スポンサーリンク

NumbersとExcelはタイムカードの互換はいける?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

NumbersとExcelでタイムカードの互換性があるか試してみました。
たいていタイムカードはExcelのファイルで送られてきます。
個人的にはExcelよりNumbersの方が使いやすいので、タイムカードのExcelのファイルをNumbersでも使えないかと切実に思った次第です。
早速、結論から言います。
タイムカードの作成はNumbersで十分です。

ところが相手にファイルを送信した後が問題です。

時間計算などの関数の表記がどうしても同じようにはできないので、相手に違和感を与えてしまいます。

結局、NumbersとExcelではタイムカードの互換は無理だとあきらめました。

残念ですが、その経緯をお伝えします。

タイムカードの表の作成はNumbersで十分

まずNumbersで最初からタイムカードを作成しました。

右に日付、上に項目、1行ごとに色をつけたもので、下の写真のようになります。

フォントや文字の配置、セルの結合などの編集などは問題なくできました。

実際に時間計算とお金の計算の関数を入れてみました。

上の表に示されているように、勤務時間の合計計算やそれに伴う給料計算はしっかりやってくれます。

ただし、ExcelとNumbersでは時間計算の関数の表示が異なります。

Numbersではタイム表示、Excelでは整数と小数の表示になりました。

自分で使用するだけならNumbersでも問題ありません。

しかし、相手に送信した時に絶対に支障が出てきます。

NumbersをExcelに変換して送信しても、もともとのExcelのような表記にはならないからです。

それがどんな感じになるのかもう少し補足します。

Excelの相手にどのような支障が出るか

下の写真はExcelに送信して編集してみた画面です。

編集しようと思って数字を変えると、このような変な表示の計算結果になってしまいます。

どうやっても直りませんでした。

削除キーで削除すると空白になってしまい、また元の関数を入れるのが一苦労です。

iPadのエクセルでは数式のコピーペーストはできませんでした。

そのままの関数そのもののコピーになってしまい、同じ数値のペーストになります。

一度修正しようとするとタイム表示ではなく、整数小数表示になります。

編集しようとすればするほど泥沼になります。

下の写真はその一例に過ぎません。

これではタスク効率が悪くなってしまいます。

単純に時間のロスです。

それで下記の結論に至りました。

誰かとやり取りするファイルは最初からExcelで作成する

冒頭で個人的にはExcelよりNumbersの方が好きだ、と言いました。

ところが、それに固執して、相手を困らせるなら自己満足に終わってしまいます。

世間ではNumbersを使用する人ははっきり言って少ないです。

大半の人がExcelを使用しているので、自分もExcelを使用する方が互換性において確実です。

それで仕事の効率も上がります。

タイムカードのような、複雑な関数が必要なファイルをやり取りするなら、有料ででもExcelが必要でしょうね。

終わりに

自分だけが使用するなら、Numbersを引き続き使用したいと思います。

機能制限はありませんし、シンプルでデザインがおしゃれだからです。

簡単な関数しかないファイルなら、相手とやり取りすることになっても、それほど問題にはならないでしょう。

色やフォントは多少変わるかもしれませんが、相手は気づかないでしょう。

私と同じようにNumbersを使っている方に参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました