【集金業】領収証合計金額ミスをなくすためのExcelの使用方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

集金の仕事には領収証の計算がつきものです。

長年のベテランでも時々こう思うことはありませんか?

数枚ならともかくたくさんの枚数になるといちいち計算が面倒…

間違いやミスもなくしたいです。

計算する方法は色々ありますが、電卓よりExcelで表を作成して入力する方が間違いは起こりにくいのでその方法を記事にしました。

これからお伝えすることはびっくりするくらい簡単なことです。

領収証の計算のためのExcelの表

ズバリこんな表です。

新聞の場合、銘柄によって金額がだいたい決まっています。

黄色の囲みはあらかじめ決まっている金額です。

もしイレギュラーな金額が出てくれば下に加えていきます。

 

その金額の枚数を入力するだけで自動で計算された金額が緑の囲みの欄に出てきます。

100枚以下の少ない枚数であれば、左3列だけでOKです。

入力ミスがなければ、合計額も絶対合います。

 

100枚以上になると一つだけの表より、横に同じ計算式の列を加えて複数の計算表にする方がやりやすいかもしれません。

それが上の青で囲った項目です。

8という区画で100枚、9という区画で100枚、13という区画で100枚と分けて計算しています。

すべての合計額が赤の囲み枠に自動で表示されます。

3つの区画に分けた理由は、領収証が300枚近くあり、集計しやすいのは一つの表で100枚までと思うからです。

8、9、13と数字が中途半端なのは、集計した金額を収めるお店がわたしに割り当てた区画番号なだけで、それ以上の意味はありません。

電卓だとExcelよりミスが出やすい

電卓だと金額と枚数全部をいちいち入力しなければなりません。

Excelだと該当する金額の枚数だけ入力するので、電卓より入力ミスが少なくなるのは当然ですね。

もし10枚以下の計算の時など、電卓の方がExcelよりやりやすい時はこちらのアプリをおすすめします。

iPhoneで一番見やすい計算機アプリはこれ!【計算機+】

終わりに

今回の記事はExcelの簡単な使い方の一例でした。

他にも色々活用できます。

これからもExcelの簡単で便利な活用法を随時紹介していきたいと思います。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました