Safariで英語のページが一発で日本語に!便利な翻訳機能(ユーザーの感想)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

ブラウザSafariでも英語のページが一発で日本語に変わる翻訳機能があったのですね。

知りませんでした。

前からあった翻訳機能なので、既にご存知の方の方が多いと思います。

ですが、わたしのように知らなかった人もあるかと思いますので、この記事ではその事をお伝えします。

因みにGoogle Chromeなど他のブラウザではそのような拡張機能があるのは知っていました。

個人的にはiPadを使用する事が多いので、Safariの方が使いやすいので、一発でページごと翻訳できることを知って感動しました。

LinuxなどのPC関連の調べ物をしていると、どうしても日本語のサイトは見当たらず、英語のサイトにしか情報がないことも出てくるからです。

Safariで英語のサイトを一発で日本語にする方法

PC関連のことでググっていると、下のような英語のサイトがヒットしました。

英語でも意味が取れなくはないですが、日本語の方がスッキリします。

そこでSafariの左上の「あ」が二つ連なっているところをタップしてください。

(言い忘れていましたが、あえてサイト名とタイトルはモザイクをかけました)

すると下のように「web翻訳」という機能が出てきます。

この項目の存在に今まで気づかなかったです。

ではタップします。

いくつか言語が選択できるようですね。

当然、日本語を選択します。

そうすると下のように一発で日本語に切り替わりました。

サイトの出所や内容をぼかすためにいくらかモザイクをかけましたが、十分に内容がわかる日本語でした!

この機能は本当に便利です。

iPhoneやiPadをお使いの方には、是非知ってほしいと思いました。

では他の翻訳アプリと比べて翻訳のクオリティーはどうなのでしょうか?

他の翻訳アプリと比べてみた翻訳の質

これまで翻訳アプリを色々使ってみた結果、Google翻訳とDeepLというアプリが翻訳の質がいいかなと思っていました。

詳細は下記の記事をごらいただければと思います。

Google翻訳よりDeepLの方が自然な翻訳文を出してくれる!(ユーザーレビュー)

しかしながら翻訳アプリを使うとコピペする手間が必要になります。

(それくらいを手間と思っては何もできませんが…)

でもページごと全部日本語になると、その手間が不要ですし、写真や図と併せて見れるので見やすいです。

このページに限って言えば、iPadの翻訳機能もGoogle翻訳などとそれほど変わらないクオリティーだと思いました。

多分ですが、他のページも色々見ていくうちに、翻訳の質自体はGoogle翻訳の方が優れていると感じてくると思います。

では今回はここまでにしたいと思います。

終わりに

プログラミングやLinuxOSなどの海外からきているPC関連の情報は、日本語より英語の方がずっと多いです。

今は英語のサイトもすぐに日本語に翻訳してくれるので、本当に進歩しましたね。

もちろんきちんと日本語に翻訳するには、元の英語の文法が正しいものである必要があります。

わたしが参照した英語のサイトの日本語翻訳は十分理解できるレベルでした。

是非お試しになってください。

最後に関連記事をご紹介して終わりにしたいと思います。

Google翻訳アプリの会話機能→英語が少し分かるなら便利に使える(私見)

【朗報】Google翻訳の音声文字変換でヒヤリングができる!

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました