ドアノブ周りについた手垢 塗装面には水拭きでOK

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

自分の家のトイレのドアノブ周りを3年くらい?放置していました。

ある時、結構手垢で黒くなっているのに気付きました。

知らず知らずのうちに手垢が結構ついていました。

このドアは塗装してあるので強い洗剤は使えないでしょうし、どうしたもんでしょ〜

とりあえず雑巾に水をつけて軽く擦ってみました。

雑巾に水をつけてこすっただけで簡単にきれいになった

意外なことにそれだけできれいになりました。

結構黒くなっていましたし、年数も経っていたので手こずるかな、と思っていましたが、すぐにきれいになってよかったです。

ついでに扉の裏はこんな感じでした。

表ほどではありませんが、うっすら汚れているのが分かります。

この面も水と雑巾で拭いてみました。

スッキリしました!

もともと大した汚れではなかったので…

ひょんなことでしたけど、学べたことがあります。

必ずしも強い洗剤や力を入れてこすれば汚れがきれいに落ちる、ということではないということです。

汚れはまず水で拭いてみる、それで取れなければ洗剤を加えていく

大は小を兼ねるとよく言われるので、強い洗剤を使えばどんな汚れも落ちると思いがちです。

でも洗剤が強過ぎると、塗装が剥げたりなど素材を傷めることがありますし、洗剤成分をすすいだり、拭き取ったりする手間がかかります。

水だけで汚れが落ちれば、その手間が不要です。

洗剤の費用もかかりません。

なので一見手間なようでも、まず水で拭いてみて落ちなければ洗剤を使ってみる方が、結局のところ労力が少なくてすむと思いました。

わたしはハウスクリーニングの仕事を30年ほどしていますが、少しでも無駄な労力を省くために色々考えてきました。

【ハウスクリーニング】少しでもはやくきれいに仕事するコツ2選

良かったらこの記事もご覧ください。

少しでしたが、今回はここまでにしたいと思います。

終わりに

ドアについた手垢の汚れは、数年経っているはずですが水と雑巾で簡単に落ちました。

いきなり強い洗剤を使うよりも、まず水で拭いてみて落ちない汚れは洗剤を試してみるという順序で清掃をしたいと思います。

一見面倒に思えますが、結局はその方が効率が良いと思ったからです。

もちろん、見るからにきつい汚れは最初から強めの洗剤を使います。

仕事の作業中のことではなく、自分の家でのふとした出来事から感じたことを書いてみました。

最後に関連記事をご紹介して終えたいと思います。では。

ハウスクリーニングの効率→決め手はメラミンスポンジ!

意外に手こずる雑巾にからみつく毛→その対処法【ハウスクリーニング】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました