キッチンのシンクは自転車のホイール磨き剤で鏡のような光沢に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

ハウスクリーニングの話題です。

今でもキッチンのシンクやガスコンロ置きの部分が鏡面のようなタイプが結構あります。

引越し後のキッチンって油のぶつぶつの汚れや金属の腐食など結構汚いですね。

一見きれいに見えてもよく見ると全面汚れているのがキッチンです。

だからきれいにするのに結構手間がかかりますが、裏技のような発見がありました。

自転車の錆び取り剤を上手に使うと鏡のように光ってくれることに気付きました。

そのことを綴りたいと思います。

因みにわたしはハウスクリーニング歴30年を超えました。

【ハウスクリーニング】少しでもはやくきれいに仕事するコツ2選

まずシンクや鏡面に付いている汚れは洗浄して全て落とす

当然ですが、鏡面を磨く前に付着、粘着している汚れは全て落とさなければなりません。

どうすれば効率よく洗浄できるかは未だに研究中です。

また自分が一番効率的だと思った方法をあらためてお伝えしたいと思います。

まずマジックリンなどの油落としの洗剤やメラミンスポンジで汚れを落とします。

続いて場所によっては金属たわしを使って強めに擦る必要があるかもしれません。

そうやっておおかた汚れが落ちました。

では本題はここからです。

タオルに自転車等のホイール磨き剤をつけて、磨きたい箇所を全て塗布

タオルに磨き剤をつけて、鏡面に滑らすように塗布していきます。

全面塗布できました。

タオルには黒グレー色のシンクの表面を若干削った汚れ?がついています。

つまり表面を一皮剥いているわけです。

それから別のタオルで塗布した磨き剤を拭き取っていきます。

拭き取りました。

うーん、なんとなく拭き跡がどうしても残っています。

その拭き跡をけすには?

磨き剤を拭き取った後にガラス用洗剤をかけて乾拭きする

拭き跡を消すのは簡単です。

ガラス用洗剤をスプレーで噴霧して乾拭きすればいいだけです。

そうするとキッチンの表面はこんな感じになりました。

洗浄前の写真撮影を忘れて残念ですが、結構油のぶつぶつ汚れや金属腐食がありました。

磨き剤で磨くことにより、シンクの表面を一皮剥いた感じになり、腐食が目立たなくなりますし、しぶといぶつぶつもごっそりとれて光沢が出てきました。

シンクの底に若干拭き跡が残っていますが、これだけなれば許容範囲ということで…

鏡面の光沢はきれいに見せるポイント

キッチンは使う人の立場で考えると、シンクを含め上記写真の鏡面が光ると他に汚れが少しあったとしてもきれいに見えます。

なので手間がかかりますが、洗浄後のシンク磨きは確実に行うことにしました。

同僚や他の業者に対して清掃仕上がりのクオリティーに差をつけるために。

もちろん他の部分の清掃も手を抜いてはいけません…

完璧に汚れを落とさなかったとしても、油のぶつぶつやベタっとした汚れは全て除去しなければならないでしょう。

今回はここまでにしたいと思います。

終わりに

ハウスクリーニングの作業者の方へ

写真のようなタイプのキッチンは、洗浄後にステングロスなどを拭きつけるよりも、磨き剤で磨いて拭き取る方がきれいに見えます。

これをすると確かに一手間かかります。

しかし、キッチンのみための印象はだいぶ変わることは間違いなしです。

清掃の仕上がりで他の作業者よりきれいにできるなら、労力対効果で余裕で価値ありです。

余裕がありましたら、是非お試しください。

最後にハウスクリーニングに関する裏技をいくつか紹介して終えたいと思います。

バスタブの黒水栓の白汚れ→メラミンスポンジが一番よく落ちる

床ワックス塗り 髪の毛やモップ跡が残らない知られていないコツ

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました