【Cocoonテーマ】PHPが古くて更新できない→簡単に解決した方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

ブログのテーマCocoonを3年ほど使用しています。

テーマの更新の欄に「お使いのPHPが古いバージョンです。テーマを更新するにはphpを更新更新してください」正確ではありませんが、こんな内容の警告が表示されていました。

PHPの詳細というところをタップしてみました。

説明が書いてあるのですが意味が良くわからず、とにかく更新したいのですが少しばかり手こずりました。

解決後の今は、なんだ、こんなに簡単だったのか!と思ってしまったので、同じことで行き詰まっている方に参考にしてほしいので記事にしました。

まずPHPのバージョンが古いとはどういうことなのでしょうか?

PHPのバージョンが古いとは?

古いと表示されたphpのバージョンは7.3でした。

7.4にバージョンアップする必要があります。

その方法は後述するとして、PHPって何?という事を書き添えたいと思います。

検索するとこんな感じの説明でした。

WordPressはPHPを用いた有名なアプリケーションで、問い合わせフォームでユーザーが入力した内容やショッピングカートでユーザーが購入した商品の種類や数によって確認画面などで表示される内容が変わりますが、これらはPHPの処理によって実現するものです。

なんとなくだいたいのイメージはつかめましたが、、まだ完璧には理解できていません。

ですが今はCocoonのテーマを更新したいのが目的です。

その障壁となっているPHPのバージョンアップできた方法について書いていきたいと思います。

PHPのバージョンアップはレンタルサーバーから

PHPのバージョンアップはCocoon内にはありません。

使用しているレンタルサーバーにログインして変更します。

私はお名前コムのレンタルサーバーを使用しているので、そのサイトにログインします。

ログインすると、直近でPHPは更新されたという情報が書かれていました。

あれ、自分が使っているサーバーがPHPをバージョンアップしているのにおかしい!

と思ってしまいました。

後で確かめると、私の場合、自分で更新する必要がある事に気付きました。

今使っているバージョンが7.3なので、7.4に変更する必要があります。

どうすればいいのでしょうか?

バージョンアップする前にテーマが新しいPHPに対応しているか確かめる必要があります。

PHPのバージョンアップ前に確かめること

検索して調べるとバージョンアップには不具合が出ることがあるので、データをバックアップしておく必要が書かれていました。

加えてPHP Checkerなどのプラグインを導入してサイトの状態を確かめることも書かれていました。

しかし、そんなことをしていると時間がかかりますし、バージョンアップしない事にはテーマを更新できないので、とにかくすぐにバージョンアップするという前提で進めました。

レンタルサーバーがお名前コムの場合の変更手順

お名前コムにログインします。

自分のサイトのドメインのコントロールパネルをタップします。

すると下の写真の画面になります。

高度な設定→PHPバージョン→変更をタップします。

すると下のようにバージョンを選択できます。

7.4にチェックを入れました。

それで変更を完了しました。

そうすると、この記事の冒頭の写真のような、PHPが古いバージョンだという警告はあっさりと消えちゃいました。

成功です!

終わりに

今回の件はPHPのバージョンをサーバー側の設定変更で簡単に解決しました。

難しいことは脇に置き、お名前コムのサイトからPHPのバージョンを7.3から7.4に書き換えただけです。

あっさり成功し、Cocoonテーマも更新できました。

ブログの記事を書いているだけの自分にとって、PHPとか専門用語の説明書きは十分に理解できませんでした。

しかしイメージはなんとかつかめたので、とにかくトライしてみました。

自己解決できて良かったです。

最後に3年前にCocoonでエラーが生じた時に自己解決できた実体験の記事を紹介して終えたいと思います。

Cocoon『閲覧できません』はこれで解決!

WordPressのツールバーが画面上に消える原因と解決の経緯

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました