風呂場や窓枠の頑固なカビはカビキラーの使い方が決め手

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

強力に黒くなったカビは普通の洗剤では落ちません。

家の中でカビが発生しやすいのはお風呂場です。

その次に通気性の悪くて湿気の多い部屋の窓枠です。

カビキラーなどの塩素系漂白剤が必要です。

カビキラーを使う時にも上手な使い方があり、ラベルに使用方法は書いています。

ですが、清掃業務に30年ほど携わるプロとしての実体験をもとに、使い方のコツをお伝えします。まずお風呂場のカビからです。

お風呂場のカビ

主に上部にカビが集中します。

この部屋は天井にはカビだらけでしたが、壁面は所々にカビ黒い状態が合った程度でした。

写真では見えにくいですが、実際は結構汚かったです。
あなたは天井のカビをどのように処理していますか?

天井部分のカビ処理のベターな方法

雑巾にカビキラーをたっぷりつけて、その面で撫でるように前面に塗布します。

上から垂れてくる液体が自分にかからないように気をつけてください。
壁面に関してはカビキラーを噴霧しやすいのですが、自分の目より高い所に噴霧するのは、自分にかかりますし、目に入る危険があるので厄介です。
ゴーグルをすればリスクは抑えられます。
一度撫でただけでは汚れに効いているかどうか不安な場合は、全面一度塗った後にもう一度同じように塗り重ねてください。
上部の四方や角のカビには噴霧した泡を充分に効かせてください。
その際に垂れ跡が残りそうな壁面の場合、まず壁部面にカビキラーを一度塗ってから泡を噴霧することをオススメします。こうすることで垂れ跡が付いてしまうことを未然に防げます。
半日放置しただけこうなりました。
十分綺麗になりました。
ついでにお風呂場全体の清掃後の仕上がりの感じを写真に撮りました。
お風呂の中をもっと清掃したい時には、最初にカビキラー放置でカビを全て除去し、カビキラー水全てを水で充分に流してから、中に入って作業することをお勧めします。
次に窓枠についたカビについてです。

部屋の窓枠の底のカビは厄介

部屋内の窓のカビの状態です。ひどいもんでした。

全面カビだらけでしたが、底以外の箇所はカビキラーをたっぷりつけた雑巾で吹いただけで比較的楽にとれましたが、底は結構厄介です。

カビキラーを塗って拭き取り用の雑巾で吹いて、汚れを雑巾に吸わせては、再度雑巾を洗って隅々まで同じ作業を何回か繰り返して、ようやく綺麗になっていきます。

根気強さが必要です。

底に層になったカビについては特効薬はないでしょう。

苦労した仕上がり状態はこうな入りました。

時間がかかりましたが、何とかなりました!
カビがひどくなればなるほど手間がかかり厄介ですが、
根気強くよればなんとか綺麗になります。

カビキラーなどの塩素系漂白剤の購入

コンビニやドラッグストアなど、どこでも売っています。
ですが、ハウスクリーニングの仕事をしていると、結構早くなくなります。
カビキラーはビジネスで効率をあげたければ、ケチらないほうがいいでしょう。
ちなみにカビキラーは楽天市場でも購入できます。
経験から言えば、スプレーは壊れやすいので、何度も再利用するのは困難です。
ためらわずにに交換しましょう。
商品はカビクリーナー系のものであれば、だいたいどれでも大丈夫です。カビキラーにこだわることはありません。

終わりに

黒くなったカビは、最初にいかに上手に噴霧もしくは塗布するかが、綺麗に仕上げる決め手になります。

上部の方で垂れてくる危険がある箇所と、下部の方でガッチリとこびりついているカビの処理では噴霧や塗布の仕方は異なりますので、現場に合わせて噴霧していください。

1回の噴霧で落ち切れなったカビは、再度の噴霧でさらに落とせるでしょう。

根気が必要です。

このようにカビキラーを上手な使い方とは

  • カビの状況を見て上手に塗る
  • カビキラーに仕事させている間は別の仕事をする

にまとめられます。

汚れ除去の仕事のために自分の分身となって仕事をしてくれているのです。その間に別のことに取りかかることができます。

市販でも売っているカビキラーを上手に使うことによって楽に綺麗にカビの処理をいたしましょう。

なお家の中全体をハウスクリーニングにするにあたり、手順に関するノウハウは

 

ハウスクリーニングを1人で早く綺麗に仕上げる秘訣

 

汚れ落としのスキルに関するノウハウは

 

効率的なハウスクリーニングにはメラミンスポンジを最大限活用する

 

の記事をご覧になることもできます。

ウォシュレットでもカビキラーを有効活用できます。詳細は下記をご覧ください

 

ウォシュレットをカビキラーで綺麗にする方法

 

家の中の美観に維持するのに、お役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました