スポンサーリンク

フローリングワックスを上手に塗り逃げするコツ(仕事経験)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

フローリングのワックス塗りは、塗り逃げができるなら時短になります。

なので上手に塗り逃げしたいところです。

ところが弱点があります。

塗ってすぐは綺麗に見えても、乾燥した時に塗りかすれに気づくことです。

それでこのようなことが生じます。

塗りかすれや塗り残しがあっても気づかずに退散して、後でクレームとして連絡を受け、もう一度手直しに行かなければならなくなった

だからと言って、下記のようになるともっと面倒です。

ワックスが乾くのを待って、部屋に入って確認すると、まだ完全に乾いていない部分に跡をつけてしまった

かれこれハウスクリーニング歴30年になります。

その経験からワックス塗り逃げのコツをこの記事でお伝えします。

あくまでも我流です。参考程度にご覧ください。

作業時短のためにできればワックスは塗り逃げしたい

作業時短のため、できれば1層の塗り逃げで、塗り残しや塗りかすれがないように仕上げたいところです。

ワックスの塗り方に関してググれば情報は得られます。ただ作業員の体験談や塗り逃げのコツは見つかりませんでした。なので他の業者と塗り方は違うかもしれませんが、自分の経験からお伝えします。

ワックスの塗り方や塗り逃げのコツについてお伝えする前に、フローリングの色調によって難易度が変わることをまずお伝えします。

フローリングの色調で塗り方の難易度が変わる

現場によってフローリングの色調が違います。

薄い茶色もあれば、濃紺の部屋もあるでしょう。

薄い色調より濃紺の部屋の方が難易度が高くなります。なぜなら濃紺はほこりが目立つからです。

その解決策として注意したいのが以下の2つです。

  • 仕事に取りかかる前に掃除機で徹底的にほこり等を除去する
  • ワックスを塗る直前にもう一度掃除機をかける

確かにワックスの塗り方は大事です。

たとえムラなく塗ったとしても、ほこりがワックスにかんでしまったら、仕上がりがきれいに見えません。

面倒ですが、最低でも上の赤枠の二つのことは、後で後悔しないために省略しない方がいいでしょう。

個人的には濃紺色の部屋には住みたいとは思わないですね、、手入れや掃除の手間が増えるので、、

次にワックスを塗りやすい道具に関してお伝えします。

ワックスモップは専用の毛が短いものが塗りやすい

ワックスを塗るフローリングは、内装作業の汚れやのり、前に住んでいた人が汚した汚れをすべて除去して、水分が全くない状態であることが前提です。

昔は毛が長いモップでワックスを塗っていました。

その結果、どんなに気をつけていても塗り残しはありました。

それは自分が未熟なだけだろ

と言われるかもしれませんが…

今はどの業者も、下の写真にあるような毛の短いモップでワックスを塗っていると思います。

ワックスモップは何回か使い回すのが、塗りかすれをなくすコツ

因みにこのモップにだいぶワックスが染み込んでいて汚らしく見えます。

意外ですが、ワックスモップは新しいものや乾燥させたものより、ワックスがたっぷりついている使い古しの方が、塗りかすれることなくきれいに塗れます。

なので、使用したワックスモップを何回かはビニールに保管して使いまわしています。

モップにゴミがつきすぎていたり、あまりにも汚くなりすぎた時に交換しています。

注意:塗りかすれを心配するあまり、ワックスを1か所に垂らしすぎない

ワックスは多めに垂らす方が塗りかすれることは防ぎやすいです。

だからと言って一度に床に垂らしすぎないように注意する必要があります。

ワックスを均一に伸ばすのがきれいに塗りコツだからです。

垂らしすぎるとそこだけ固まってしまいます。

きちんと縦方向、横方向に交差させながら少しずつ塗り進めていくのが、塗りかすれやむらなくきれいに塗るコツです。

慌てて大きな面積をいっきに塗ろうとすると塗り残しが出る原因になります。

毛の長いモップは壁の巾木にワックスがついてしまったり、均一に縦横に動かすのが難しいので、ワックス塗りに使うのはやめました。

でもワックス専用モップだけでは、角や狭い部分などうまく塗れないところがあります。

狭いところと角は自分が屈んで小さな雑巾で塗り決める

専用のワックスモップでは、このようなトイレの奥とか、部屋の仕切りの角などの場所ではうまく塗れません。

明らかにワックス専用モップは届かないところがあります。

角やきわきわの部分は立ったまま塗ると、絶対に綺麗に角が決まりません。

それで面倒ですが、自分が屈んで雑巾等で手を入れる方がきれいに塗れます。

こんなイメージです。

ワックスが手につくのでゴム手袋をしたほうが賢明かもしれません。

ただ素手の方が角が決まりやすいです。

キッチンの前などは入居する家の人も屈むので塗りかすれがあると気づかれやすいです。部屋の仕切りの部分も家の人の目がいきやすいところです。

なのでそこはしっかり塗り決めます。

私も相手先から塗りかすれを指摘されて、後日あらためて塗り直しに行ったことがあります。

ただし上の赤丸で囲ったような

狭い部分は全て屈んで手で塗った方が塗り決まるのではないか

と思って全部手で塗ってみました。ところが、、

狭い場所も雑巾などで塗るよりはモップで伸ばす方がきれいに塗れる

モップだけ柄から抜きとって、雑巾で塗ってみました。

塗りかすれがところどころ生じました。

手で直に塗るとどうしてもワックスの濃いところと薄いところと差ができてしまい。力も均一になっていないようです。

なので狭い場所でもモップで塗り伸ばすようにすることがおすすめです。

狭いところと角だけ、雑巾などで塗り決めます。

ここで自分の作業経験からワックスを上手に塗るコツを箇条書きで簡単にまとめてみます。

ワックスをきれいに塗るためのコツ

ワックスをきれいに塗るために以下のことは最低限実践しています。

  • ワックスを塗る直前には、ほこり、汚れ、水分を完璧に除去する
  • ワックス専用モップを使って適量垂らしたワックスを縦方向、横方向に均一に伸ばす
  • いっきに広い面積を塗ろうとせず、塗り進めながら日光を透かすように床を見て塗りかすれがないように確認して塗り進める
  • 狭いところと角は自分が屈んで塗り決める

ワックスをフローリングに塗るのは、清掃の中では簡単なようでスキルが求められる作業です。

できれば作業時短のため、塗り逃げの手法で一発できれいに決めたいところですね。

今のところ、この記事でお伝えしたワックスの塗り方で、後で指摘を受けたことはありません。

終わりに

ワックスの塗り方も作業現場で変わってきます。

空室ではなく人が住んでいる状況であったり、賃貸物件ではなく持ち家だったりすると巾木や家の人のものにワックスがちょっとでもつくと嫌がる人もいます。

そのような時は、塗り逃げは最善ではありません。

マスカーテープできちんと養生して隅々までしっかりワックスを塗って、しっかり確実に乾くまで時間を置く必要があるでしょう。

この記事では空室の賃貸物件の清掃レベルでの塗り逃げのコツをお伝えしました。

現場によっては同じ塗り方では通用しないことがあります。

季節、室温、湿度、日当たりなどによって乾燥時間が変わってきます。

そのため現場現場で一番良い塗り方を考えることが求められるでしょう。

とはいえ塗り方の基本は大きく変わりません。

自分の仕事経験によるフローリングワックスの塗り方ですが、参考になれば幸いです。

関連してフローリングワックスの床材を浮かせない剥離方法をご紹介して終えたいと思います。では。

【フローリングのワックス剥離】この方法で床材は浮くことはなくなった

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました