【Lubuntu】動画視聴30分ほどで音切れが起こる→無料OSの限界?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

MacBook AirでVirtualBoxを使ってLubuntuを無事インストールできました。

YouTube視聴はおおむね問題ありませんが、30分ほど経つと画面は動いているのに音がぷっつり切れてしまうという現象が生じています。

数回、異なるチャンネルで試してみましたが変わりませんでした。

せっかくMacBookにインストールできたLubuntuですが、この状況でおすすめできるか…

【MacでVirtualBox使用】UbuntuよりLubuntuが軽快だった

そんな自分の体験に基づく感想をお伝えします。

LubuntuをインストールしたPCとネット環境

この時点で使用しているMacBook Airは2014年製、ストレージ128GB、メモリ8GBです。

Lubuntuインストール前は空き容量が30GBほどありました。

今は残り20GBほどです。

ネット環境はMVNOのmineoを使用しています。

1人暮らしならネット環境はmineoだけでよくない?

固定回線と違って通信品質は落ちますが、YouTube視聴には十分な速度が安定して出ています。

このネット環境で平日12時台にMac OSでYouTubeを視聴していますがこのような現象は生じたことがありません。

なのになぜLubuntuでは一定時間動画視聴すると音がぷっつり消えるのか… ?

やはり無料 OSの品質の限界なのか…

因みにMac OSはBig Surです。

Mac OS Big Sur 11.5 ダウンロードとインストールに約1時間 実体験

Mac OS Big SurではMVNOのネット環境でも音切れなどの問題はない

自分としては、今となっては古くなったMacBook Air2014年製の機種ですが、Big Surで十分サクサク動くので満足しています。

Windowsと比較をしたことはありませんが、Mac OSはフリーズや音切れなどの現象はほとんどありません。

固定回線ではないMVNOのネット環境でも十分使えています。

パケット放題plusの平日12時台の使い心地 mineo

一点問題を強いてあげるとすれば、Zoomのビデオ会議の時に動きがカクカクすることです。

とはいえ、再起動すればすぐ解決します。

ZoomフリーズのほとんどはPC再起動で即解決!

では、なぜあえてLinuxのLubuntuをわざわざインストールしたのか…

Big Surのサポートが切れても、このMacBook Airを使い続けたいからです。

音切れに関してMac OSでは問題ないのに、Lubuntuでは問題になるということは、やはりOSの品質の差なのでしょうか?

もしかしてVirtualBoxのキャパの限界?

MacBook Airの中にVirtualBoxを入れて仮想OSの環境をつくっています。

仮想OSを作る方法はVirtualBoxの他にも色々あります。

どの方法で仮想環境を作ってもあくまで「仮想」の環境なので、本家と比べるとキャパは見劣りするのでしょうか…

もう少し使ってみないと分からないですが、なんとなくそんな感じがします。

わたしのPCではLubuntuで一定時間動画視聴すると間違いなく音切れするので…

Mac OSの時にはなかった現象です。

「音切れ」くらいの現象ならすぐになんとかなるので、それを許容できるなら本家のサポートが切れてもLinuxへの延命をおすすめできます。

ところで、もう一つのPC延命の方法はMacBook AirをLinux専属マシンにするという手がありますが…

MacBook Airを専属Linuxマシンにするなら音切れ、フリーズは生じない?

MacBook AirにMac OSをアンインストールしてLinuxだけをインストールして問題ないかは未検証です。

MacBook AirはMac OSのために作られたPCなので、他のOSだけのマシンにするのは、改悪のリスクを考えると試せません…

BigSurのサポートが完全に切れて、他のアプリとかが使えなくなるなど、どうにもならなくなったら試してみます。

でもLinuxってMac OSなどに比べると無料の分だけどうしても見劣りするのかもしれない…

だとすると試行錯誤する時間や労力が無駄になります。

素直に数年後を見据えて、ケチらずMacBookをバージョンアップしてMac OSをアップグレードする方が賢いかもしれません。

文書作成用途ならLinuxで十分!

とはいえ一つ気づいたことがあります。

動画視聴で音切れの現象が起こるとしても、文書作成用途ならLinuxで十分という事です。

定番のMicrosoftのOfficeを使わなくてもLibreOfficeで十分という人なら無料 OS Linuxは最強です。

無料ですから…

でも今時、PCを文書作成だけで使用するという人も少ないかもしれませんね。

ビデオ会議やYouTube視聴はiPad、文書作成はLinux OSという手も!

いや、ビデオ会議やYouTube視聴はiPadを使って、文書作成だけPCにLinuxをインストールして使うという手もあります。

その点はiPad Air2でZoomやYouTube視聴がどの程度使えるかもう少し検証してみて、MacBook Airの買い替えを検討してみたいと思います。

案外iPadでもYouTube視聴は快適かもしれません。

今言えることとして、ZoomやYouTube視聴は可能は可能です。

MacBook Airよりやりにくさはありますが…

終わりに

今回はVirtualBoxでLubuntuをインストールして動画視聴すると、決まって一定時間経つと音切れがするよ!

という体験をお伝えしました。

とはいえ、すぐ解決できます。

でもいちいち面倒です

MacBook AirとVirtualBoxがあっていないのか、VirtualBoxのキャパ限界なのか、Lubuntuのキャパ限界なのか原因は特定できません。

それらを踏まえて、Mac OS Big Surのサポート切れに備えたいと思います。

今使用している2014年製MacBook Airではこれ以上 OSの更新はできないので…

新しいMacBookを買って快適なMac OSのバージョンアップをするか、文書作成はLubuntu、ビデオ会議やYouTube視聴はiPadにするか、迷うところです。

そんなお話しでした。

最後までご覧いただきありがとうございます。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました