耐えられない夏の暑さ 飲み水とエアコン代節約のわずかな工夫

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

2022年7月は世界各地で過去最高の記録的な猛暑になりました。

日本も例外ではありません。

とにかく暑さで倒れないようにしのぎたいと思います。

そのためには何と言っても水分が欠かせません。

2年前に熱中症になったことがあるので、とにかく水分は補給するよう心がけています。

大量の飲料水を買っておくのは一つの手です。

重たいし、買いに行くのは面倒ですよね。

そんなことしなくても、水道水でなんとかならないかなぁと思ったのが記事執筆のきっかけです。

水道水をペットボトルに入れて冷蔵庫で保存

わたしは50代男性で一人住まいです。

それでペットボトル2本に水道水を入れて冷蔵庫で保存してみました。

これで足りればいいのですが…

空になれば、満タン補給します。

そのボトルが必要になる頃にはだいたい半日は経過しているので十分冷えています。

家の中では昼も夜もエアコン28度に設定しているので、大量に汗をかくことなく過ごしています。

なので家で過ごす分にはペットボトル2本のリレーで十分です。

外に出ると日差しがすごいのでそんなわけにはいかないです。

夏の日中は極力外出は避ける

大阪府の夏は日中道路が日差しで焼き付いています。

そのような時には極力外出はしないことですね。

とはいえ、仕事で外出することがあるのでそんなわけにはいきません。

そんな時はペットボトルで冷やした水を水筒に入れて持参すると、自販機で買う飲料水が少なくてすみ経済的です。

PiTaPa いざという時自販機飲料の小銭代わり

熱中症になりたくなければ、なんとか外出を避けたいところですね。

それにしても大阪府の水道水って飲料水として大丈夫でしょうか?

大阪府の水道水ってそのまま飲んで大丈夫?

大阪府の水道水ってそのまま飲んで大丈夫?

と思われたことでしょう。

 

素人なので専門的な話は抜きにします。

あくまでもわたしの場合に関してですが、

冷蔵庫にペットボトルに水道水を入れてそのまま冷やしたものでも、一気飲みしなければお腹の調子が悪くなったことはありません。

ただし人の体調はそれぞれで水道水なんて絶対飲めないという方も少なくないと思います。

その点はご了承いただければ嬉しく思います。

簡単でしたが、今回はこの辺で。

終わりに

夏になると、エアコンの電気代と飲料水代がバカにならないです。

それでも下記のことでだいぶ電気代が節約できるでしょう。

  • できるだけ家にいて水道水を飲料水にする
  • エアコンは28℃に常時設定
  • 外出する時も水筒を持参

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました