セロテープを貼った千円札でも自販機をスルーして使えた話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

使おうとして取り出した千円札に、よく見ると千円札が貼っていました。

えっ!これじゃ使えないじゃん!

一瞬そう思ってしまいました。

悩んでいても仕方ないので近くの自販機で缶コーヒーを買ってみました。

するとすんなり使えたのです!

自販機はセロテープはスルーしてくれるんだ、と新たな発見がありましたのでこの記事ではそんなお話を簡単にしてみたいと思います。

その前になぜセロテープなんか貼った千円札を自分の財布に入っていたのでしょう?

そこから始めます。

セロテープを貼った千円札は集金業で渡されたお金

自分でお札にセロテープなんか貼った覚えはありません。

ではなぜ自分の懐にそんなお札があったのでしょうか?

実はわたしは新聞の集金のスタッフをしていまして、お客さまから千円札を受け取ることが多いです。

金額が4400円か4200円なので、、

久々に新聞集金でやる気が出た体験→初対面の新規顧客から心遣いを受ける

あんまりボロいお札を受け取るとすぐに気づくのですが、セロテープを貼ったこのお札を受け取った時には全然気が付きませんでした。

受け取ったお札は綺麗だったのだと思います。

それに4枚渡されるので、真ん中の2枚の状態は気づきにくい要素もあります。

それで自分の手元にしばらく潜んでいました。

セロテープを貼ったお札は顧客の釣銭には使えない…

ある時、お客さまから1万円札を渡されました。

釣銭を渡す時に取り出した千円札にセロテープが貼ってあったのです。

それに気づいたので、その時はそのお札は引っ込めて別のお札を渡しました。

その集金後、こんなお札、釣銭に使えないじゃん!と思ってしまいました。

やられた〜 と思ってしまいました。

が、忘れないうちにコンビニで使ってしまおうと思いつきました。

コンビニの買い物でそのお札を消費できる?

しかしよく考えたら、、

どうしよう、コンビニの支払いで使うか、、

今はレジスタッフがお札を数えるコンビニが減っています。

レジの機械に現金を投入するのが主流になってきています。

どこのコンビニがお札を手で数えるのか、記憶がありません…

人のいる前でそのお札がレジの機械に拒否されたらややこしいので、自販機で試してみようと思いつきました。

別に喉が乾いていたわけではありませんが、近くの自販機で缶コーヒーを買いました。

もったいな〜

でも意外でした。

そんなセロテープを貼ったお札でもすんなり使えたのです!

自販機でセロテープを貼ったお札がすんなり使えた!

近くにあったのはこの自販機です。

KIRINですね。

その千円札を入れてみました。

するとすんなり反応してくれました。

やった〜!

缶コーヒーも今時100円だったので安い方だと思います。

これでこの千円札はわたしの手元からなくなりました。

それからこの記事を執筆したので、千円札の現物を写真に収めることができませんでした… 残念。

参考までに文字説明になりますが、どんなふうにお札にセロテープが貼ってあったかお伝えします。

どんなふうにお札にセロテープが貼ってあったか

お札にハサミかカッターで切り込んだような跡がありました。

手で破ったような跡ではありませんでした。

そこに普通のセロテープの半分くらいの幅で綺麗に貼っていました。

手で剥こうと思ったのですが、余計汚らしくなると思ってやめました。

それでもセロテープの光沢があったので機械をスルーするかどうかが心配でした。

上記の販売機はいけました。

コンビニのレジや切符売り場などはスルーできるか

試したことがないので分かりません。

ですが、駅の切符売り場の販売機や最近のコンビニの現金の読み取り機は精度が高いため、セロテープをスルーするような甘い審査ではないと思います。

このことをきっかけにまた試したいと思います。

それでボロくなったお札を手渡されて使いづらくなったら、上記の自販機のような精度が高くないと思える自販機の投入をおすすめしたいと思います。

自分が実際に使えましたから!

後は現金の処理をスタッフがしているコンビニで使うことですね。

よほどボロいお札でない限りすんなりスルーできると思います。

自宅から近所にあるそのようなコンビニをきちんと記憶しておこうと思いました。

では結論です。

終わりに

繰り返しますが、セロテープを貼ったお札でも自販機で使えました。

それで人から渡されたお札にセロテープが貼ってあったという時は、以下のようにして使ってしまえばいいと思います。

  • スタッフが現金を扱うコンビニで買い物をする
  • 比較的古めの自販機で飲料を買ってみる

精度が高そうな販売機でそのようなお札が使えるかどうかは、駅の切符売り場でまた試してみたいと思います。

そんなふとした出来事を記事にしてみました。

ここまでご覧いただきお疲れ様でした。

何かの参考になれば嬉しく思います。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました