スポンサーリンク

Zoom→PC画面の右に表示でマイクのONOFF切り替えが楽

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Zoomはパソコンで画面分割して使うのがおすすめ

まずこの話の前提は画面分割してZoomを表示させることです。

個人的には半分はZoom画面、半分はプレゼン資料で表示させると、非常に効率的に参加者に話を提供できることを感じました。

その理由は下記の記事で書いています。

Zoomは全画面表示より半画面の方が操作しやすい MacBook

Zoom画面を右でも、左でもどっちでも一緒だと思えますが、Zoom画面を右に表示させる方がやりやすいと感じましたのでその理由をお伝えします。

Zoomの画面を右、プレゼン資料が左がやりやすい理由

理由を一言で言えば、Zoomのマイクの位置が左下にあるからです。

Zoomのマイクの位置が左下にある

結論から言えば、Zoomのマイクの位置が左下にあるからです。

なので右か左かでマイクの位置が変わってきます。

逆に言えばマイクが真ん中の下にあればどちらでも同じということになるのですが、、

それでZoom画面が右か左で、どれだけカーソルの動きに違いが出るのかお伝えします。

Zoomの画面を左に表示させた場合のマイクの位置

下の写真をご覧ください。

マイクは左隅に位置する

Zoom画面を左にした場合マイクは左下の隅に位置します。

他の人が話している時は自分のマイクはミュートにするのが普通です。

そのON、OFFは左隅で操作することになります。

マイクのミュート解除の時にカーソルの動きが長くなり意外と労力がかかる

カーソルはプレゼン資料の位置にある時に、マイクのミュートを解除しようとすると、マイクの位置が遠いためカーソルの動きが長くなります。

カーソルの動きが長いのは意外と動作に影響します。

会議の時間は限られているため、できるだけ時短したいところです。

では右にZoomの画面があるとどうなるでしょうか

Zoomの画面を右にした時のマイクの位置

マイクは下の真ん中に位置する

Zoomの画面を右にした場合、マイクの位置は下の真ん中になります。

ミュート解除の時カーソルの移動距離が短くなって楽

この位置にマイクがあると、カーソルがプレゼン資料の上にあっても、カーソルの移動距離が左隅にある時よりも半分で済みます。

カーソルの動きをできる限り短くすることは、画面をスムーズに動かすことの一つのコツです。

スペースキーでマイクのミュート解除はできるが、、

カーソルでマイクのミュート解除しなくても、スペースキーで解除したらいいじゃないか、という声が聞こえてきそうです。

できるならそうする方がやりやすいです。

画面分割した場合にプレゼン資料を動かしているとスペースキーではマイクのミュートは解除してくれません。

なのでカーソルに頼っています。

だったらZoomを全画面にしたらいいじゃないか

と言われそうですが、以下のようになるので使いにくいですね。

Zoomで全画面表示すると画面切り替えの時にカーソルの動きが最大に長くなる

冒頭でも書きましたが、画面切り替えのカーソルの動きを半分にするために、画面分割にしました。

全画面より一度に映る人数は減るものの、画面の切り替えがスムーズになります。

挙手で当てる時も半画面の方がやりやすいことに気づきました。

これで画面切り替えの動きのストレスはなくなりました。

ですがマイクの位置が端の隅だとカーソルを動かす距離が長くなってしまいます。

そこでZoomを右に表示することで、カーソルの動きが半分になりこの問題もクリアになりました。

終わりに

ちょっとした発見?ですが、Zoomをより快適に動作させるために助けになっています。

右利き、左利きを問わず画面分割するのであれば、Zoomの画面は右がおすすめです。

なぜならマイクの位置が真ん中の下になり、カーソルを動かす距離が半分になり、スムーズにマイクで話すことができ、不必要に時間が取られることがなくなるからです。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました