スポンサーリンク

【風呂や窓枠のカビ】最もよく落ちるカビキラーの使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

お風呂場や窓枠のカビはなかなか落ちなくて困りますね。

カビに通常カビキラーなどの塩素系漂白剤を使います。

カビキラーボトルのラベルには使い方と注意事項が書いています。

もちろんその通りにはしますが、素人と経験者ではカビの落ち方に差が出てきます。

自分の清掃業務歴30年の実体験をもとに、使い方のコツをお伝えしたいと思いました。

専門的な内容ではありません。誰でもすぐできます。

まず家の中でカビの発生しやすい場所に一言触れた後に具体的なコツを書いていきます。

家の中でカビが発生しやすい場所

家の中でカビが発生しやすいのはなんと言ってもお風呂場です。

この写真の状況はまだマシな方かもしれません。

もっとひどい家も結構あります。

その次に多いのは通気性の悪くて湿気の多い部屋の窓枠です。

こんな感じで窓枠にカビが付着しています。

もっとひどいカビもあるでしょうけど、これがまた掃除しにくい場所なんですよね。

ではお風呂場のカビ処理からお伝えします。

お風呂場のカビ

お風呂場では、主に上の方にカビが発生していきます。

下の写真のお風呂場の天井はカビだらけでしたが、壁面は所々にカビ黒い状態が合った程度でした。

写真ではそれほど汚く見えないかもしれませんが、実際には結構汚いです。
こんな風呂場では気持ちよく使えないでしょう。
どうすればスッキリとカビを落とせるでしょうか?

天井部分の上手なカビ処理の方法

雑巾にカビキラーをたっぷりつけて、その面でなでるように前面に塗布します。

なでるだけできれいになっていくのが見えてきます。

一度なでただけでは汚れに効いているかどうか分かりにくいことがあります。

その場合は、全面一度塗った後にもう一度同じように塗り重ねてください。

上から垂れてくる液体が自分にかからないように気をつけてください。

壁面のカビ処理方法

壁面は天井よりカビキラーを噴霧しやすいです。
とはいえ、自分の目より高い所に噴霧すると霧状の薬剤が自分にかかる可能性が高いです。
薬剤が目に入る危険があるので、ゴーグルをすれば防げます。
上部の四方や角のカビには噴霧した泡を充分に効かせてください。
その際に垂れ跡が残りそうな壁面の場合、まず壁部面にカビキラーを一度塗ってから噴霧することをオススメします。こうすることで垂れ跡が付いてしまうことを未然に防げます。

カビキラー処理後の仕上がり状態

上記のようにカビキラーを塗ったり噴霧した後、半日放置しただけで、下の写真のようにスッキリしました。
実際の見た目もバッチリです。
十分綺麗になりました。
これくらいになれば、気持ちよく入浴できます。
ついでにお風呂場全体の清掃後の仕上がりを写真に撮りました。
次に窓枠についたカビ処理についてです。

部屋の窓枠の底のカビは厄介

窓枠周り(底辺以外)はカビキラーで一発

部屋内の窓のカビの状態です。

ひどいもんでした。

全面カビだらけでした。

底以外の窓枠はカビキラーをたっぷりつけた雑巾で拭いただけで比較的楽にとれました。

年数が経った窓枠の底のカビは根気が必要

底は結構厄介でなかなか落ちません。

それでカビキラーを噴霧して、数分後拭き取り用の雑巾で拭くとある程度綺麗に取れます。

そこでもう一度カビキラーを噴霧します。

数分後再度拭き取ります。

そうするとカビがさらに落ちています。

この時点でもまだ角や細かいところに黒くカビが残っています。

このような同じ作業を何回か繰り返して、ようやく綺麗になっていきます。

残念ながら一発で落ちないカビには根気強さが必要です。

年数が経った窓枠の底に層になったしぶといカビについては一発で取れるような特効薬はないでしょう。

カビキラーを噴霧してサランラップで被せて放置したこともあるのですが、窓枠が黄色く変色したことがありましたのでやめました。

根気強く作業した仕上がり状態

苦労した仕上がり状態はこうなりました。

時間がかかりましたが、何とかなりました!
カビがひどくなればなるほど手間がかかり厄介ですが、根気強くよればなんとか綺麗になります。

カビキラーなどの塩素系漂白剤の購入

コンビニやドラッグストアなど、どこでも売っています。
ですが、ハウスクリーニングの仕事で使っていると、結構消費するのでまとめて購入しておくと便利です。
経験上から言えることですが、カビキラーの使用は、ケチらないほうがいいでしょう。
カビキラーは上手に使えば、作業時短に大きく貢献します。
スプレーは壊れやすいので、何度も再利用するのは困難です。
ためらわずにに交換しましょう。
商品はカビクリーナー系のものであれば、だいたいどれでも大丈夫です。カビキラーにこだわることはありません。

終わりに

カビ汚れは、最初にいかに上手に噴霧もしくは塗布するかが、綺麗に仕上げる決め手になります。

上部で垂れてくる危険がある箇所と、下部でガッチリとこびりついているカビの処理では噴霧や塗布の仕方は異なります。

1回の噴霧で落ち切れなったカビは、再度の噴霧でさらに落とせることがありますが、根気が必要です。

カビキラー噴霧後のラップ被せは素材が変色する可能性があるので注意が必要です。

上手に使えば、カビキラーで新品のように綺麗になります。

余談になりますが、最後に関連する記事をご紹介して終えたいと思います。

軽度の汚れ落としのノウハウは

効率的なハウスクリーニングにはメラミンスポンジを最大限活用する

ウォシュレットのような掃除しにくい箇所でもカビキラーを有効活用できます。

ウォシュレットをカビキラーで綺麗にする方法

この記事の内容が清掃にお役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました