風呂場のひどい石鹸カス汚れ→2時間かけてピカピカ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

わたしは30年以上清掃の仕事をしています。

同僚から夏の暑い最中でマンションの空室の風呂場のひどい石鹸カスの汚れを、2時間かけてきれいになったというレポートをもらったので備忘録として記事にしました。

この記事はプロの清掃のノウハウを解説することを意図した内容ではありません。

作業員の仕事レポートという視点でお気軽にご覧いただければ嬉しく思います。

最初にその風呂場のビフォー、アフターをお見せします。

清掃前の汚い状態と清掃仕上がり状態

清掃前はこのような状態でした。

バスタブのエプロンは外しました。

床は濃い目のグレーの色ですが、端の方から白い石鹸カスで真っ白でした。

前に住んでいた人も風呂上がりにシャワーで石鹸水を流水してくれたらこんなことにはならないと思います。

それともシャワーをあまり使わないで、体にひたすら泡状の石鹸を体につけまくってたのでしょうか…

掃除屋泣かせです。

でも夏の汗だくでの清掃後、このようにピカピカになりました。

これだけきれいになったら次の入居者にとっても十分でしょう。

酸性洗剤のつけ置き洗いで一発できれいになる?

清掃のプロの方でしたら、こう言うかもしれません。

酸性洗剤を汚れにたっぷり塗布してドアを閉め、30分後乾かないうちにシャワーで流し洗いすれば一発できれいになりますよ。

確かに上手にやれば、汚れはきれいに除去できます。

実際に30分ほど経つと汚れが洗剤に反応していい感じに取れやすくなっています。

スポンジに少量の洗剤をつけながらシャワーで流すと、面白いくらい汚れはみるみる落ちていきました。

それできれいになった〜と喜んでいたのでですが…

洗浄後、水気がある時はきれいに見えますが、乾くとうっすら白い… 残念…

再度洗剤塗布と流水でこする作業を繰り返す

あれだけ白い汚れがついていたのですから、一発で100%汚れを除去するのは困難でしょう。

流水でこする時に、汚れが完璧に取れているのを確かめつつ、進めていけるならいいのですが… まあ細かいところでしぶとい汚れが残るでしょうね。

だったら最初から2回同じ作業を繰り返すと割り切った方が楽です。

2回目は完全に仕上げるつもりで。

2時間かけてほぼ石鹸カスはなくなりました。

後、手こずるのが鏡のウロコ汚れです。

風呂場の鏡のウロコ汚れも根気で勝負

先程の写真の左上に鏡が写っています。

ご存じのように鏡についたウロコ汚れは厄介です。

鏡なので固いスポンジでガリガリこするとキズキズになって余計汚く見えます。本末転倒です。

なので洗剤をつけて汚れをうかせながら軽く流水していくのがベストでしょう。

【風呂の鏡のウロコ】酸性洗剤&流水しながらカッター刃でOK!

今まで色々やってみてそう思ったのですが、洗浄方法については業者によって賛否両論あるでしょう。

いずれにしても根気でできるところまでは汚れを除去しました。

汗だく作業になったので、作業中の暑さにも注意する必要があります。

気をつけないと熱中症になります。

風呂場にエアコンはないが部屋全体をできるだけ冷やす(夏場)

夏の暑い最中なので、エアコンが使えるなら部屋全体を適温にして作業するのが賢明です。

汗だくになって水をガボガボ消費します。

特に風呂場はエアコンが効きません。

風呂場で作業をしていてある程度時間が経ったら、面倒ですが風呂場から出た方がいいでしょうね。

自分では気づかず倒れてしまうことになるかもしれません。

夏の風呂場清掃は水着も一つの手

作業中の暑さ対策のため、水着を持参して風呂場を掃除する時だけ、着替えるのも一つの方法かもしれません。

シャワーがあるので、暑さを感じたら足や手など心臓から遠い部位に水をかぶるとそれなりに気持ちいいです。

とにかく暑い時は水分補給、室温調整の注意はどうしても必要です。

そうしないと、体力がある人でも疲れて頭が痛くなったりするかもしれません。

わたしみたいに50代になってくるとなおさらですね。

特に持病はなくてもです。

2年前に熱中症で微熱ですが発熱がありました。まだ軽くてよかったです。

余談になりましたが、今回はこの辺で。

終わりに

今回はわたしではなく職場の同僚が清掃したお風呂場に関して、自分の仕事体験を交えて記事にしました。

一定以上の汚れがひどいところは根気が入りますが頑張りましょう。

この洗剤を使えば一発できれいになるという宣伝を見かけますが、それは熟練した人の話です。

ネットの情報を見て騙されないようにしたいと思います。

どんなに良い道具や洗剤を購入しても、使いこなすには時間がかかります。

そう考えると、きれいになるまで2時間かかったとしても上出来!と言えるでしょう。

年中夏ではありませんが、夏場は自分が倒れないように水分補給と室温調整に注意することが大切であることを書き添えました。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました