スポンサーリンク

高圧洗浄の水しぶきをブルーシートで対策(外壁洗い)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

高圧洗浄機で水を噴射して外壁を洗浄する仕事があります。

先日洗浄したマンションでの作業はすごく気を使いました。

なぜ気苦労があったのかをお伝えするために、外壁の立地条件から先にお話しします。

外壁に面するところは隣の敷地までの幅がわずか1メートルもない通路で、隣の敷地内の駐車している車には水がかからないようにしなければなりませんでした。

その上、駐車場のスペースには立ち入らないように制限されています。

どうすれば駐車している車などに水がかからないようにしながら、外壁を高圧洗浄できるのでしょうか?

屋上からブルーシートをかけて、その中で作業する

ブルーシートを屋上からかけました。

通路の幅が狭いので、脚立の角度は危険でした。

それでも何とか車に水をかけることなく外壁をきれいにすることができました。

それでこの記事では下記のことをお伝えします。

  • 水が飛び散らないようにブルーシートをどのようにかけたか
  • 通路が狭いために角度が急すぎる脚立作業の危険回避

外壁洗浄の現場の条件と状況

以下の写真が外壁洗浄する部分と立地条件です。

一面だけ雨だれが目立っている原因

補足しますと、築10年くらいの建物ですが外壁は全体的に綺麗です。

ところが駐車場に面している見えている面だけ雨だれが目立っています。

原因はこの面の上部の施工が悪く、コーキングにヒビが入り、雨水が下に垂れるのが原因です。

他の面の上部にヒビはありませんでした。

この部分は我々が壁面を綺麗にした後、修復工事を行うそうです。

この面の外壁洗浄の課題

それほど高い場所ではないので7尺ほどの脚立があれば、そして近隣の駐車場の土地に入って作業できれば、普通に高圧洗浄機で綺麗にできる話です。

今回の作業の課題は以下の二つです。

  • 駐車場の地主さんからは、侵入お断りと駐車中の車に水がかからないように言われている
  • 通路は狭く脚立を立てかけると角度が急すぎで危険、しかも土地の仕切りには有刺鉄線がある

結構知恵と工夫がいるところです。こんな現場は初めてでした。

近隣対策と作業者の安全を兼ねた外壁の洗浄の方法

おおざっぱに言えば、建物の屋上からブルーシートを垂らして外に水しぶきが飛ばないようにしてその中で作業者が高圧洗浄機を吹き付けて洗浄するという作戦です。

作業者は急角度の脚立に上り、片方の手で脚立にしがみつきながらもう一方の手で高圧洗浄機で吹き付ける作業になります。

脚立が倒れ込まないようにしっかり固定するための対策と作業者が足を滑らせた時の安全帯を装備する必要があります。

腰に巻くタイプの安全帯よりもフルハーネスのタイプのものを使用しました。

屋上からブルーシートをかけた方法

屋上からブルーシートをかけて壁面の横の面から見るとこのようなイメージです。

手前に見えているのは高圧洗浄機のためのホースで、ブルーシートとは関係ありません。

屋上からトラロープで両端と真ん中の3つを縛りました。屋上から見るとこんな感じです。

このトラロープが逆の壁面に向かいます。

逆の壁面の下に向けてトラロープを渡すとこんな感じになります。

逆の壁面にトラロープを垂らし下でくくりつけました。

これでしっかりとブルーシートを固定できました。

しかし12月14日の冬の時期のため風が強く、屋上で作業員がロープを押さえている必要もありました。

1日作業の中で強風でしたがブルーシートが吹き飛ぶことはありませんでした。

高圧洗浄機の設置場所

下からの作業だけだとどうしても上の方にはうまく水が飛ばなかったため、屋上からも水を噴霧する必要がありました。

そのため下のような中2階になっている箇所に高圧洗浄機の本体を設置しました。

写真は洗浄後の綺麗になった状態でブルーシートを撤去して、荷物も全て片付けた状態のものを引用しています。

本体はこんな感じです。

延長コードリールと長いホースが必要でした。

水栓はマンションの1階の散水栓から取りました。

高圧洗浄吹き付けの注意点

作業員はたっぷりと水しぶきにあうので、完全にレインコートを着て作業することになります。

まず屋上から高圧洗浄機で吹き付け

まず屋上からブルーシートをかぶりながら、下に向けて上から2段目くらいは洗浄できました。

誰も下にいないことを確認の上での作業です。

続いて下から脚立を立てかけて高圧洗浄機で吹き付ける

背の届くところは脚立は必要ありません。

背が届かないところに脚立を立てかける必要があります。まず背が届かないところから始めました。

1人が(もちろん完全レインコート装備)脚立をしっかり固定して、1人が脚立と壁にもたれかかるような姿勢で高所に吹き付けました。

前述の2番目のブルーシートがかかっている写真はこの作業中の写真です。

脚立が背面に倒れることがないようにだけは絶対注意が必要です。

有刺鉄線があるので大怪我することになります。

水しぶきを大量にかぶることになりますが、仕方ないでしょう。

少しずつ脚立をずらしながら背の届かないところを洗浄していきます。

それが終わると脚立には用はなくなります。

地面から低所部分を吹き付け洗浄しました。

一旦ブルーシートを取り込んで仕上がりを確認

この状態だとどれほど綺麗になっているのか確認できません。

面倒ですが一旦ブルーシートを取り込みました。

だいたい綺麗になっているのですが、幾分汚れが残っているところを確認できたので再度ブルーシートを垂らしてそこだけ吹き付け作業をしました。

それで仕上がりです。

まだ濡れている状態ですが、雨だれの汚れは全て除去できました。

準備と撤去も含めて1日作業になりましたが、事故や怪我もなく近隣に水しぶきを出すことなく、仕上げりも満足のいくものとなりました。

終わりに

汚れそのものはひどくなく、スーパー高所でもないのに作業場所が激狭のため非常に苦労しました。

安全対策のために防音シートなど業者に頼むほどでもない作業なので、自分たちで何とかしなければならない状況でした。

ブルーシートは素人の割には上手に対応できたと思います。

結果的に知恵を絞り出して作業者(1人は見張り)で終えることができました。

外壁の高圧洗浄作業に伴う近隣対策のヒントになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました