スポンサーリンク

プリンターがほこりかぶらないための瞬間解決方法!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

たまにしか使用しないからいつの間にほこりかぶる

毎日のように家にあるプリンターを使用している方なら、だいたいいつもそのプリンターは綺麗な状態でしょう。

ところが私のように月に一度しか使用しないほどの頻度だと、いつの間にかほこりかぶっていて結構掃除が面倒ってことはないでしょうか?

ふと意外と見落としがちなことに気づきました。

プリンターに何もかぶせず、そのまま置いていることが掃除の手間の原因です。

1秒でほこりを被ることを防ぐことができる

たまにしかプリンターを使用しない人が、掃除の面倒を省くために1秒でできることは下の写真のようにすることです。

サイドにも被るほどの大きめの布で覆っておくなら、側面も埃を被ることが防ぐことができます。

当たり前のことですね。

でも意外とそのまま裸で放置していることが多いものです。

たまにしか使用しないならコンビニなど外で印刷をすますのも一つの手

たまにしか使用しない人にとっては、手入れとメンテナンスの方が面倒なので、プリンターは家に置かずにコンビニなどで印刷する方も少なくないことでしょう。

私もそう思って1年前にプリンターは処分しました。

処分したプリンターを再び導入した理由

ところが封筒の宛名印刷をする必要が生じて、どうしても自分でプリンターを持たないと仕事にならないので、プリンターを再び家に導入しました。

せっかく部屋がスッキリしたのにー

と思いましたが、ぼやいても仕方ないので、できるだけ手間がかからないようにしようと思いました。個人的には上記の写真の方法がベストだと考えています。

それでプリンターを所持しておくことに伴う面倒を分析して、解決する方法をあらためて考えてみました。

プリンターを所持することに伴う2つのストレス

プリンターを所持していて感じたストレスは

  1. 置く場所をとる
  2. いつの間にか埃かぶる

の二つです。

どうして面倒なのか補足します。

置く場所を取って邪魔に感じることがある

上の写真のような状態だと小さい机を置いてその上にプリンターを置いています。

もしこの机がないとすれば掃除機をかける時にかなり楽です。

掃除機の先が入りにくくなり段々と床に埃が溜まっていくのが分かります。

顔を突っ込んで掃除するとほこりに反応してくしゃみが出てしまいます。(マスク必須)

毎日のように使用するなら邪魔には思わないでしょう。

たまにしか使用しないから邪魔に感じてしまうことがあるのです。

この違いは大きいですね。

いつの間にかほこりかぶる

プリンターは精密機械です。なのでほこりかぶると印刷の質が悪くなります。

ほこりがかぶっても一瞬でさっと拭けるなら別にストレスではありません。

しかし細かいところで印刷の質に影響が及ぶところに結構ほこりが被ります。

以下の3箇所です。

プリンターの上部の埃の除去

下の写真のように印刷した紙が出てくるところです。

なのでほこりのある状態にはしたくありません。

まだ日が浅い時の写真なので、それほどほこりは目立ちませんが、放っておくとだんだん目立ってきます。

結構拭き取らなければならない細かい箇所がたくさんあります。

給紙する箇所のほこりの除去

下の写真では奥の方のインクカートリッジは見えません。

中の方にカートリッジがあるので絶対埃を入れたくないですね。

それにこういう構造なので外側も汚れたら掃除が大変です。

プリンターの側面のほこりの除去

シンプルな構造なので側面にはほこりは溜まりにくいです。

それでも電源部やちょっとした溝や穴の部分にほこりが溜まってきます。

ここまでで、溜まりやすい箇所を3つ挙げましたが、これだけでも手入れは結構手間に感じます。

まあ手入れが面倒というデメリットのことをつらつら言いましたが、いいこともありました。

偶然同僚から無料でプリンターを譲り受けた

封筒の宛名印刷の必要が生じてしまって

やれやれせっかく処分したプリンターをまた買わなければならないのか

と悩んでしまいましたが、偶然同僚から新しいプリンターを買ったから使わないかとCanon LBP3000というレーザープリンターのオファーがありました。

無事接続でき、テスト印刷も終わり、印刷の質はそれなりに使えるものでした。

願いや祈りが聞かれたのでしょうか。

買わなくて済んだだけでも感謝できます。

文句を言っているようではいけませんね。

終わりに

私と同じようにたまにしかプリンターを使うことがないなら、邪魔に感じることがあるかもしれません。

掃除や手入れも面倒に思うかもしれません。

ですが大きめの布を被せておくだけで、ほこりの手入れは軽減できます。

当たり前のことかもしれませんが、意外とそのままにしてプリンターがほこりかぶることもよくあることなので、すぐ実践なさることをお勧めします。

というかもっと大事に保管されている方には、もっと適切な保管方法があるので、参考にはならなかったかもしれませんね。

せっかくいただいたものなので上手に使用して長持ちさせたいと思います。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました