iPhoneのデフォルトメールアプリの「再送」機能は一斉送信には欠かせない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

iPhoneでメールを一斉送信したい時にはデフォルトのメールアプリを使っています。

下記の記事でその理由を書きました。

iPhoneでメール→結局はデフォルトアプリが一番!と感じた理由

それに加えてこのアプリには下の写真のように「再送」の機能があります。

Gmailアプリを確認したところ、「再送」の機能はありませんでした。

「再送」の機能はメールの一斉送信には不可欠です。

なのでますますデフォルトのメールアプリを重宝するようになりました。

その理由をお話したいと思います。

メール一斉送信後、再送の必要は可能性大

例えば私の場合、25人にメール一斉送信をしています。

25人です。

意外に結構な人数で色々な人がいるものです。

ある人から質問を受けて全員に回答する必要が生じる

その中のある人から、私が書いた文面の中で「この点が分かりにくいです。どういう意味なのでしょうか?」と尋ねられることがあります。

その回答は尋ねた人だけでなく、25人全員に伝えるべきかなと思える場合が少なくありません。

そんな時に必要な機能が「再送」です。

アプリにこの機能がないとすると、PCのブラウザからGmailにログインして再送する必要が出てくるかもしれません。

外出していてPCがそばにない時、結構支障が生じます。

送信した内容の間違いや訂正の必要に気づく時

入念に送信する内容をチェックしたとしても、訂正する必要がある表現に気づくことがあります。

その時も再送しなければなりません。

iPhoneのGmailアプリを確認しましたが、「再送」の機能はありませんでした。

Gmailアプリは「連絡先」アプリなどと連携して使用する仕様になっているのかもしれませんが、そうだとすると一斉送信には不向きですね。

では「再送」する時どうすればいいのでしょうか。

「再送」をタップして質問の回答や訂正文を挿入する

まず再送する全員の宛先がきちんと入っているか確認する

「再送」をタップします。

宛先を確認するとメールアドレスがずらっと表示されています。

氏名で表示されていないのが分かりにくくて残念ですが、いつも送信する相手なので誰のアドレスなのか覚えておくようにしたいと思います。

一応全員の宛先が表示されているか確認した方がいいです。

万一、抜けがあるとその人には連絡がいかないことになるので。

前回のメールを上書き訂正するか、訂正する箇所だけ最初に示して再送する

その後、すでに送信したメール文があるので、その前に「前回お送りした下記の内容を以下のように訂正いたします」、という書き出しで挿入できるかと思います。

あるいは、「このメールは前回お送りしたメールを訂正するものです」という書き出しで、メール文そのものを訂正して、再送するのもいいかもしれません。

いずれにしても、一度メール文を送っているので、再送する場合には受け取り相手全員が混乱しないように前置きなどを工夫する配慮が必要です。

PCを使わなくても一斉送信で再送できるこの機能を上手に使いたいと思います。

終わりに

PCのGmailと異なり、iPhoneはメールの一斉送信が苦手なところです。

ところがデフォルトのメールアプリの機能をよく見ると、「再送」の機能がありました!

Gmailアプリにはなかったものです。

なんだかんだとiPhoneはデフォルトのアプリが使いやすようにできている印象を受けました。

デフォルトのメールアプリもその一つです。

ただしこのアプリにもデメリットがあります。

受信トレイの「メール確認中…」に若干時間がかかるのがストレスです…

まあ数分ほど辛抱することで対処したいと思います。

こんな感じでiPhoneのデフォルトのメールアプリの「再送」の機能に感動したという実感をつづりました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました