スポンサーリンク
生活全般

日本では新型コロナは「空気感染する」を使わない理由とこれまでの対策の見直し 2021年9月

新型コロナウイルスを「空気感染」すると表現すると誤解が生じる懸念がある 日本では新型コロナに関して、飛沫感染や接触感染という表現を普通に使っていますが、空気感染とはあえて表現していません。それには理由があります。 一言で言えば、日本...
生活全般

WHOが変異株に指定したミュー株について分かりやすくまとめてみた(日本でも2人から確認)

日本国内でも2021年6〜7月にミュー株が確認された ブレイクスルー感染やワクチンのブースター接種が注目されている一方で、ウイルスの変異の増加が注目されています。ギリシャ語アルファベットで呼ばれている変異株のミュー株について、厚生労働省は...
生活全般

【注意】変異株の呼称は国名型からギリシャ語アルファベット型に変わっている

変異株を「英国型」「インド型」などと呼ぶと誤解と偏見が生じることから教訓を得る コロナの変異株を国名で呼ぶと下記のような弊害が生じます。 その国の出身、または行き来のある人が差別される懸念 変異株を見つけた国が発表を控えた...
生活全般

抗体カクテル療法が日帰り治療・往診で使用可能になる 2021年9月

抗体カクテル療法により入院・死亡リスクが70%下がる 抗体カクテル療法は海外での臨床試験で、肥満や基礎疾患など重症化リスクがある感染者に使用しました。結果はカクテル治療薬を投与されていない感染者と比べて、入院や死亡のリスクが70%低くなり...
生活全般

隣家のシングルマザーの叱り声がうるさすぎ!苦情を言わずにこちらで対処する方法

面倒を避けるため、苦情を言いに行く以外の方法で対処する 隣の家のわめき声は自宅でゆっくり休めないほど迷惑です。苦情を言うこともできますが、面倒なことにまきこまれたくないので、それ以外の方法で対処しています。 わざわざ買い物に出か...
生活全般

「ワクチン証明書」国よりも先に自治体が導入へと動いている理由

自治体が進めているワクチン証明書(ワクチンパスポート)とは まだ進めている段階なので県名はあげませんが、その自治体が進めているワクチンパスポートとは以下のような流れです。 LINEの県のアカウントに接種券番号、住所や生年月日を入...
生活全般

国産ワクチン治験規模と期間縮小!ブースター接種や国産ワクチン投与もいよいよ現実?

開発段階のコロナワクチンの臨床試験がこれまでより時短できそう? 厚生労働省が各国と続けてきた国産ワクチンに関する協議が概ね合意に至り、近くまとまる見通しになりました。開発段階のワクチンの臨床試験がこれまでより規模を小さくして実施できるよう...
生活全般

インドでコロナ感染者数が1日40万人→3万人に減少 要因を分析して今後に活かす

インドでデルタ株が最初に見つかり、世界最悪な感染者数が大幅に減少 インドは感染力の強いデルタ株が最初に見つかり、ピーク時には1日の新規感染者数が40万人を超えて世界最悪の状況でした。因みに40万人と言えば、大阪府にお住まいの方ならイメージ...
生活全般

今秋「第5波」はピークアウト、しかし今冬「第6波」はデータ分析でほぼ確実

確かに第5波の感染者数はピークアウトしているが、まだ油断できない 確かに今、新型コロナウィルスの第5波の全国的な下降傾向が見え始めています。 このピークアウトがこのままコロナ感染の収束へと期待したいところですが、第5波までの波を分析...
生活全般

今コロナ第5波の感染者数がピークアウトしている要因を今後に生かす

なぜ今第5波がピークアウトしているのか コロナの感染者数については増加要因がある一方で、低下させる要因があります。そのバランスの中で低下の方が強くなると感染者数が下がっていきます。とすると増加要因と減少要因をクリアにする必要があります。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました