【OS Big Surへ更新】「待ち時間1分」で止まった?じっと待てば完了します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

MacOS BIg Surにアップデート中、後もうちょっと、「待ち時間1分」まできたのに、止まってしまったような状態になりました。

せっかくここまできたのに、ウソでしょ~

といっても実際にはパソコンは頑張ってくれています。

ここで

フリーズしてしまった

と勘違いして電源を切るなど余計なことをすると、かえってインストールが失敗してしまいます。

この場合の正解は、表示されている「待ち時間1分」に惑わされないでとにかく待つことです。それで無事にアップデート終了しました。

まさに何もしないで時間が解決してくれました。

同じことが生じて困っている方に、助けになればと思いましたので、実際に体験した経過をお伝えします。

私のPCはMacBookAir 2014 ストレージ128GB メモリ8GBです。結構ストレージが逼迫していたので、アップデート前に整理削除しました。

 

追記:Mac OS Big Sur 11.5がリリースされました。更新完了まで1時間かかりました。

今回もネット環境が通常のまま、電源を抜かないでとにかく待つのがポイントでした。

Mac OS Big Sur 11.5 ダウンロードとインストールに約1時間 実体験

インストール中は画面の時間に惑わされないでとにかく何も触らないで完了を待つ

下手に何かするとかえって失敗します。ググるとそういう記録をたくさん目にします。自分のこれまでのMacBookのOSの更新の体験からも同意します。

エラーというメッセージが出ない限り、とにかく何もしないで待つことですね。

過去の経験からそのことを確信しているので今回のアップデートも、待つ、待つ、待つで最後には完了してくれました。

では実際にはダウンロードとインストールにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

その目安が分かれば、このままずっと待っていていいものか判断しやすいですよね。

ダウンロードとインストールでどれくらいの時間を要したか

アップデートのためのWi-Fi環境

通信速度によってダウンロード時間は変わってきます。私のネット環境は、WiMAX2でだいたい15Mbpsぐらいの速度です。家中どこでもギュンギュン入ります。

お試しにWiMAX2をレンタルしてみるのもいいかもしれませんね。固定回線より若干経済的で縛り期間が短いというメリットを感じています。興味のある方は下記のWi-Fi WiMAX2をタップしてみてください。固定回線でも遅い時は遅いです。
Wi-Fi WiMAX2

またインストール時間はパソコンのCPUなどの性能で速度が変わります。

私のパソコンはMacBookとしては、幾分古いため若干時間がかかっていたのかもしれません。

夜寝ている間にアップデートを完了することが推奨されている

理由は後でお伝えしますが、晩、自分が寝ている間にアップデートすることが推奨されています。そうしようと思いましたが、WiMAX2の通信制限がかかっていたので、昼間に自分が見ている時にアップデートすることになりました。

ですがここに失敗の罠があります。ついつい画面の表示を見てしまうからです。

できれば、表示時間は見ずに、気がついたらダウンロードは終わっていたというのがベターでしょう。

実際に私のダウンロード、インストールの状況をお伝えします。

ダウンロード開始

午前7:30にスタートしました。

ダウンロードは8:45に終わりました。1時間45分かかりました。

インストール開始

インストールは8:50から開始しました。

下記のように残り時間が表示されたり、何も表示されない時など色々ありますが、とにかく何もしないで待ちます。

9:30になり、下の時間表示が残り1分未満と表示されたまま動いていないように見えます。残り1分未満と表示された画面は写真を撮り損ねました。ごめんなさい。

この時点でインストール開始から40分経過しています。

残り1分未満という表示が出て止まったまま40分経過して動き出す

ここで待ちきれずに電源を消したり、強制終了させたりするから、多くの人の失敗の原因になっています。

私の場合、40分後の10:10に画面が動き出しました。

動き出したもののバーだけの表示で残り時間は分かりません。

さっき残り1分未満と表示していたくせにー。

ここからも35分待つ

何もせずに待った甲斐がありました。35分経過した10:45に完了しました。

下の写真はmacOS Big Surが動き出した画面です。

ダウンロードとインストールの両方で3時間15分かかる

結構長かったです。無事アップデートに成功しました。

やったー!

ダウンロードとアップデートを合わせて3時間15分でした。

ここでOSのアップデートは夜寝ている間に完了することがオススメであることをお伝えします。

アップデートは寝ている晩の間に完了するのが推奨されている理由

もうお分かりだと思います。3時間15分もパソコンのアップデートの様子が気にならずに待つことができる人は少ないでしょう。

なのでAppleは晩から寝ている間にアップデートを完了することを進めているのです。

私は待てば勝手に完了してくれるのを信じて今回もひたすら待ちました。

何も手を出さずに正解でした。

私も次回の大型アップデートは通信制限のかかっていない晩に完了させようと思います。

昼間3時間もパソコンが使えないのも結構時間のロスです。

終わりに

待ち時間1分未満という不正確な表示のために、ユーザーを戸惑わせてかえって手を出させて自爆させるシステムは何とかして欲しいですが、MacBookを使う以上ぼやいても仕方がないでしょう。

でもMacOSのアップデートの度に失敗してしまう「待ち時間1分未満」に今後とも戸惑わないようにするため、またMacBookユーザーの他の方にも少しでもお役に立てればと思い、備忘録として記録しました。

 

お役に立てば幸いです。

コメント

  1. グレープ より:

    ありがとうございます!
    めっちゃ悩んでたんですが解決しました!

    • M.KEN より:

      コメントありがとうございました!
      OSの更新が完了して良かったですね。

      でもまた秋には新しいOSになります。次の更新も頑張ってくださいね。

      私は次のOSは今使っているMacBookに対応していないので、機種の買い替え?を検討中です。
      まだPCは使えるので使用に不具合が出るまでOS更新を延期するつもりです。

      ではでは。

タイトルとURLをコピーしました