【自転車後輪の鍵リングの軸ずれ】両手で楽々と動かすことができる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事執筆のきっかけ

自転車の後輪の鍵のリングが、買ってからそれほど経っていないのに、軸ズレしてうまく入らなくなった。こういうことがしょっちゅうあると腹立たしいですよね。

しかし、リングを上手にはめるのもコツがあります。試行錯誤でやっとコツがつかめたので、今はこのことで悩むことはなくなりました。

そのコツとは、

右手で鍵を開け閉め、左手でリングを調整して確実にはめることです。

繰り返しているうちに、無意識に両手でその動作ができるようになりました。

この記事ではその体験をもとに、

  • 自転車の後輪の鍵のリングがずれて、うまく入らない時の、簡単な解決手順
  • リングはずれていないものの、動きが固くなった時に試すこと

をお伝えします。話の順序は

  1. 後輪の鍵のリングの軸ズレは結構ストレス
  2. 買ってそれほど経っていないのに軸ズレしてしまう
  3. 自転車屋さんに相談した時にもらったアドバイス
  4. リングのつまみを回すのはコツ
  5. リングの稼働部分は時々油をさす必要がある

の順番です。必要なところをご覧ください。

自転車の後輪の鍵のリングがずれると自転車のちょい乗りに支障

あなたは自転車で各家庭にチラシなどを配布する仕事の方ですか?

あるいは集金業などで自転車を止めては動かす、を繰り返すので頻繁に鍵を開け閉めする必要がありますか?

そうであれば、鍵の開閉がスムーズにいかないと業務に支障がきたしますね。

自転車屋に持っていけば、鍵の状態を見てもらって、修理で直りそうならすぐ修理できますし、交換が必要であれば、費用はかかりますが、交換ですぐ直ります。

ですが、自転車屋に持って行くのが面倒だったり、DIYが好きな人は自分でなんとかしたいと思うかもしれません。

 

自転車がコスパ最強! バイクを手放しても問題なし

 

私は今日、交換して1週間も経っていない後輪の鍵のリングがずれて、鍵をかけづらくなり、色々試してみましたが、結局何も分からず、我慢できずに自転車屋に持って行きました。

交換を覚悟していましたが、原因は本当に簡単なことで、すぐ直りました。

この状況であれば、自分でもなんとか出来そうなのでお伝えします。

交換して1週間も経っていないのに後輪のかぎのリングがずれて入らなくなった

ある時から、なぜか急にリングがずれて入らなくなりました。

これは困ったものです。

なんとか強引にかぎの開閉をしましたが、何度かそいうことが続いたので、交換覚悟で交換した自転車屋に持って行きました。

ここからは自転車屋がどのような手順で直したのかお伝えします。

自転車屋での修理の手順

まずスタッフが後輪のかぎの位置を確認すると、鍵を留めるネジの角度がもともとついてあった状態の位置ではなく、タイヤにスレスレについていたようです。

(それは交換時のミスだろ〜)

下の写真をご覧ください。

このネジの位置をタイヤとリングがぶつからないように、余裕ができる位置に調節しました。

続いてスタッフがかぎの開閉をしてみるとスムーズに入りました。

一方、私が、開閉でつまみを動かすと、なぜか半分くらいのところまでは動くのですが、そこからうまく入りません。

何度か試してみたけど、同じことでした。

そこで自転車屋にアドバイスをもらいます。

実はもともとリングは歪んでおらず、つまみの動かし方に原因があった

私は以前からずっとこのタイプのつまみは、指で横から可動部分に沿って動かしていました。

それがトラブルの原因みたいで、可動中に私の力の入れ方では、てこの原理が働いてしまい、リングが上にそるような動きになってしまい、うまく入らないという現象が生じてしまうようです。

つまみの動かし方のコツ

私の場合は、つまみを上から心持ち押さえるように動かすと、収容の方にカチッと収まるようになりました。

何度かやりましたが、これでうまく収まるようになりました。

黒の矢印のつまみを、上から押しながら横から下げるのか、どちらが動かしやすいか試してみてください。

スタッフの人はつまみの横からスーッと動かしていました。

多分、心持ち下に押しつつ可動させているのだと思います。

スタッフの動かし方からすると、つまみの持ち方は横から動かすのが正道のようです。

横から動かすとどうしてもずれる方は上から少しだけ押すような感じで動かしてみてください。

うまくいくと思います。

つまみには無駄な力を加えない、上手な動かし方があることが分かりました。

無駄な力が入ったままの動かし方では、ブレーキの可動部分の傷みが早くなります。

本当にリングが歪んだら?

両手を使って動かす

2020年9月23日、またまた動きがスムーズでなくなったので、自転車屋に持って行ったら、今度はリングが歪んでいると言われました。

自転車屋で油をさしてもらって、(100円の工賃)油なんか自分でさしたら良かったのですが、

アドバイスをもらいました。そのアドバイス料ですね。

左手で鍵を動かしつつ、右手でリングを穴に向けて進むように押さえながら開閉するのがコツです。

写真の文字が見えにくいですが「ここの部分を右手のひとさし指で穴に入るように押さえながらゆっくりしめる」と記載しています。

何度かやってみましたが両手を使うのは結構面倒です。

2020年10月31日追記:

慣れると感覚で右手が動いてくれるようになり、ほぼ一発で入るようになりました!

リングが多少歪んでも右手でうまく調節して入れたら一発で入るようになります。

体験上このタイプの鍵はすぐ壊れます。

何とかならない物でしょうかね。

上記を試してどうしても面倒なら交換をオススメしますが、また同じことがすぐ起きます。

新品交換は確実で早いですし、安いものだと工賃込みで1200円くらいです。

安く大量生産しているので壊れやすいのはリスクっぽいですね。

高いのはもうちょっと丈夫なのでしょうか?

全然丈夫さが違うのであれば、ここの鍵は安物ではない方がいいと思います。

可動部分が固くなってしまったら?

多分動きが固くなった理由は

  • 雨でさびた
  • 内部の油分が固まった

と考えられます。

なので対処法としては、自転車に使うオイルをカギの可動部分にさしますが、数十分から1時間位してから、徐々に少しずつ動かして様子を見ます。

CRC-556を使う手もあります。

これだったら注した後、十数分放置すれば動きはスムーズになるでしょう。

注意点として、垂れてくる油分をリムに付けない事です。

もしリムに油分が付いたたまま放置してしまうと、次に走った時のブレーキ鳴り(ブレーキーを効かせた時の「キーー」という音)の原因になってしまいます。

終わりに

このブログでは下記の困ったことに関する解決法をお伝えしました。

  • 突然リングがずれてうまく入らなくなってしまった問題の超簡単な解決手順
  • リングはずれていないが、動きが固くなった時に試すこと

実際はリングがずれているのではなく、つまみの動かし方で力の加減と方向がポイントでした。

いつでも可動部分をスムーズに動くようにするために、オイルかCRCをさしましょう。

自転車の後輪のかぎの開閉がうまくいかない時に、この情報がお役に立てば幸いです。

 

追伸:前輪のライトの線がすぐ切れてしまうことに困っていませんか?

1分で解決しました。参考までにご覧ください。

 

自転車の前輪ライトの外の細い配線を切れなくする方法

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました