてのMacBookのLINEだったこともあり、声を大きくするなど色々試しましたが、結局改善されませんでした。

iPhoneのLINEからかけてみると問題なかった

仕方なくこちらから相手の人にもう一度かけ直すようにしてみたところ、今度は両者問題ありませでした。

せっかくハンズフリーで、しかも画面の半分で該当資料を見ながら話せるのに

もったいないな

と思いましたが、

MacBookのLINEはまだ未整備なのかな

と思い込んでいました。2ヶ月経って使用してみると、(相手はスマホLINEですが)前述の結果となり、MacBookのLINEに問題があるわけではないことが分かりました。

相手がスマホであろうと、Wi-Fi環境のタブレットであろうと関係ないと思うのですが、、

あきらめずにMacBookのLINEを駆使してみたいと思います。

終わりに

MacBookのLINEを使ったことがない人は是非トライしてみることをおすすめします。

自分と相手の電波状況により絶対問題ないとは言い切れません。

ですが下記のようなメリットがあるのも事実です。

  • 通話料無料
  • 音質良好
  • ハンズフリー
  • 画面の資料を見ながら話せる

わたしのようにMacBookのLINEを使ってみた印象で

ダメだ、こりゃ

と思い込んでいる方もおられることでしょう。

ところがそんなことはありませんので、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました