残念!iPhone6の手帳型ケースはiPhone7には支障あり 買い替え必要(体験)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

iPhone6 plusとiPhone7plusは機種の大きさは変わりません。

なので機種替えしても、古い手帳型ケースもそのまま使えるかなと思っていました。

実際に新しい機種にはめてみると、確かにどちらでもきちんとケースにはまります。

でも支障が出ることに気がつき、結局iPhone7 plusの手帳型ケースを購入し直しました。

この記事はそんな失敗談です。

本題に入る導入として、自分がiPhoneを機種替えした理由と届いた機種の状態を簡単にお伝えしてから話を進めていきたいと思います。

今時、中古iPhone6 plus→7plusに機種替えした理由

今までiPhone6 plus(docomo版)ストレージ16Gを使用していました。

今では、ちょっと古い機種だと思われるかもしれませんね。

ですが、端末自体に不具合はなくサクサク動くので2022年12月現在でもまだまだ使える機種だと思っています。

iPhone 6sではマイナポイント申請できない→機種替えの必要はない(私見)

ある時、楽天市場でiPhone7 plus(SIMフリー版)ストレージ128Gが中古で1万7000円程で売ってました。

調べるとYahooショップや他のサイトでも同様の端末がいっぱいありました。

iPhoneが中古でも1万円台で買えるのだったらこの際買っておこう、と思ったのが買い替えの理由です。

楽天市場がメインで使い慣れているので、最安ではないかもしれませんがその中から機種を選びました。

中古で1万円台のiPhoneの機種の状態

機種は2日後に届き、中古でも外見はきれいでした。

ケースをすれば、中古であることは何も気になりません。

バッテリーは80%ほどの状態でした。

使用してみたところ、時々の電話やLINEやメールのやり取り、QRコード決済などの使用程度なら、朝に満タンに充電すれば1日十分もちます。

動画視聴や、ゲーム用途にはこのバッテリー状態だと無理っぽいですね。

では本題です。

iPhone6plusと7plusではカメラの位置が異なる

早速iPhone6 plusで使っていた手帳型ケースに、中古購入したiPhone7 plusをはめてみました。

大きさは一緒なのでカチッと入りました。

それで写真を撮ろうとしてカメラをかざすと変な現象が起きました。

下の写真のようにカメラの半分が暗いという現象…

もしかして、この機種カメラが傷物?

と思ってケースを裏返しました。

お分かりでしょうか?

ケースとカメラの位置がずれています。

そういうことですか。カメラの不具合ではありませんでした。

なので、iPhone6plus→7plusに機種変するとケースも変えなければならないことがはっきりしました。

仕方ないので同じ色で1500円くらいの手帳型ケースを買い直しました。

では写真さえ撮らなければそのまま使えるのか、

という点に関しては、他にも不具合があるからです。

Apple  Payを使うためにもケースは新調した方が良い

これが新調したケースです。

同じ色で以前のケースとほぼ遜色ありません。

カメラの位置がきちんと合っているので、写真も問題なく撮れます。

写真だけでなく、古いケースだとApple Payを使うのに支障が出ます。

以前のケースだとFelica機能の穴が隠れてしまいます。

逆にこのケースの場合、Felica機能が使えるような穴の位置になっています。

それで交通系ICカードのSuica、ショッピングでQUICPayやIDが使えるようになります。

実際、通勤の際にSuicaを使ってみました。

通勤でApple PayのSuicaを使ってみた

iPhone7plusに変えてから初めて通勤でApple PayのSuicaを使ってみました。

※モバイルSuicaの方ではありません。このアプリを使うメリットもあるみたいなので、また試してみたいと思います。

Suicaはプリペイドなので事前にチャージする必要があります。

最低金額1000円をチャージしました。

改札口のタッチする部分にFelicaの穴のところをかぶせると、ピッと音が鳴って簡単に通過できました。

通過する前に何もする必要はありませんでした。

事前のチャージがちょっと面倒ということを除けば、使い心地は良いものでした。

改札口を出た後、残高を表示してくれます。

なので残高が減り、不足しそうな時にチャージすればそれでしまいな話ですが、いちいちチャージする手間をどう考えるかですね。

今もPiTaPaを使っていますが、ポストペイなのでいちいちチャージの必要がありませんでした。

しばらく使い比べてみて、PiTaPaとSuicaの使用感をまたお伝えしたいと思います。

自販機でQUICPayを使ってみた

QUICPayを使える自販機で缶コーヒーを買ってみました。

  • ドリンクを選ぶ
  • QUICPayをタップする
  • iPhoneのFelicaをタッチする

で簡単に買えました。

これだけでもiPhone7plusに変えてだいぶ便利になりました。

終わりに

iPhone6plus→7plusに変えたら、手帳型ケースも変える必要があります。

主な理由は下記の通りです。

  • カメラがうまく使えない
  • Apple Payがうまく使えない

安いのでよければ1500円くらいで購入できますし、カメラとApple Payがうまく使えるようになるので無理に古いのを使うより、さっさと買い替えた方がいいと思います。

個人的にはこれでストレスなくiPhone7plusが使えるようになりました。

最後に、今まで頑張ってiPhone 6plusを使っていましたが、機種替えしたため今となっては備忘録になってしまった以前の記事をいくつか紹介して終えたいと思います。

iPhone 6s plusではマイナンバーカード読み取りできない→別の方法でなんとかする

ストレージが少ないiPhone→Mac接続でOS更新ができた(体験)

容量の小さいiPhoneに最低必要なアプリを絞ってみた

最後までご覧いただきありがとうございました。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました