スポンサーリンク

ウォシュレットの開口部はカビキラーと彫刻刀できれいにできる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

トイレのウォシュレットって洗いにくくないですか?

いつでも綺麗な状態で使いたいのに、ガチガチにこびりついた汚れがなかなか落ちないので困っていました。

因みにハウスクリーニングではウォシュレットはクレームがつきやすいです。

ウォシュレットの開口部をきれいにすると見た目が良くなる

この記事では完全にウォシュレットを分解して清掃する方法ではなく、開口部分が完全にきれいにする方法を仕事の経験からお伝えします。

カビキラーを噴霧して数分放置し、彫刻刀やゼンマイでこそぎ落とす、という方法です。

カビキラーを噴霧して放置し、彫刻刀で汚れを削ると楽

洗いにくい箇所なのでずっといろいろ試してみました。

現時点ではカビキラーを噴霧して数分放置して、彫刻刀でこびりついた汚れを削るのが、一番楽できれいになる印象です。

その方法を少し補足します。

具体的な手順

  1. トイレ全体をカビキラーで噴霧してしばらく放置
  2. 別の箇所からの霧状にしたシャワーでウォシュレット開口部に水をかけてカビキラーを流し落とす。
  3. 酸性のトイレ用洗剤をウォシュレット開口部にかけて少しだけ放置。
  4. 尿石などの塊を彫刻刀やぜんまいで削り落とす
  5. かなたわしで再度擦る
  6. 汚れが取れたら水をかける

注意点

ただし注意点があります。

洗剤の使うタイミングを間違うと有毒な気体が発生するため、密室状態のトイレでは特に危険です。

そのためカビキラーと酸素系の洗剤の2種類を使用するのではなく、どちらかだけで掃除するのが無難です。
それと洗剤を噴霧したところはしっかりと水ですすいでから、汚れを削る作業に移りましょう。
そうしないとウォシュレット使用者に洗剤をかけてしまうことになります。

使用する洗剤はカビキラーでなくてもOK

参考までに楽天市場でカビキラーは購入できます。
とはいえ、商品はカビキラーにこだわる必要はありません。
もう少し安い商品を検索して購入しても良いでしょう。
酸性のトレクリーナーは経験上1本あれば当分持ちます。
楽天の通販で1本安価で購入できます。
なくなる前に予備に1本購入しておくようにしておけば、大量在庫になるのを防げると思います。

清掃終了後の状態

その手順で作業した終了状態がこれです。

だいぶ彫刻刀やぜんまいで細かいところまで手をいれたのですが、赤枠にあるように、少し黄色がかっている箇所が微妙にある印象かもしれません。

何度擦ってもこれ以上変わりませんでした。

素材そのものも変色して傷んでいるのでしょう。

清掃では限界があります。

終わりに

以上、ウォシュレットの清掃の方法と使用する洗剤でした。

因みに自分の家は手入れが大変ですし、別に必要ではないのでウォシュレットのトイレにするつもりはありません。

ですが、ウォシュレットのトイレが今は普通になっています。

それでこの記事の情報が、洗いにくいウォシュレットの掃除に役立てば幸いです。

 

余談ですが、カビキラーは以下の汚れにも大変有効です。

しかしながら、カビキラーをやたらと使えばいいというものではありません。

風呂場や窓枠のカビ落としはカビキラーの使い方で決まる

コメント

タイトルとURLをコピーしました