カッター刃で指先の怪我 完治までの日数は約1週間(体験)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

不覚にも、刃がむき出しになっているカッター刃のとがっている箇所に左手の中指の先が触れてしまって、血が噴き出してしまいました。

えっ、ちょっと触れただけなのにこんなに赤い血が出てくるとは…

出先だったので、とりあえず手元にあった白いタオルで止血しました。

たまたま仕事の作業が終わった直後の出来事だったので、支障が出なくてよかったです。

でも、完治するまでのしばらくの間、片手が思うように使えないのは結構不便です。

それに痛みも残っています。

今後のために、このような怪我の場合、何日くらいで治るのか記録をとりながら、同じことを繰り返さないためにできることを考えてみたいと思います。

まずは怪我した時の状況からお伝えします。

指先を怪我した時の状況

その日は、ハウスクリーニングの仕事をしていました。

例としてこんな場面でカッター刃を使うことがあります。

【風呂の鏡のウロコ】酸性洗剤&流水しながらカッター刃でOK!

幸い、作業中は怪我をしませんでした。

作業が終わって道具を片付けていた時に、左手で細かい物を拾おうとしたら、むき出しになっていたカッター刃で指先がスパッと切れてしまいました。

我ながら不覚でした。

自分に怒ってもしょうがないので、とにかくそこにあった白いタオルで止血しました。

仕事道具の白いタオルで止血

仕事で白いタオルがいくつか残っていたので、指先の患部をそれで15分ほど抑えました。

まだ出血が止まる様子がなかったので、諦めてそのままじっとしていました。

とにかく出血を止めないと…

こんな思いでいっぱいになりますね。

さらに15分ほどしてから、まだ出血は止まっていませんが、おさまるのを待っていても何もできないので近くのコンビニにバンドエイドを買いに行きました。

間が悪いことに、道具箱にバンドエイドを入れていたのですが、しばらく使っていなかったため、しなびれてダメになっていました。

とほほ… です。

タオルで抑えながらですが、30分ほどでなんとか動けるようになってきました。

バンドエイド2つで固定

バンドエイドをコンビニで買ってから、一つでは止血するのに十分ではなかったので、2つ使いました。

指先をまずぐるりと巻きました。

その上から折り返すように貼りました。

こんな感じです。

止血に関しては慣れていないので、最善の方法かどうかはわかりませんが、それなりにガッチリついています。

翌日の朝、12時間経過しました。

出血は止まっているように見えますが、若干痛みは残っているのでもうしばらくこのまま放置しようと思います。

さてここから本題ですが、何日くらいで完治するのでしょうか?

何日くらいで完治するか 経過の記録

この記事の執筆は怪我した日の翌日です。

ここに随時経過を書き加えていきます。

怪我した日の翌々日はこんな状態になりました。

バンドエイドを外してみると出血は止まっていました。

患部に触れると少しまだ痛みます。

周りがザラザラで、バンドエイドの匂いがあります。

だいぶ回復しましたが、完治まではまだかかりそうですね…

 

土曜日の朝の指の様子はこんな感じです。

切れた箇所はまだ赤いです。

患部に触ると痛みは少しあります。

それでも食器洗いやシャンプー程度なら、だましだまし左手もバンドエイドなしで使えるようになりました。

怪我した日は火曜日夕方でした。

それで4日経ったらバンドエイドは不要になるけどまだ完治ではないという経過です。

 

1週間経った火曜日の朝の経過です。

患部を抑えても痛くなくなりました。

シャンプーや食器洗いを素手でやっても支障はありません。

やっと両手が自由になりました。

まだよく見ると患部が凝固されている跡がまだ残っているので、不必要に負荷をかけないようにしたいと思います。

全く傷跡がなくなったわけではありませんが、支障がなくなるまではほぼ1週間という事が分かりました。

完治までは10日間かかる

その後、4日経過した土曜日の朝、全く患部は気にならなくなりました。

写真を撮るとこんな感じです。

7月5日に怪我をして、今は7月16日なので完治までは約10日間です。

やれやれ、怪我をした時はどうなることかと思いました。

医者に行かずにすんでよかったです。

今後のために教訓を考えてみました。

二度と同じ怪我を経験しないために

指先を怪我すると仕事に支障が出るので気をつけて作業してきました。

通常ゴム手袋をして清掃しますが、やりにくい箇所は素手で作業することがあります。

素手で作業しているとしても、気が張っているのでそういう時は怪我には至らないことが多いです。

その証拠に道具箱に保管していたバンドエイドがしなびれるほど怪我とは無縁でした。

ところが…

怪我をした時は、作業後の片付けの時です。

やれやれと少し気が抜けた時のことだったのでしょう。

思わぬ時に災いはやってくるものですね…

それにカッター刃を使用した後は刃を引っ込めるべきでした。

気が抜けていても鋭利な物さえなければ、怪我には至らなかったので…

しかしながら、人間ですから気をつけていてもやらかすことはあります。

仕事中に指先を怪我したらどうしたら良いのでしょうか?

もし仕事中指先に怪我をしたらどうしたらいい?

今回の出来事から感じたことです。

怪我の程度によりますが、まずは止血することでしょう。

包帯など完備された救急箱を備えておくことは賢明です。

わたしはそれを怠っていました。万一のために買い揃えておきます。

もし救急箱やバンドエイドがない時は、タオルなどで出血を抑えます。

30分ほどは動かない方がいいでしょう。

おそらく30分では完全に出血を止めることはできませんが、動かないわけにもいかないので、バンドエイド2つで固定しました。

まあなんとか、誰の手も借りずに帰宅することができました。

ですが、左手を思うように使えないので、数日間は風呂に入る、皿を洗うなど日常のことには不便です。

清掃の仕事にはさらに支障が出ます。

ぐっとこらえて完治するのを待つしかないですね。

だから何日で治るのか、記録しておきたいと思いました。

終わりに

怪我を未然に防ぐために自分でできることはあります。

鋭利な物を置きっぱなしにしないことです。

でも気をつけていても思いも寄らないことも起こります。

怪我をしたら、30分は止血のために時間を充てるのが賢明だと思いました。

何はともあれ、思わぬことで怪我をなさった方にも少しでも参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました