スポンサーリンク

ノングレアのフイルムでスマホの画面による目の疲れや痛みが劇的に改善された話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログで分かること

  • パソコンやスマホの画面はどれほど目に負担がかかるのか
  • パソコンの画面はできるだけ見ないのが最善
  • ノングレアフイルムの使用で目の負担が劇的に改善された体験

はじめに

パソコンの業務で半日以上目を酷使し、なんか目がチカチカしてきたりして、夜寝る頃になると目の奥が偏頭痛のような鋭い痛みを感じることがありませんか。

私は時々あります。パソコンを使用しないのが一番いいのでしょうけど、そんなわけにはいきませんよね。色々な方法を試してみた結果、目に負担をかけない一番良い方法は、

タブレットにノングレアのフイルムを貼って、できるだけタブレットで閲覧や編集を行い、どうしても必要な時だけパソコンで作業する

と思いましたので、シェアしたいと思います。

パソコンの画面はなぜ目によくないのか

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、ブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトとは

一般に私たちが「光」と呼んでいるものは、電磁波のうち、人の目で見ることのできる可視光線のことです。

可視光線の波長は、およそ400~800nm(ナノメートル)で、ブルーライトは380~500nmです。400nmより短くなると紫外線、700nmより波長が長くなると赤外線と呼ばれます。

目の角膜や水晶体は、およそ350nm~800nmの波長を透過させますが、それより外側の電磁波(光)は透過できません。つまり、ブルーライトが、網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光になります。

ブルーライトによる目の負担を軽減するために

デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけるといわれています。厚生労働省のガイドラインでも

「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」

ことが推奨されています。約20年前と比較すると、省エネ化でLEDが普及したことにより日常生活におけるブルーライトの暴露量が増えています。

ブルーライトの放出量は各デバイスによっても異なりますが、パソコンやスマートフォンからのブルーライトには特に注意が必要です。

ノングレアフイルムでディスプレイから発するブルーライトを軽減する

iPadとiPhoneにはノングレアのフイルムを貼りました。何のフイルムを貼っていないパソコンの画面よりずいぶん目が楽になりました。

iPadにもノングレアのフイルムを貼っています。もう、何度か貼り替えましたが、今のところ品質に満足しています。最近PCにもノングレアのフイルムを貼りました。目の疲れが劇的に改善されました。

なぜかiPhoneの方がAndroidスマホより目に優しい

以前はAndroidスマホとiPhoneの2個持ちでした。確かにAndroidスマホにはiPhoneにはないメリットがあり、制限の高いiPhoneと比較すると自由度の高いAndroidでその短所を補っていました。

両機ともノングレアのフイルムを貼っていたのですが、なぜかAndroidスマホのディスプレイはiPhoneと比較して目が疲れることに気づきました。これにはデータや根拠は見出せないので体感の問題かもしれません。

いずれにしろ、目に負担がかかるとあらゆることに支障をきたすのでiPhoneは値段が高いと言われますが、iPhoneにしてよかったと思います。結果的にAndroidスマホは売り、iPhone1本に絞りました。

1年以上経ちますが、スマホは1つで充分ですね。iPhoneの欠点は画面が小さことなので、iPadで補っています。

1時間のディスプレイ作業を行った後は15分休憩する

パソコンに座る時は50分のタイマーをかけるようにしています。仕事内容によっては、キリの良いところまでやってしまいたいと思うあまり、時間のことをつい忘れて、長時間パソコンのディスプレイで目を酷使してしまった、ということになるからです。

予防は治療に勝ると言われるように、目が痛くなってから対処するよりその時は1時間以内の作業しかできませんが、長い目で見ると効率も良くなったことを感じています。

サプリメントの効果

目に良いとされるサプリメントではブルーベリーがよく知られています。なぜ目に良いのでしょうか?

ブルーベリーの「色素」が目に関係しているからです。

濃い青紫色の果実であるブルーベリーの青紫色の「アントシアニン」が「目に良い」と言われる成分と関係しています。

確かにアントシアニンはブルーベリーだけでなく、ナスや赤かぶ、赤シソ、紫いもや他のベリー類にも含まれていますが、ブルーベリーの場合は中までしっかり青紫色に染まっています。そのため、他の野菜や果物に比べて含有量が多いのです。

このアントシアニンは、ポリフェノールの一種です。体内ではロドプシンという視覚に関するたんぱく質の合成に関わっており、視機能の改善や視力低下の防止、白内障予防にも効果があることから「目に良い」と言われています。

時々、パンのジャムとして、ブルーベリーを使用したり、サプリメントを買ったことがあるのですが、効果はそれほど感じませんでした。

ディスプレイの白黒反転の効果は?

iOSの場合、反転モード(夜モード)にするのはかなり簡単です。

トリプルクリックで反転にすればいい話ですが、私が使用しているiPad Air2では「設定 > 一般 > アクセシビリティ」の、画面表示とテキストサイズを選択します。反転(スマート)にすると黒背景に白字になります。ちょっと面倒ですね。

ホームボタンのトリプルクリックだけで文字の反転ができるなら、この機能の付いたiPhoneにするのも価値があると思います。ちょっと面倒ですがこまめに文字を反転させることは目には優しいかと思います。

残念ながら私が使用しているMacBook Air2014は、文字を反転するのにボタン5回くらいの動作が必要です。次にパソコンを買い換える時は、その機能がついたパソコンを狙いたいと思っています。

終わりに

この記事では以下のことをお伝えしました。

  • パソコンやスマホの画面はどれほど目に負担がかかるのか
  • パソコンの画面はできるだけ見ないのが最善
  • ノングレアフイルムの使用で目の負担が劇的に改善された体験

ブルーライトのパワーで目に負担をかけすぎますと、痛烈な痛みが生じることがあります。なので色々試してみた結果、ノングレアのフイルムを貼ったタブレットを使用してパソコンのディスプレイを見る時間をできるだけ減らすという方法が一番効果を体感できました。

サプリメントは残念ながら直接効果を感じませんでした。ディスプレイ反転は効果を期待できそうなのでスムーズにできるような方法も探ってみたいと思います。

私と同じようにディスプレイによる目の疲れや痛みによるストレスがある方にお役に立てば幸いです。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました