自転車ヘルメット→盗難防止のため駐輪時にどうするか考える

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

2023年4月から、自転車に乗る人全員にヘルメット着用の努力義務が課せられることになりました。

現時点では、自転車によく乗る人でもヘルメット着用している人は少数だと思います。

わたしはまだヘルメット着用していません。

しかし、4月までにヘルメット購入も視野に入れる必要があるのかなと思いました。

そこでちょっと困るのは、駐輪時にヘルメットをどうするかということです。

わたしと同じように、そのことで幾分ストレスを感じた人も少なくないかと思いましたので、4月までにどうすることができるか考えてみました。

駐輪時にヘルメットをどうするかの参考例

今でも自転車走行の際にヘルメットを常時着用している人は、この改正道路交通法の実施は関係ないでしょう。

自転車のヘルメットは意外にコンパクトにおさまるのでしょうか。

バイクのヘルメットほどかさばらないのかもしれません。

だったらいいのですが…

今思いつくのは以下のような案ですが、どれもデメリットもついてきます…

  • ヘルメットを自転車に装着できるような技術開発に期待する
  • 前かごにカバーをかけて中が全く見えないようにしてそこに入れる
  • 駐輪する時はいつもヘルメットを持ち歩く

それぞれ補足します。

ヘルメットを自転車に装着

NP法人自転車活用推進委員会はこういう方針です。

「努力義務化はいいことです。同時にヘルメット着用を進めるための環境整備が必要です。」

そうなると、ヘルメットを盗難防止などを含めて自転車に装着する技術が求められます。

それは今でもあるのでしょうけど、今まであまり気にしていませんでした。

なので素人のわたしにどうのこうの言えることはありません。

実際にそうしている人に聞くか、検索して情報を得て、またの機会にまとめてみたいと思います。

印象として誰からも見えるような装着の仕方はちょっと不安ですね。

狙われたら簡単に取られそうな気がして、、

それだったら次の方法の方がまだいいような気がします。

前カゴに見えないようにして置く

よく前カゴに全面カバーをしている自転車を見かけます。

中は全く見えません。

おそらく普通の人はスルーすると思います。

しかしながら、狙っている人にカパッと開けられたら一発で盗まれてしまいます。

なので絶対大丈夫だとは言えません。

カバーがかかっているバイクなどが盗難確率が下がります。

同様にヘルメットも見えないように置くことで盗難確率は下げられると思います。

長時間駐輪でなければ、の話です。

長時間駐輪するなら、手元に持っておくか、行き先が室内ならそこに保管した方がいいと思います。

ヘルメットを持ち歩く

ヘルメットが荷物になってしまうのでちょっと面倒です。

行き先が決まっていて室内だったらそこに置いておくのがベストでしょう。

ところが、集金業のようにちょっと止めてはまた動かす、しかも外回りとなると間違いなく手荷物が増えてストレスになります。

ヘルメットを手持ちできるアクセサリーで解決できるかもしれません。

これについても、もうちょっと調べてみようと思います。

コンパクトなヘルメットを選ぶことは手持ちのストレスを軽減する助けになるでしょう。

そもそも論に戻りますが「努力義務化」をどう解釈するかで対処法も違ってくるでしょう。

ヘルメット着用努力義務をどう解釈する?

2008年に実施された改正道交法で13歳未満の児童や幼児が乗る時に保護者がヘルメットをかぶらせる努力義務が定められました。

でも定着していないようです。

新聞記事を引用します。(一部改変)

警察庁によると、2021年に自転車乗車中に死亡した361人のうち、ヘルメットを着用していなかったのは336人です。

約93%です。

死傷者でみても、着用していなかったのは全体の88.5%で、すでに努力義務のあった小学生でも72.3%が非着用でした。

法が実施されてからヘルメットを着用しなかったとしても、罰金が課せられることはまだありません。

前列からして当面はあってないようなものになるでしょうか。

今でも自転車が歩道を通ることはよくありますし。

ただ少なくとも4月からはすべての人がヘルメットを着用する努力義務があることは意識しておいた方が賢明ですね。

今お伝えできることはそんなところです。

終わりに

自転車走行中にヘルメットを着用するかしないか。

事故にあったときの衝撃を考えると着用した方が賢明なのは間違いありません。

たいてい頭部にダメージを受けます。

ヘルメット着用に努力義務に備えて、自転車を駐輪する時にヘルメットをどうするか考えておきたいと思います。

今のところ、できるだけコンパクトなヘルメットを選んで手持ちにするのが無難でしょうか。

前カゴに見えないように置いておくのが楽でしょうか。

自転車に装着する技術開発を活用するのがベストでしょうか。

もう少し色々検討して4月に備えたいと思います。

最後に自転車に関して以下のようなことを過去に書きました。興味がありましたらご覧ください。

【自転車サドルの盗難】サドルロックは必須!10年以上被害なし

これで自転車前輪ライトの配線が切れなくなった!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました